時効援用って知ってますか?


5年以上返済していない借金があるなら、
それは時効になっているかもしれません。

借金にも時効があるって知ってますか?

借金の種類にもよりますが、ほとんどの借金の時効は5年となっており、

以前の法律に従えば、借金してから5年の間一度も返済していなければ

その借金はなかった事にできることがほとんどなんです!

ただし、借金をチャラにするためにはそのまま逃げているだけではNGです。

きちんとした手続きをとらないといけません。

 

その手続きとは、「時効援用」。

 

お金を貸りた側がお金を貸した側(債権者)に対して書類を送り、

「もう借金の時効になっているのでお金は返しません」と宣言をするんです。

 

この手続きをするだけで借りた借金がなかったことになり、うまくやれば借金のブラックリストからも名前を外すことができます。

 

クレジットカードが作れたり、住宅ローン、車のローンなどが組めるようになる可能性も非常に高くなります。

 

時効援用の手続きができる借金の種類は広範囲にわたり、

・スマートフォンの支払い

・家賃の支払い

・車のローンの支払い

・友人からの借金

・病院の支払い

などがあります。

 

ですが、借金してからただ5年経過しているだけでは時効が成立しているとは言えません。

 

時効成立とみなされるかどうかは、

 

・債権者からの督促に応じていない

・債権者に裁判などをおこされていない

・借金の一部を返済していない

 

などの条件にあてはまっていないということが必要です。

 

また、時効援用の手続き自体は書類を作成して債権者に送るだけなので簡単そうに感じて、自分で見様見真似で書類を作成して送ると言う人もいるようです。

 

ですが、時効援用の書類は法的に正しく作成し、正しい方法で送らないと効果がありません。

 

正しくない方法で送ってしまうと、その効果がないばかりか、債権者に時効援用をしようとしていることがバレてしまい、借金をなくすどころか、逆に債権者からの督促が激しくなる、という危険性もあります。

 

なので、自分が時効になっているかの判断、そして時効援用の手続きはいずれも、法律の知識を持っている専門家に依頼するのがベストです。

 

その方が最も簡単にスピーディに時効援用を進められますし、時効援用の成功率を極限まで高めることができますから。

 

また、時効援用の実績が多い専門家に依頼することで信用情報、いわゆるブラックリストがどうなるかについても相談することができます。

 

特にクレジットカードやローンの利用をしたい人は、時効援用はプロに任せましょう。

 

時効援用は弁護士だけでなく、司法書士や行政書士も行うことができます。

 

コスト的なことを考えると行政書士に依頼するのが一番コスパが高いでしょう。

 

時効援用についての情報はあまり多くないため、その存在を知らない人の方が多いようですが、長年返済していない借金がある人には一番おすすめの借金整理法です。

 

詳しく解説しているサイトもありますから、借金を整理したい方は是非のぞいてみてください。

 

想像している以上に簡単に、借金をなくすことができるかもしれません。