ライブ・イベント何でも屋
「Fukkaru」

あなたの活動を”フッ軽”な
南ゆかがお助けします

「Fukkaru」とは?

「Fukkaru」とは「フッ軽」、すなわち「フットワーク軽く、どこへでも迅速にお手伝いに行きます」という意思を込めてつけました。
音楽の、特に生で聴くライブに魅了され、20年以上にわたり、全国のライブハウスに、多い年は100本以上通いを続ける南ゆかが、その経験を活かして、主にライブを中心に、その活動を応援・フォローして活性化したいと思い、活動を開始した個人活動です。私の持つスキルを余すところなく提供いたします。

主な活動内容を以下に紹介しております。
ご興味を持っていただけましたら、ページ最下部下部にメールリンクとTwitterアカウントへのリンクがございますので、お問い合わせいただけたら幸いです。

*本サイトはスマホでの閲覧を前提に作成しておりますため、PCでは多少見にくい箇所があるかと思いますが、ご了承ください。

オンライン配信
オペレーション

コロナ禍で一気に需要が高くなったライブのオンライン配信。機材の準備からオペレーションまで一貫して請け負います。
基本的には南が1名で行うワンオペです。

◆金額目安
1ライブあたり5,000円(税別)+交通費実費
1日に2ステージ行う場合は8,000円(税別)

◆機材について
一部手持ちのものもございますが、配信規模に応じて、信頼できる業者よりレンタルとなります。実費ご負担をお願いします。ご希望の配信規模や予算に合わせて、明確にお見積もりをお出ししますのでご安心ください。
対応可能なプラットフォーム
・YouTube
・ツイキャス
・TIGET(導入検討中)

*手持ちの機材類は徐々に揃えておりますので、今後変動します。

出張スタッフ

ライブやイベントを行うにあたり、ある程度流れがわかっているスタッフが欲しいと思ったことはありませんか?
物販・雑用などなど、フッ軽なスタッフとしてお手伝いに伺います。費用については規模・内容によって相談のります。

移動手段の
組立て・お手配

地方でライブを行いたいとき、その交通・宿泊に頭を悩ませておりませんか?全国46都道府県を踏破した豊富な経験を活かし、アレンジからお手配まで請け負います。
場所・日程・移動する人数など、その他ご希望内容も添えて気軽にご相談ください。
(こちらについては当面無料でやらせていただきます)

◇過去の例
札幌2泊3日 2名1室 ANA利用 33,800円/人
大阪3泊4日 1名1室 新幹線のぞみ利用 33,200円/人

ライブ写真撮影

近年のスマートフォンの普及と、SNSの普及に伴い、手軽に写真が撮影・掲載できるようになりました。
それでもライブという特殊な空間を撮影するには、スマホでは限界があると思いませんか?
「今日のライブは綺麗な写真が欲しい!」そんな時に撮影お引き受けします。
撮影した写真は、撮影当日遅くとも翌日にはデータお渡しいたしますので、SNSにもすぐアップできます!

◆1ステージ30分まで
 →3,000円(税別)+交通費実費

◆1ステージ30分〜60分まで
 →3,500円(税別)+交通費実費

「1イベントまるごと」や「ワンマン」については、12,000円程度を想定しておりますが別途ご相談ください。
★初回1,000円割引いたします。

宣伝・告知用写真撮影

ライブ写真を使っての告知も臨場感があって素敵だと思いますが、"ここぞ!"という時には、キチンとした宣材写真撮影はどうですか?
近年のコスプレブームにより、格安でレンタルできるスタジオが増えてきました。
ご相談いただければ、適切なスタジオ探し・情報提供も含めてお見積もりさせていただきます。ライブ撮影時に、リハと本番の合間に撮りたいなどの撮影も承ります!

◆3,000円(税別)/名〜
コンセプト数や枚数にもよります。

衣装製作

フルオーダーからリメイクまで、できる限り相談にのります。完全に独学でのコスプレ範囲の技術、また家庭用ミシンによる製作となりますので、あまり特殊な生地・デザインはお引き受けできかねる場合もありますが、ご了承ください。
◆目安の金額◆
<メンズ>
スーツタイプ上下フルオーダーで2〜3万程度
<レディース>ワンピースタイプの簡単なものなら数千円

なお、恐れ入りますが、採寸・生地・装飾の確認などの事前打ち合わせ時に発生する費用は、依頼者様ご負担でお願いいたします。

イベント企画

*準備中
私自身で企画・主催はもちろん「こんなイベント・ライブ、とりまとめてほしい」という代行も承る予定です。

南ゆかのProfile

1976年5月生まれ。山梨県出身。
小学生~高校まで某スポーツに全てを費やし、アスリート的な生活を送り、19歳で大学進学時に上京。
しかし成長期に無理をしたため、膝の怪我が原因で裏方仕事に従事(学生連盟)。そこで、イベントを企画する楽しさとやりがいを知る。

並行して1994年・18歳ころから俗にいうヲタク道に突き走り、声優さんの追っかけで地方に行く楽しみを知ってしまうw

1999年・23歳の時、アニメ企画で結成されたバンド「Λuchifer」にどハマりし、全国を駆け巡る(3年半の活動期間中72本ライブがあったが64本行った)Λuchifer解散後も推しのギタリスト・YUKIこと結城雅彦氏を追っかけ続けた。

2007年末に、YUKIが参加したメガトンクラブというライブで、初めてジャパメタ世代と言われるミュージシャンの方々を初めて生で見る。参加する前に各出演者の情報を調べまくったため、非常に興味を持つ。

2009年末の同メガトンクラブでのファンミーティングと、翌2010年1月に開催されたジャパメタフィーバーにて、よりジャパメタ世代のミュージシャンの方々に接することになり、参加するライブの幅がめちゃくちゃ広がり、年間ライブ本数が100を超える日々が続くw

2012年ごろから、ライブで縁がつながった方々から、ライブを手伝ってほしい、バンドのスタッフとしてついてほしい、などの依頼を少しずついただく機会に恵まれる。この時、仕事の経験はもちろん、過去の体育会系だったときの経験や全国のライブハウスを飛び回った経験が、かなり役立つことを実感する。

2019年、仕事の行き詰まりを感じたことを機に、在宅勤務に転職し、本格的に自分の経験を生かして、ライブ活動を支援してみようと決断。
思いのほか在宅勤務が多忙になったり、コロナ禍に巻き込まれたりがあったが、自身のフットワークの軽さを武器にすべく「Fukkaru」と名称を決めて活動を始める。


「過去の実績の作品が見たい」等あれば、できる限りお見せ致します。
上記ブログにも過去の投稿を進めていく予定ですので、よかったらのぞいてみて下さい
全てのご相談は以下のリンクからもしくはchukifer62@gmail.comまで!