【SJOセミナー】

~最高な人生を送るための手段のご提案~








あなたは、

「一回きりの人生を、我慢と妥協と不安の中で送りたい」ですか??






それとも、

「一回きりの人生を、できるなら最高な形で送りたい」ですか??




前者の質問に対し、「Yes I do !!!!!」という気持ちでいる方は、
時間の無駄になってしまうと思いますので
このままブラウザを閉じることをお勧めします。


後者の質問に対し、「そりゃあまあ…」という気持ちが
1%でもある方は、ぜひこのまま続きを読んでみてください。


おそらく5分以内に読み終わる内容です。

しかし、その5分であなたの人生に大きく影響を与え、
方向を全く変える可能性がありますので、
ぜひ注意して読むことをおススメします。





僕はだいぶ自由な人生を送れるようになってきました











こんにちは。

髙橋元輝といいます。




僕は現在、個人事業主としていくつか事業を営んでいます。


中でも元一部上場企業の会長とパートナーを組んでおり、

ベンチャー企業に個人で関わり活動、というのが今はメインになっています。




それらがある程度軌道に乗ってきたため、2018年度から青色申告に挑戦しています。

領収書の管理や数字の打ち込みって大変ですね(笑)



ズボラな僕には向いていないかも…と感じていますが、それも自分の成長と自分のお金を守るためと思い取り組んでいます。

来年には会社化する予定です。



 

もう少し僕の話をさせてもらいますね。

 

僕は、少年がそのまま大人になったような性格をしています。29歳にして「子供っぽい」と思われるでしょうが、趣味はクワガタ採集と釣りです(笑)

 

僕はクワガタが子供の時から本当に大好きで、夏休みになると父に山へ採集に連れて行ってもらいました。

夜に出発し、夜明けまで山を巡ります。ミヤマクワガタを見つけた時は飛び上がってしまうほど感極まります。そして朝、美しい渓流でカップラーメンを食べて、幸せに満ちて帰る…

 

今でもその感覚が心を高ぶらせるので、今年も夏には山へ採集に出向きました。僕にとって人生で最も感情が高ぶる瞬間の一つがこの「クワガタ採集」です。

 

今年はその採集に16回行きました(笑)

そして、そのうちの4回は離島への遠征です。

 

 

これを他のクワガタ採集者にお話しすると、「なぜそんなことが可能なの!?」と驚かれます。

…そう、普通の採集者であれば、仕事や、経済状況との兼ね合いから1シーズンにそう何度も何度も採集に行くことはできないのです。

 


当然ですよね。朝の時間に帰ってくるようであれば翌日の仕事に影響しますから、
必然的に金曜・土曜といった曜日の夜しか選択できません。

すると、悪天候のせいで予定がキャンセルになったり、
他の採集者が多くて採れない…なんてことも多々あります。


ディズニーランドや有名観光地のような行楽地も、
やっぱり土日が混んだりしますよね。


僕は子供の時、クワガタ採集は父の都合に依存していたため、
僕にとっての「夢の国」である「クワガタのいる山」に自由に行くことができずに
何度も悔しい思いをしました。




「今日の天気…行けたらめっちゃ採れるのに!」

「〇〇クワガタはこのシーズンが一番いいのに!」

「もっと遠くまで行けば〇〇クワガタが採れるのに!」


…こういった僕の願いは、


「明日仕事だから」

「お父さん疲れてるから」

「行くなら〇〇Km以内の場所にしろ」

「今月はたくさん出かけたからもう終わり」


といった理由でかき消されてしまったのです。






他にも、

「一人部屋が欲しい」

「友達を呼べる広い家がいい」

「あの習い事をしたい」

「どこか海外に行ってみたい」

「もっと長い期間、家族と旅行を楽しみたい」


こういった願いは叶うことはありませんでした。


魔法の言葉、「ウチはウチ、ヨソはヨソ」によって…(笑)



皆さんも、こういった経験はしたことがありませんか??







