メタファーとナラティブのカウンセリングと
ボディーワーク

カイ・ディビス・リン来日 共同イベント
  • カイ・ディビス・リン
    (英国より来日)
    (クリーン言語とEK, ディビッド・グロブ&カイ・ディビス・リンセミナー英国本部)

  • 泉圭子
    (元世界銀行職員、クリーン言語とEK, ディビッド・グロブ&カイ・ディビス・リン セミナー日本支部)
  • 中野万里子
    (均整師、身体均整法学園講師、はたらく会社、コア・トランスフォーメーション トレーナー)

2019年 11月18 日(月曜日)開催

【第1部】10時〜13時 
『身体の内側から、クライアントさん本人のイメージで変容を体験する』
     
【第2部】14時〜18時
『ボディーワークへのアプローチでの、新たな発想や閃き』
<事前準備講座>
11月10日(日)20時〜1時間半程度
泉圭子によるクリーン言語紹介講座(ZOOMにて開催)
※お申し込みいただいた方対象となります。
※追加受講料なしでご参加いただけます。



近年、「癒し」への希求、全体性の回復、に向かっての声が挙げられる中、私たち自身の身体との関わりは、ますます話題に上ってきています。このような状況の下、ボディーワークへの関心も高まり、多くの方がたがボディワークの施術を求めて来られます。

     
           
ボディワークを受けに来られる時、クライアントさんは以下のような症状・状況を持ってお越しになります。
      
・疲労感から解放されたい
     
・痛みをなくしたい
      
・美しくなりたい
     
・可動域を増やしたい
      
・体感覚を育てたい
      
・アクシデントによる対処をしたい
      
・定期的にメンテナンスしたい
    
などなど
        
このような症状・問題・目的に向かって取扱う際、クライアントさんがその症状をどのように体験されているかは、お一人お一人異なります。
    
クライアントさんの体験をより詳細に寄り添い理解することが出来るのがクリーン言語の素晴らしいところです。
        
クリーン言語は、このような症状をクライアントさんがどのように体験されているかを、クライアントさんの内からイメージを生み出すことで、クライアントさんの体験を的確に把握することができます。そのイメージを発展させながら、身体の状態の変容が導かれていきます。
        
クリーン言語は、クライアントさん自身の体験にぴったりと沿いながら、その体験を改変することなく、問題解消・目標への糸口を導くカウンセリングの手法です。

クリーン言語とは

クリーン言語は、ニュージーランド生まれのカウンセリング心理士、ディビッド・グロブによって創始され、ディビッドと彼のパートナー、カイ・ディビス・リンによって共同開発されました。この手法は1980年代に英国・米国で開発され、数々の大学で教えられてきました。
         
クリーン言語は、セッションの過程でカウンセラーの解釈や介入をいれません。クライアントさん自身の体験にぴったりと沿いながらセッションを進めていきます。

クライアントさんがおのおのの問題や症状を表現する時、普通、「ずっと緊張感がある。」「ストレスを感じる。」「不安である」というように言葉を用います。
     
クリーン言語では、その言葉から、クライアントさんの体験をそのまま把握している心理的イメージ(メタファー)を導いて、その心理的イメージの物語(ナラティブ)を展開していきます。
      
その中で、クライアントさんにぴったりと合う問題解消や目標への糸口が、クライアントさんの内より自然に生まれてきます。
     
問題の解消方法も目標への道筋も、私たちひとりひとり異なるかもしれません。私たちひとりひとりの体験にぴったり沿ったイメージの物語を展開する中で、そのような問題解消は可能となるのです。

また、イメージの世界を物語、と言っても、頭の中だけで展開するイメージの世界ではありません。
        
クリーン言語ではクライアントさんの体験に沿ったイメージを導く過程で、身体と結びつけていきます。ですから、セッションのプロセスにおいてクライアントさんは、往々に、実際に体感が変容していくのを体験した、という感想を述べられます。

クリーン言語とボディワーク

内側で生まれるイメージ (メタファー)はその人固有の体験となって、ダイレクトに身体へのアプローチとして自然に展開していきます。
        
運動選手の「イメージトレーニング」の効果はよく知られていますが、クリーン言語はさらに、問いかけていきます。その問いに答えることで、イメージは動画の如く変容していきます。
    
