治験を副業に

日中は会社員として働く私が、副業をしたいと思い考え付いたのが治験。
治験を副業として100万円稼いでわかった事や、体験談をまとめました。

そもそも治験とは?

簡単に言うと「販売前の薬を試す」のが治験です。

薬として認められ、販売できるようになるには厚生労働省の認可が必要で、その認可にあたり行われるのが「治験(Clinical Trial)」です。

治験にはいわゆる高額バイトとしてよく知られる入院タイプのもの以外にも、通院や健康食品など幅広い募集があります。

副業に治験がピッタリなわけ

謝礼が高い
やはり副業をして収入を得たいと考えた場合、一番の魅力は謝礼の高さでしょう。
通院タイプのものだと、1通院あたり7,000円前後、入院だと2泊の入院を2回で60,000円前後というのが相場のようです。
入院の場合、数日拘束されるもののほかのバイトなどに比べるとかなり稼げるイメージです。
スケジュールがたてやすい
残業があったり繁忙期にはそれどころではなかったりと、本業が終わった後に副業で働こうと思うと難しいところがあります。
治験の場合あらかじめ日程と時間が決まっているので、有給休暇をうまく使ったり、仕事が休みの日を利用して参加する事ができます。
通院タイプのものであれば、土日で参加することもできるものもあるので、時間を有効活用できます。
社会貢献にもなる
ボランティア活動に興味はあっても、社会人になるとなかなかボランティアに時間がさけない。
そんな方にも治験はおススメです。
高額バイトといったイメージが強い「治験」ですが、治験はれっきとしたボランティアです。
将来の誰かの為、薬の開発に協力できる有意義なボランティア活動です。
社会貢献にもなる
ボランティア活動に興味はあっても、社会人になるとなかなかボランティアに時間がさけない。
そんな方にも治験はおススメです。
高額バイトといったイメージが強い「治験」ですが、治験はれっきとしたボランティアです。
将来の誰かの為、薬の開発に協力できる有意義なボランティア活動です。

体験談

2泊の入院×2回 93,000円
■内容
ジェネリック医薬品を飲む、健康な男性の入院治験 

■選んだポイント
1日だけ有給をとれば、会社の休みで参加できた事、そして謝礼が高かった事。

■感想
これが私にとって初めての治験だったので、結構緊張していました。
最初に事前検診という健康診断を受けて、無事合格し入院にこぎつけました。
入院中は薬を飲んだ直後は30分おきに10回ぐらい採血があったので、それがちょっと辛かった。
ただそれ以外は本当に自由だったので、漫画を読んだりと寝たり全くきつくない。
少し心配していた副作用もなく、最終日に謝礼をもらいあっさり終了。
巻き爪の人の通院モニター 50,000円
■内容
巻き爪の人を対象にした、塗り薬のモニター。通院タイプで参加。

■選んだポイント
仕事が忙しくなり入院は難しい、でも副業がしたいと思い通院であれば都合がつきやすいので参加。

■感想
半月に1回病院に行く程度で、あとは自宅で塗り薬を使うだけなので負担はそこまで感じなかった。
謝礼としては1通院につき10,000円なので、入院ほど謝礼が高いイメージはなかったが、結果的に5回通院して50,000円を受け取れた。
土曜日に参加できたので、自分と同じような会社員と思われる人も結構多かった。

治験を探すなら

ネット検索すると、意外と治験を募集しているサイトが多いことに驚きます。
ごくまれに、個人が運営してるのでは?と思うようなサイトもあるので、安心して参加できるサイトを見つけるのが大切です。

私のおすすめはコチラ

個人情報の保護もしっかりしている事、もちろん会員登録も無料なところが安心できるポイントです。