こうした経験から僕は、

「大人になると、自分の自由も無くなり、子供にも自由を与えられないんだな」

と思うようになり、
(僕の父は、一応、一部上場企業に勤めていたのですが…)
就職というものに価値を感じられなくなりました


そして大学生の時に就職活動を放棄しました。



そんな流れの中で僕は、
「好きなことを、好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなだけできる」

そして、自分の子供にもそうしてあげられる、そんな人生を送りたい!と強く思い、


今を生きています。



あなたの送りたい人生は
「我慢し続ける人生」ですか??




僕は僕の中で、この

「自分の好きなことを、好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなだけできる」

…という状態を“最高の人生”と定義しています。


では、その逆は、というと…



「好きなことを、限定された休日で、たまたま休みの合う人と、予算の範囲内の場所で、我慢しながらしかできない」人生…


ということになります。




何だか嫌な感じがしませんか??

とても窮屈な感じがしませんか??




「美味しいランチを毎日食べたいけど、食費がないからコンビニで…」

「あの服が欲しいけど、先月も買ったし…」

「1ヶ月くらい旅行したいけど、仕事だから2泊3日…」



こんなことを思うことはよくありますよね。









しかも現実では、さらに「できればやりたくない“仕事”」ものしかかってきます。

 

…でもそれが“最悪な人生”かと言うとそうでもなく、

それが“普通”になっているのではないでしょうか??

 


その“普通”な生活を、否定する気は毛頭ありません。

“普通”の生活の中にも幸せを見出すことはできると僕自身確信しているからです。


しかし、その“普通”の基準って…、あなたが決めたものですか??


おそらく違うと思うんです。







あなたが本当に送りたいのは
どんな人生?





・もっと旅行に行きたい

・もっと友達と遊びたい

・もっと家族と過ごす時間を増やしたい

・もっと欲しい物をたくさん買いたい

・もっとゆっくり寝ていたい

・もっと活躍できる仕事をしたい

・もっと高級で広い家に住みたい

・もっと趣味に打ち込みたい

・もっと大きく社会に貢献したい



その「もっと~たい」は、本当の“あなたの人生の基準”です!







僕たちは元来、やりたいこともみんな違うし、そのスケールもみんな違いますよね。



人は100%、「幸せになりたい!」と思います。



でも、「毎日がキラキラしていて気持ちの高ぶりが止まらない!」
…という人はほとんどいません。



その原因がこの“誰の基準で生きるか”だと思います。

あなたがあなたの“基準”で生き始めた瞬間から、人生は輝きます!!







さて、こんなことを言っていると、必ず

「普通でもべつにい~しwwwww」

…という人が現れます(笑)


そう言う方も、ちょっと待ってください。




普通でいれば
普通の人生が送れる時代は
終わった









現代、社会は僕たちが見知らぬところで大~きく変化しています。

しかし、その変化を「ふぅ~ん」とただただ見過ごしている人が多いように感じています。



【2025年問題】【2050年問題】という言葉を聞いたことがありますか??

もし聞いたことがなかったら、一度しっかり調べてみることをオススメします。


【2050年問題】とは、2050年の日本で予想される以下のような問題です。


人口減少
少子高齢化
労働力の減少
社会保障費の増大
日本経済の困窮化
収入の二極化
貧困の蔓延

路上死 年間50万人
インフラの老朽化
地球温暖化
気候変動
食糧問題


【2025年問題】は、その一歩手前の状態という感じです。



【2050年問題】が現実に起こる頃、日本の人口は8000万人になり、
そのうち高齢者が3000万、生産人口が4000万となります。

これはほぼ一人が一人の高齢者を支えなければならない割合になります。


【年金がもらえない】

これはもう当然ですね。


年金は積み立て金ではありません。
今僕たちが払っている年金は、今の高齢者に支払われています。

僕たちが高齢者になった時、年金をもらえるだけの労働人口は…

…いません…



 

 

 

高齢者が増加すれば、当然医療の利用者は増えます。

そうすると国の医療費負担は莫大に増えます。

現在のような手厚~~い社会保障を維持しようとすると…

現役世代は【収入の9割を税金として納めなければならない】
状況になります。

 