それは、その人自身の世界を生き生きとした物語として紡いでいくプロセスです。
     
これを今回の「ボディー」という枠にしてみることで、日頃、身体に意識を向けることの少ない方は、身体のイメージを発見したり、そこからの声に気づく事が出来るかもしれません。
         
また、体感覚の鋭い方であればあるほど、そのイメージの物語に合わせて自然によりよく変容する身体の反応に心から感動されることでしょう。
        
そして、外側からアプローチする世界からクライアントさんのイメージによる内側の変容を起こすクリーン言語を学び体験することで、ボディーへの新たな発想や閃きにつながるでしょう。
     
最後にクリーン言語を通して、
【カイ・ディビス・リンの在り方】
言葉を通して大きく広々と包み込む優しさ。
柔らかい、あたたかい空気感。
繊細で細やかで、そのままの存在をおしみなく肯定し続けながらサポートする様子。
このカイの在り方をライブで体験してもらいたいと思います。
【癒し】であり【エネルギーの源】とも言える感覚を見てもらい感じてもらえることでしょう。
思いもよらないイメージが自分の中から産み出されていく物語によって、身体がよりよく変化していくことは不思議で嬉しい体験になるはずです。
* イベント詳細 *


開催日時:11月18日(月曜日)
    
   
【第1部】10時〜13時 
『身体の内側から、クライアントさん本人のイメージで変容を体験する』
(一般向け) 
   
<講座内容>
カイディビスリンによるクリーン言語を通して、身体の世界へ変容をしていく様子をライブで体験します。また、質問の仕方を体験していきます。

●クリーン言語の紹介講義(日本支部代表の泉)

●カイ・ディビス・リンと共に簡単なエクササイズ(演習):
私たちの感情の体験が一人ひとりどのように異なるのかをイメージで表現。

●カイ・ディビス・リンによるクリーン言語カウンセリング・コーチングのフル・セッション

身体の世界感をクリーン言語を通して体験するとともに、それぞれの身体の世界観が違うことを認識していきます。

「質問」によって流れるように、「身体の中の世界観」とその人自身の中に既に存在している「気づき」とが出会い、自然に変容していきます。まさに自然治癒力のパワーアップと言えるのではないでしょうか。

そんな体験を通して身体の素晴らしさ、言葉の素晴らしさに感動したい方におすすめです。


*  *  *
      
        
【第2部】14時〜18時
『ボディーワークへのアプローチでの、新たな発想や閃き』
(対象:ボディーワーカー、医療関係者、東洋医学、施術者、トレーナー) 
*一般の方もご参加いただけます。

<講座内容>
第1部での言葉(質問)を通して、身体の中で起こるイメージが変容する体験が、身体に反映することを深めていきます。
        
●実践を主体として進めていきます
        
●カイ・ディビス・リンによるデモンストレーションのセッション
       
・立位・座位・歩行などの動きを見て自身の身体の様子を専門化の視点で確認します。
      
・実際に言葉からイメージする事で身体にどのような変化が現れるのかを体験します。
        
・クライアントさんの主訴を聞き、身体の観察した後、カイ・ディビス・リンのクリーン言語のワークを主訴に対して行います。
     
・質問によりイメージが物語として展開する事で、クライアントさんの身体の世界に対して新しい共鳴方法を学びながら変化していく身体を専門家の視点で観察していきます。
         
・クリーン言語ワークの終了後、最初の状態の身体が、どのような変化が現れたか確認します。
(立位・座位・歩行などの動きに現れているか確認)
     
・実際にクリーン言語の質問と質問の流れや意図を簡易テキストを見ながら学びます。
     
    
第2部を通して、音楽やダンスの指導、料理やスポーツ、職人の世界でも、相手の身体の中での世界に細かく寄り添うことができます。
    
何が起きているかをより深く繊細に理解し、介入するのではなく、その身体を生かすために、ただただ寄り添う言葉をかけます。
そのことで、ご本人が自ら気づき、その人自身が、その人のやり方で輝いていく方向へサポートするアプローチです。
     
それは、のびのび出来る方法を自らが産み出し、ご自身で自分を活かす流れを信頼出来る貴重な体験をする時間です。
      
      
会場:東京都JR三鷹駅より徒歩5分圏内

定員:各部とも28名

受講費用:

<第1部のみ>
10,000円(+消費税)
10月1日〜 11,000円

<第2部のみ>
16,000円(+消費税)
10月1日〜 17,600円

<1部+2部とも参加>
24,000円(+消費税)
10月1日〜 26,400円


〜講師プロフィール〜

カイ・ディビス・リン
ディビッド・グロブ&カイ・ディビス・リンセミナー英国本部
夫のディビッド・グロブと共同で開発して完成させたClean Language(クリーン言語)を広めることをミッション(使命)とする。

クリーン言語の創始者、ディビッド・グロブと共に、クリーン言語の黎明期である1980年代初頭より25年以上にわたり、クリーン言語の理論、質問体系、プロセスを完成させた。空間を使用するクリーン・スペース、イマージェント・ノレッジ(EK)(知識の発生)の共同創始者。ディビッド・グロブとの結婚生活の中で、日々、グロブと共に共同研究、共同活動をした。現在は、英国郊外でノーベル賞受賞者、舞台俳優、重役から小学生に渡る広範囲のクライアントのカウンセリングとコーチングに当たると共に、様々な協会で真のClean Language (クリーン言語)を指導している。日本には、2015年に日本産業カウンセリング学会大会の特別ゲストとして来日して講演を行い、セミナーを開催した。2018年の日本産業カウンセリング学会大会にも招聘され, 「クリーン言語とEK」のワークショップを開催した。
クリーン言語 (Clean Language) の(当然ながら)世界的権威、英国のエグゼクティブ・カウンセラー&エグゼクティブ・コーチ。
中野万里子
元中学家庭科教諭約10年。
こころへ届く言葉に興味を持つ。
家庭科を通して日本の生活文化をしっかり学んでみたいと茶道を始める。裏千家茶道約20年 準教授茶名「宗里」(七事式裏千家 茶の湯の修練11「法磨之式・三友之式・唱和之式」世界文化社 撮影協力)
日本文化を通した身体の使い方の素晴らしさを「茶道」だけでなく、「能」や、「宮本武蔵の五輪書」に感動する。

身体均整法を学び均整師として約10年 身体均整法学園にて講師をしながら、クラニオセイクラル・トレーニング・瞑想・ヨガ等学びを深め、自身の身体は、アーユルヴェーダの教えと相性が良いことを知る。

5年前コア・トランスフォーメーションと出会い、身体と心のつながりが
感覚と共に変容する流れに感動した。ホールネスのセミナーと共に、タマラ・アンドレアス来日セミナーのアシスタント毎年させて頂いている。

また、トラウマ療法の1つ「眼球運動」で心へアプローチするスティーブ・アンドレアスの世界に驚く。

さらにその後、眼球運動をレッスンの中に自然に取り入れているシヴァナンダヨガに感動する。異国の地にてシヴァナンダヨガのティーチャーズトレーニングにてインストラクターのライセンス取得と共にインドアシュラム出身者の講師より身体とインド哲学を学ぶ。

世界30ヵ国以上を旅して食と文化とこころと身体を探求し、こころと身体とのつながり、また、身体の使い方等を講師としてお伝えしたり、セッションや、施術を通してこころや身体のサポートしている。

2016年~2017年は、メンタルから身体をサポートする「ヘルス・サティフィケーショントレーニング」を学び、「肉体があるからこそ、今、生きていられる」その当たり前であり奇跡である事、「生・死」を身近で体験した事で、「こころと身体のつながり」や「こころとからだのコミュニケーション」をお伝えしていきたい。
通訳)泉圭子
元世界銀行職員。世界銀行ではマネジメント・職員のコーチング、グローバルキャリアコンサルティング、異文化理解のトレーニング等に従事した。EU外務省や国際連合主催の会議、米国・ヨーロッパの主要大学へ招待され、キャリア・フェアにおける発表、またはキャリア・コンサルティングを行った。また、世界銀行のリーダーシップ・デベロップメント プログラムのマネージャーと共にセミナー・ワークショップを開催。
世界銀行勤務中、ピーター・センゲのリーダーシップ・デベロップメント プログラム修了。ハーバード大学メーター・リーダーシッププログラム修了。

日本人で唯一、ディビッド・グロブに直接師事をし、またグロブを世界銀行に招聘した。グロブと共に世界銀行職員トレーニングのワークショップを企画する。グロブ亡き後は、カイ・ディビス・リンに師事をし、カイよりトレーニングを受けた最初の日本人である。日本で最初の唯一のディビッド・グロブのClean Languageトレーナー(2019年8月の時点で) 津田塾大学卒、英国ワーリック大学大学院卒(修士)(University of Warwick, UK)