SolidWorksについて


弊社はSolidWorksを導入し様々な業界のお客様の要求に応え続けています。

ここではSolidWorksの活用方法についてご紹介致します。

ここではSolidWorksの活用方法についてご紹介致します。

弊社では下記の様な課題を解決する事が出来ます。

  • 取引先からParasolid,STEP等の中間ファイル形式で納品して欲しいと言われたが、
    設備投資予算が無い為対応しているCADを導入出来ない
  • 紙図面や2D CADデータを3D CAD化して社内ノウハウとして蓄積したいが、
    3D CAD化しても履歴非対応CADの為、設計意図を共有する事が出来ない
  • 3D CADデータを使用した分解アニメーションや3DオブジェクトをAR(拡張現実)と組み合わせて提案して新規取引先を開拓したい
  • 製図作業を減らして設計者の業務を効率化したい
  • 3Dスキャナーや3Dプリンタで読み込めるデータ形式に3D CADデータを変換したい
  • 取引先からParasolid,STEP等の中間ファイル形式で納品して欲しいと言われたが、
    設備投資予算が無い為対応しているCADを導入出来ない

SolidWorksの部品・アセンブリ・図面には参照関係があり、
互いの変更が反映される為、修正内容の反映が容易に行えます。

SolidWorksではアセンブリの干渉部位を静的または動的にチェックする機能があります。
事前に干渉チェックを行う事でデータ修正を未然に防ぐ事が出来ます。

モデリング事例

データ授受の注意点

弊社で対応可能な中間ファイル形式

ARを活用した動画や3Dオブジェクトの表示

スマートフォンやタブレットで上のイラストを
ARアプリCOCOAR2で読み取ると、
分解アニメーション動画が流れます。

スマートフォンやタブレットで上のイラストを
ARアプリCOCOAR2で読み取ると、
3Dオブジェクトが表示されます。

COCOAR2は下記サイトより無料でダウンロード可能です。
最後までご覧頂きありがとうございました。

弊社HPのTOPに移動します