アルツハイマー人口は800万人になり、老々介護も激増します。



一人が一人の高齢者を支え、しかも自分の親も介護する…

これは、かな~りシンドイですよね…







しかもその頃には、日本経済はどんどん下向きになります。






日本人の給料はどんどん引き下げられ、【年収100万円時代】になるとも言われています。






国は、国や国民が収入を失うことをわかっています。


そこで政府はこんなことを言うようになりました。

【副業解禁】【一億総活躍】です。



一言で言えば、

「これからの時代は国に頼らず自分の責任でお金を作ってね」

「対策してなかった人は、高齢者になっても働いてね」

…ということです。














「自分は企業に勤めていて、守ってもらえるから安心!w」
…という方も注意が必要









厚生労働省が発表している、
【働き方の未来 2035】という資料をご存知ですか??


それによると、今から17年後、“正社員は不要になる”と国が言っています。

生涯一つの会社に雇われる人は稀になります。

一人が複数の企業と契約または複数の事業を営むことでプロジェクトごとに収入を得る、というのが一般的になると書かれています。



つまり、有能な人に仕事が集まり、
言われたことだけをやってきた人や代わりのきく人材には
仕事が回ってこなくなる

…ということです。


すでに正社員と派遣との「同一労働同一賃金」、そして正社員の「解雇自由化」に向けた法令改正の動きが2017 年から本格化しています。

“正社員”という身を守る盾はガラガラと音を立てて崩れていきそうな流れ…。



経営者からしたら、超大歓迎ですよね。
会社にとって一番のコストになるのが人件費ですから。


「会社が守ってくれる」と思っていた時代はもう終わってしまいました。













さらにそこに輪をかけるように【AIの発達】が襲い掛かります。





AI:人工知能の発達によって、人でなくてもできる仕事or人よりもコンピュータの方が有能な仕事は完全に取って代わられてしまいます。


例えば…

事務仕事や銀行の仕事、会計士といった処理系の仕事や、弁護士や医師(過去の用例のデータを調べる役職)の仕事は完全にコンピュータの方が得意です。

レジ係やレストランのホールなど、人の温かみを感じる接客でさえも、無くなる場合が多いようです。


また自動運転がどんどん進み、運転・物流系の仕事も無くなります。






すでにその足音は大きくなってきています…


アメリカでは、Amazon Go が無人どころかレジすらも使わない会計システムを開発し実用化されています。


HISが展開している、ロボットが接客から掃除までを行なう【変なホテル】は大盛況で、日に日に値段が高騰しています。


無人運転の電車【ゆりかもめ】は全くの無事故で何年も運行しています。



アメリカ・オックスフォード大学や野村総研の調べによると、10~20年後、人間の仕事は47~49%がAIに代替され無くなるとされています。





…今までにも、技術の革新によっていろいろな職業がなくなってきました。


しかし、これから訪れる技術革新は過去最大です。

「まさか」と思っている職業が足をすくわれる可能性が十分にあることを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。


















ルールが違う!!



僕たちの親の世代は、日本の高度経済成長だったり、バブルの時代…

すなわち日本が上向きだった時代を生きてきました。



物を作れば新しいので売れました。

仕事はどんどん増えました。



“普通”に働いていれば
豊かになることができました。



ゆうちょに預けていればお金は勝手に増えてました。

不動産を持てば高く売れました。

給料もどんどん上がりました。

老後は豊かな引退生活が約束されてました。





でも、今 日本は上向きですか??

バブルってますか??


…完全下向きですよね(笑)

その時代と、ルールが全く変わってしまったのです!


例えていうなら、【相撲】から→【K-1】というくらい違います。






向いている体重も、体系も、使う技も、戦う環境も違います。

 

相撲とKー1では全くルールが違うのに、相撲に合わせた体重・体型・技でK-1をやるとどうなるのか…。

 

 











こうなります。






こんなことが現実の社会でも起きているんです。


もしKー1時代に相撲をやり続けるとどうなるでしょう…??





