Layマインドフルネスコーチング
利用者の声

創造系不動産株式会社 代表取締役社長 利用期間 17ヶ月

高橋 寿太郎 様

経営者としての自らの思考と言動についてのコーチングは欠かせません。一つ目の理由は、現代社会は高度化、複雑化、そして環境の変化がハイスピード化しているため、企業の規模に関わらず、勝ち組に至るためには、全力・全速の意思決定が理想だからです。 

そして二つ目の理由は、経営者の敵は常に「自分自身」であるためです。自分自身を御するのは原理的に不可能であり、「私の最も信頼の置けないコーチは、私である。」ことに、どれほど世の経営者が意識的であるでしょうか。だから経営者は、人間力の研鑽に余念がないはずです。私も背伸びして、そうあろうと、コーチの野村さんと努めてきました。 

「経営戦略や、人事、会計を理解するコーチと協働すべきである。」そう言うのは簡単ですが、実際にはそんなコーチはなかなかいません。Layにはそのコーチがいるのです。一度コーチに委ね、そして自身がどう判断するかが重要であり、中小企業の経営者にこそ、そんなコーチが必要だと感じています。

VOICE

大手通信会社企画職 20代  男性 利用期間 12ヶ月

R.T. 様

Layマインドフルネスコーチングのサービスは知っていましたが、価格が求める価値と見合うのか?などの不安もあり、実際に体験してみるのは勇気が入りました。実際に体験して見てその価値を体感したため継続しています。私が感じるこのサービスの価値は「真剣に自分の話だけを聴いてくれる人」という非日常の存在がその価値だと感じています。

普段は聞き手に回りがちな私ですが、自分のことを真剣に考えるためには、自分のことを真剣に話す必要があることに気がつきました。Layマインドフルネスコーチング、そんな自分の真剣な話を一緒に形にし、ミッションとコミットメントに変えてくれる場です。自分の思わぬ特徴を形にし、気づきを与えてくれる場です。

みなさんも一度、自分と向き合ってみませんか?

VOICE

バンコクIT企業営業職 50代 男性 利用期間 17ヶ月

K.O. 様

自分の心の中にあるモヤモヤしたものを、2週間に1回のコーチングセッションで明確化してきた17ヶ月だったと感じます。 

自分は本当は何がやりたいのか?何になりたいのか? それをコーチとの対話で具体化し、なりたい自分を実現するためには、どの道をどのように進めばよいか、その道程を自分の中から引き出してもらいました。 

サービスを受ける前から、自分がやりたい事が何なのか?を突き詰めて考えたいとは思っていたのですが、日常の仕事や生活に流されがちで自分ひとりではなかなか行動に移せませんでした。 

サービスを受け始めてからは、なりたい自分になるために何をすべきか?を、コーチングセッションの時間内だけでなく、コーチングセッション以外の時間にも一つ一つ突き詰めて考える習慣が付き、さらにそれを行動に変える力も与えてもらったように思います。

VOICE

人材ビジネスWeb事業企画開発 40代 男性 利用期間 12ヶ月

H.Y. 様

「自分が本当に大切にしているもの、やりたいことは何なのか、本当に見つかるのだろうか」「きっと高いお金を払って”ああ、やっぱりか”」と思うのだろうなという半ば諦めのような感じで受けたのを覚えています。

実際に受けてみると、そんな思いはなくなりました。自分の大事な価値観を見出してもらい、そんな自分の本当にやりたい目標を見つけられました。あくまで自分で気づくのを助けてもらったという感じです。

 今は、その目標に向けた具体的なアクションを立て、少しずつですが確実に進むことができています。日常の中で自分の目標に向けて実践するのは難しく、小さな迷いはたくさん出てきますが、自分を支える芯を見つけられたことで、向かう方向が見えたことは嬉しかったです。これからも継続して取り組み、目標へのスピードを早めていきたいです。

VOICE

BtoB事業企画・営業コンサルタント 40代 男性 利用期間 12ヶ月

N.S. 様

コーチの質問に答えていくだけで、心の中のモヤモヤがクリアになっていくのを感じます。

また、継続してコーチングセッションを受けていると、ある時期から、セッション中も日常生活でも、急激に気づきが増えます。しかしそのような内側からの気づきはなかなか理解してもらえそうな人が身近にいないものです。

Layのコーチは私専属で、私のことを本当に理解しています。理解してくれる人に気づきをシェアする事で、驚くほどの頻度で、さらに気づきが増えていきます。

VOICE

大手通信会社企画職 20代  男性 利用期間 12ヶ月

R.T. 様

Layマインドフルネスコーチングのサービスは知っていましたが、価格が求める価値と見合うのか?などの不安もあり、実際に体験してみるのは勇気が入りました。実際に体験して見てその価値を体感したため継続しています。私が感じるこのサービスの価値は「真剣に自分の話だけを聴いてくれる人」という非日常の存在がその価値だと感じています。

普段は聞き手に回りがちな私ですが、自分のことを真剣に考えるためには、自分のことを真剣に話す必要があることに気がつきました。Layマインドフルネスコーチング、そんな自分の真剣な話を一緒に形にし、ミッションとコミットメントに変えてくれる場です。自分の思わぬ特徴を形にし、気づきを与えてくれる場です。

みなさんも一度、自分と向き合ってみませんか?

VOICE