全国中小企業クラウド実践大賞
応募方法を解説!

地域のクラウド活用促進のためのプロジェクト「全国中小企業クラウド実践大賞」
中小企業等が、クラウドサービス利活用の実践により生産性向上・経営効率化を進めていることを自ら宣言する「クラウド・イニシアティブ」と、クラウドサービスの導入を検討している中小企業等へのモデルとなるものを収集し、優れた提案を表彰する「クラウド実践コンテスト」の2つで構成されています。

全国中小企業クラウド実践大賞公式サイト:https://www.cloudil.jp/contest/

本サイトでは本プロジェクトに関する応募方法などについて解説いたします。
出典:クラウド実践大賞公式サイトサイト(https://www.cloudil.jp/contest/)

「クラウド・イニシアティブ」自己宣言の登録の流れ

クラウドサービス利活用の実践により収益力向上・経営効率化した取り組みを「クラウド・イニシアティブ」として自己宣言します。
自己宣言した企業には、自己宣言の証となるロゴマークを贈り、自社のブランディングとしてご活用いただけます。
Step.1
Security Action(一つ星又は二つ星)の宣言
(独)情報処理推進機構のSecurity Action(一つ星又は二つ星)の宣言をしましょう!
一つ星は5分程度で終わります!
SECURITY ACTION自己宣言のサイトは以下サイトより
https://security-shien.ipa.go.jp/security/entry/index.html
Step.2
クラウド実践チェックシートの記入
クラウド実践チェックシートをダウンロードし、自己採点をしましょう。
以下をクリックするとチェックシートをダウンロードできます。
https://www.cloudil.jp/pdf/check_sheet.pdf

Step.3
自己宣言の申込登録
Step2でのチェックシートでの自己採点結果が10点以上だったら、
クラウド・イニシアティブの申し込みを行いましょう。
申し込み方法は
中小企業・小規模事業者の方々が自ら申し込む「自薦」と、
中小企業のIT導入支援をしている方々などが代理で申し込む「他薦」があります。

1.自薦
募集対象となる中小企業・小規模事業者等が自ら申込登録を行います。
窓口責任者は、申込登録を行う者の代表者又は従業員に担当していただきます。
「自薦」の登録はこちら>>

2.他薦
募集対象となる中小企業・小規模事業者等から全国中小企業クラウド実践大賞への
応募を推薦する旨の了解を得た個人や企業等が申込登録を代行します。
申込登録の代行する者は、この申込登録フォームにおいて「実践大賞応援団員」の
登録(無料)をしていただきます。
「他薦」の登録はこちら>>

Step.4
自己宣言!
申込登録フォームでの入力後、受付確認メールを送付するとともに、
「クラウド・イニシアティブ」自己宣言のロゴマークのダウンロード先と
その使用開始日を示した電子メールを併せて送付されますのでご確認ください。
詳細についてはクラウド実践大賞の公式Webサイトをご確認ください。
https://www.cloudil.jp/contest-register/


Step.2
クラウド実践チェックシートの記入
クラウド実践チェックシートをダウンロードし、自己採点をしましょう。
以下をクリックするとチェックシートをダウンロードできます。
https://www.cloudil.jp/pdf/check_sheet.pdf

「クラウド実践コンテスト」の参加登録方法

中小企業・小規模事業者等のクラウドサービス等ICT利活用を促進する事業として、先進的なICT利活用により経営改革に成功した企業を表彰します。

全国5都市を舞台に、書類審査を通過した企業による公開プレゼンテーションによる地方大会を開催し、各都市の優秀事例を集めて東京で決勝大会を行い、最優秀事例には総務大臣表彰を授与します。

地方大会は企業の本社所在地関係なくエントリーできます。
※エントリーにあたってはクラウド・イニシアティブの自己宣言が必要です。

日時 開催都市
2019年11月8日 和歌山大会
2019年11月13日 金沢大会
2019年11月15日 盛岡大会
2019年11月27日 長野大会
2019年11月29日 福岡大会
2019年11月15日 盛岡大会
Step.1
コンテストへの登録
①実践事例フォームのダウンロードと入力
実践事例フォームをダウンロードし、留意点を確認の上、クラウドサービス実践事例に
関する事項を入力してください。
実践事例フォームのダウンロードはこちら >>

②提出
入力した実践事例フォームの内容を確認の上、申し込みフォームから事務局宛てに
送信してください。


Step.2
書面審査
提出いただいた内容を元に書面審査を実施いたします。
Step.3
地方大会(公開プレゼンテーション)
書面審査を通過したら、公開プレゼンテーションをしていただきます。
優秀な事例には総合通信局長賞など表彰をいたします。
Step.4
全国大会
地方大会での受賞企業はさらに全国大会へ進出。
大勢のオーディエンスの前で全国で事例の発表を行います。
総務大臣賞などの表彰をいたします。
Step.3
地方大会(公開プレゼンテーション)
書面審査を通過したら、公開プレゼンテーションをしていただきます。
優秀な事例には総合通信局長賞など表彰をいたします。

昨年度のコンテストの様子

お問い合わせ

クラウド実践大賞に関するお問い合わせは、
クラウド実践大賞実行委員会 事務局までお願いいたします。

本サイトの運営者

一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
地域や中小企業のDX推進のためのプロジェクトの企画・運営、人材育成などに取り組んでおります。クラウド実践大賞実行委員会の委員もつとめています。