イメージしてみてください…








「企業に就職していれば安心♫」
…と思ってただただ生きていたら…、

周りでAIの導入や低賃金の派遣・外国人が増えてくる…

給料は全く上がらないどころか派遣に合わせて下がっていく…。

消費税や所得税などの税金が上がるから手取りの収入がさらに下がる…。

家のローンや子供の学費に圧迫され生活は苦しく、
仕事場では給料のためにどんなことがあっても
口答えや不満は言えない…

収入が少ないから子供には自由を与えられず、
夫婦の喧嘩は絶えない…。

副業をしようと思えば楽な仕事はAIに奪われ、
朝から夜遅くまで身を粉にして働く…。

そんな中で親が体調を崩し、
ついには介護が必要に…。

介護施設に入れるだけのお金もなく、
寝る間を惜しんで仕事と介護を両立…。

野菜や魚・肉は天候不順で高騰し、
食べるものは安価で粗悪なものとなり、
病気が体を蝕む…。

自分が高齢者になるとき、
会社は退職金をくれることもなく、
年金受給開始は平均寿命を上回り、

不動産にも価値はなくなり、
持ち家の買い手はつくことがなく、

体が動かなくなるまで働き続け、
楽な生活などすることなく死を迎える…



そんな状態になって、いざ死ぬときに
「良い人生だったァ!」と思えますか??



それでも、「“普通”の人生だった」と思えますか??






僕だったら、

「あの時もっとこうしておけば…」

「なんでもっと努力しなかったんだろう…」


…と、後悔にまみれて死んで行くと思います。







「国が守ってくれなかったからだ」

「会社がしっかりしてなかったからだ」

…と叫んでも助けてくれる人はいません。


国や会社に“依存”せず、現実にしっかり目を向けていれば未然に防げることです。






僕は、自分と縁があった人にはできる限り後悔やつらい思いをして人生の最後を迎えて欲しくないです。

なので、今から何か一つでも対策としての手段を持ち始めることを強く勧めます。



そしてその一つとなり、僕が知る限り最も優れている手段を提案するのがこの【SJOセミナー】になります。








「ああ、はいはい、わかったわかった。んで、【SJO】って何なのよ。」


ってなりますよね(笑)





SJOとは…

S:最高の!
J:人生を!
  O:送るための!

手段のセミナーです!!!!!!!!








僕にとって、人生でも感情がぶる瞬間…


すなわち、“人生で最高な瞬間”はクワガタ採集をしている時です。



あなたの、「人生で最高な瞬間」は何ですか??


・仲間と楽しく飲み騒いでいる時??

・自分の子供の成長を感じられた時??

・遠く、知らない土地を巡っている時??

・気持ち良〜く寝てスッキリ目覚めた時??

・パートナーから愛されていると感じる時??

・ビジネスで成功した時??

・身の回りの人に自分の経験知識を分かち合い感謝される時??

・写真では納められないような絶景を目の当たりにした時??

・最高のアートを生み出せた時??


…はたまた、クワガタを採集している時??(笑)









最高な人生

=

好きなことを好きな時に好きな人と好きな場所で好きなだけできる人生



…ということでした。



これはつまり、あなたの人生の中の、

“人生で最高の瞬間”の数と規模を大きくするという事です!



我慢していた、〇〇…

本当はやってみたい、〇〇…

諦めきれない、〇〇…



ぜーーーーーーーーんぶ、実現できる人生にしませんか!!!




もし、そんな人生にしたいという気持ちが1%でも心の中にあるのなら、絶対に聞きに来た方がいいです。









僕と、僕の周りには、あなたに最高の人生を送ってもらうための

【スキーム】

【情報】

【人脈】

【仲間】

【ノウハウ】

が全てあります。



短いようで長いような人生のたった2時間です。

ご自身に投資されてみてください。







 



…無料です。

ちなみに、この後に高額セミナーが待っている情報商材みたいなやつではないです。そんなに頭良くないです僕(笑)

 





 
お申し込みはこちらから。
 













お待ちしてます!


髙橋