虫歯が大きすぎて神経を取らなければならないと言われたんです。

痛くもないし、ちょっと小さな穴があるくらいと思ってたのに、レントゲンを撮ってみたら「神経を取らないといけないね」と言われてしまったんです。

神経を取ると、歯が割れやすくなるから差し歯にしないといけないって言われました。ショックです。しかも保険で治すと銀歯になるんですって!

口を開けて笑った時に銀歯がキラリと見えるなんて絶対に無理!でもセラミックの歯で治せば綺麗な白い歯が入るんですって。・・・だけど保険がきかないから高額な治療費に!

そんな時、シエル歯科クリニックの先生から痛みが無い虫歯の場合、神経を取らなくてもいい治療方法があるって聞いたんです。もちろん痛みが無いと言っても神経が生きている場合らしいんですけど、神経を取って差し歯にするより絶対にいいと思い、その治療方法をお願いしました。

奇跡の治療 バイオセラミクス(MTAセメント)



MTAセメントとは1993年にアメリカで開発されました。

水に濡れた方が固まる性質があり

強アルカリ(PH12)による殺菌作用があります。

いったん固まると、かなり硬くなり硬組織を形成する作用があります。

日本では2007年に薬事の認可が下りています。

従来の水酸化カルシウムによる直接覆髄法よりも臨床成績が高いと報告されています。

治療の流れ

シエル歯科の神経を残して出来るだけ歯を削らない虫歯の治療の流れをご紹介します。
 
POINT
1

痛みがない虫歯・神経が死んでいない歯が適応です。

MTAセメントは優れた材料ですが、万能ではありません。

神経が炎症を起こしている場合は効果がありません。

例えば、何もしなくてもズキズキ痛みがあったり

体温が上がった時(寝る前やお風呂に入った時)や熱いものを口に含んだ時に

痛みがあるのは、神経が炎症を起こしています。

その場合は残念ですが神経を取らなければなりません。

また、神経がすでに死んでしまっている場合も MTAセメントは適応ではありません。

腐った神経は取らなくてはいけません。

MTAセメントを使う前には歯髄の診断が必要になります。

POINT
2

ラバーダムをして、丁寧に虫歯を取る

そもそも、歯周病や虫歯の原因は口の中の細菌です。

すなわち、虫歯や歯周病は風邪と同じ感染症なのです。

風邪を引いたらマスクをしますよね?

MTAセメントを使う場合もラバーダムというゴムのシートを設置します。

治療する歯の中に唾液が入って、最近に感染しないよう慎重な処置が必要です。


POINT
3

露髄したら、丁寧に消毒をしてMTAセメントを塗る

慎重に丁寧に虫歯で感染した部分のみ削っていきます。

健康な歯質は極力残す努力をします。

そのためには齲蝕検知液という虫歯だけが染まる染色液を使います。


POINT
4

仕上げはダイレクトボンディングで美しく

歯を削るのは最小限にしたい。

目立たず、美しく仕上げたい。

セラミックスが90%以上配合された樹脂を丁寧に詰めて虫歯を修復します。

ダイレクトボンディングという手法は術者のテクニックにより仕上がりが左右されます。


透明感のある自然な仕上がり。

銀歯とは、もうサヨナラ





  さあ、あなたも一歩を踏み出して

  キレイを手に入れられる

  新しい世界を体験してみませんか?

【奇跡のMTAセメント+ダイレクトボンディング】


MTAセメントによる歯髄保護 
¥   30,000円(税別)

ダイレクトボンディング    
¥100,000円(税別)

MTAセメントとダイレクトボンディングは健康保険適応外の治療となります。

東京都板橋区常盤台4−26−1
イトーヨーカドー3F
(医)瀧の会 シエル歯科クリニック

東武東上線 上板橋駅 北口より徒歩2分

予約する

03-5945-5755

■診療時間
月・水〜土 : 10:00~13:30  15:00~19:00
日・祝    :  10:00~13:30  15:00~18:00
火曜日はお休みになります。

院長プロフィール

シエル歯科クリニック
院長 瀧本将嗣

1970年、広島県生まれ。
矯正・インプラント・部分義歯・ダイレクトボンディング・歯周病治療・審美補綴と多岐にわたる分野で高度な技術を習得、それらを組み合わせた総合的な治療を得意とする。