クラス紹介

バレエ入門クラス

  初めての方、少し経験がある、改めて基本を見直したい方にお勧めのクラス   体を支える為に必要な筋肉へアプローチするストレッチから始まり、正しい姿勢を維持しながら動くことを重視してバレエの基礎を身につけていただきます。正しい姿勢は健康への第一歩。日常生活であまり使われていない筋肉を動かして代謝を高める事が出来ます。

ベーシッククラス

   入門クラスより動きが早くなります。ウォームアップからパー、センターレッスンを行います。身体を美しく保ちながら動くことを色々なステップを通し身につけていただきます。

ポアント入門クラス

   バレエのレッスン経験が一年以上ある方。バレエシューズでのレッスンを短く行ってからポアントの練習に移ります。 ブランクがあってこの機に再開をとお考えの方は、入門かベーシックのクラスで体慣らしをしてからの受講をお勧めします。

バレエ初級

ベーシックを大切にレッスンを進めながら、センターでは踊りのニュアンスをプラスしたステップの練習をしていきます。

バレエ初級+レパートリー

通常のレッスン後、クラシック作品の中からグループパートやヴァリエーションなどを選び2〜3ヶ月(作品により期間が変わります)かけて練習していきます。
一回一回異なる課題を設けてクラスを進めているので、いつからでも受講して頂けます。

コンテンポラリーバレエ 入門

このクラスではゆっくりとウォームアップから始めて、コンテンポラリーでの体の使い方に少しずつ慣れて頂き、床を使ってのフロアワークを行います。そして最後にクラスで行った動きを踏まえてのムーブメントを作っていきたいと思います。コンテンポラリーならではの空気感や動きの幅、クラシックとはまた違う発見や快感を味わいながら楽しくクラスを行いましょう。
〈クラスを受講するにあたって〉動きやすい格好であれば何でも大丈夫ですが、フロアワークを行うにあたって、ジャージやTシャツなどの着用をお勧め致します。そして基本的に靴下での受講をお勧め致します。バレエシューズや裸足でも可能ですが、クラス内容やムーブメントによって多少不都合が出てくるかもしれません。予めご了承下さい。
骨盤調整ピラティス

骨盤は人間の骨格のちょうど中心の位置、上半身(脊柱)と下半身(大腿骨)を繋ぐS字湾曲した上半身の重さを支えながらバランスを取り、股関節と連動して足を前後に動かす。
人間の骨格(要)内臓や生殖器を守る(器)の役割を果たしついるのです。
日常の生活習慣の癖や運動不足で歪んだり、骨盤が開き過ぎたりします。
そうすると…冷え症、生理不順、便秘、下痢、腰痛、肩凝り、下半身太り、膝の痛み、O脚etc…などの症状が出ます。
この様な症状は、骨盤が体の中心となる部分で他の骨、筋肉共に連動している事に関係しているからです。また、現代人は姿勢の乱れやストレス、疲労などさまざまな原因で、肺を始めとする呼吸器に関わる機能が大変弱くなって呼吸が浅くなってしまっています。
呼吸は酸素を取り込み全身に行き渡せる生命活動の要、質の良い深い呼吸がとても重要です。
骨盤調整ヨガ&ピラティスでは、深い呼吸をする事により、深層筋や骨をスムーズに動く様になり弱つた内臓や神経を刺激し体内のめぐりを良くする。コア(体幹)の筋肉を整え、鍛え骨盤&脊柱のバランスを整えて行く。
ヨガの動きで関節の可動域を広げ骨盤の柔軟性を取り戻す。ピラティス(締めたまま)コアの意識を身に付け、身体のニュートラルポジションに戻す。ダンスのコンビネーションなどは左右対称に行いません。左右の筋肉の柔軟性、筋力の違い…股関節や肩関節の開閉力の違い…歪み等を整えます。

歪みを調整するにはまず骨格を形成する筋力を
ほぐす、ゆるめる

調整、

強化

の流れで行います。日頃、身体を酷使しているダンサーからなかなか運動する機会の無い方まで、どなたでも参加出来るクラスです。自分では知らず知らずの内に歪んでいる身体を整えインナーマッスルを鍛え不調の無いバランスの良い身体、更にパフォーマンスの向上を目指しましょう。
パドドゥ

不定期ですが、月一回のペースで開講しております。
内容はパドドゥの基本的な動きを男性と組んで行います。最後に古典作品の中からパドドゥの一部を抜粋し振り付けを致します。
パドドゥ未経験の方や初心者の方でも楽しく行えるクラスとなっております!
バレエシューズでも受講可能です。

こんな方にオススメです

昔バレエをやっていたけど、社会人になってからもう一度バレエをやりたい
小さい頃、憧れていたバレエ。全くの初心者だけどチャレンジしてみたい
現在プロのダンサーをしているが、慢性的な怪我をしていて、インナーマッスルの強化や怪我の再発を予防したい。
普段からの姿勢を改善したり、体力強化、美しく健康な容姿を手に入れたい。