大切な人を守るため
まずは私たちから

HeForShe署名活動

HeForSheは、UN Womenによる、ジェンダー平等の実現に向けた取り組みです。署名活動への参加をきっかけに、私たちの社会が向かうべきジェンダー平等の未来を考えましょう。

子育て × ジェンダー平等

私たちの日常にたくさん転がっていませんか?
私たちの周りにいる大切な人たちの人生を豊かにし、選択できる社会にしませんか?
  • ◆HeForSheキャンペーンを推進する理由

    (1)日本が取り組むSDGsの目標の中で、最も遅れているのは、ゴール5「ジェンダー平等の実現」です。男女格差の度合いを示す「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」が149か国中110位(2018年)と、先進7か国(G7)で最下位となっています。ここに切り込んでいくことこそが全世界に対してもインパクトになります。

    (2)ゴール5はすべての課題とつながっている横断的な課題です。ジェンダー平等は、豊かな日本社会を創りあげていく上で欠かせない取り組みです。

    (3)日本の青年会議所の女性比率はたったの7%!ASPAC参加者は実感されていると思いますが、世界の青年会議所のメンバーの男女比率はほぼ1対1です。この違いは何でしょうか?ジェンダー平等の実現は日本のJC運動にとっても突破口になります。


    ◆本年度の日本JCは、HeForShe連帯運動で30万人署名を目指しています!
    皆様のご協力のおかげをもちまして、本日付で9,429署名となっています。
    まずは10,000名を目指しています!

    誰もが活躍できる社会への変革に貢献するため、まずは“HeForShe”のサイトに入っていただき、是非ご署名にご協力をお願いします!
  • ◆HeForSheキャンペーンを推進する理由

    (1)日本が取り組むSDGsの目標の中で、最も遅れているのは、ゴール5「ジェンダー平等の実現」です。男女格差の度合いを示す「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」が149か国中110位(2018年)と、先進7か国(G7)で最下位となっています。ここに切り込んでいくことこそが全世界に対してもインパクトになります。

    (2)ゴール5はすべての課題とつながっている横断的な課題です。ジェンダー平等は、豊かな日本社会を創りあげていく上で欠かせない取り組みです。

    (3)日本の青年会議所の女性比率はたったの7%!ASPAC参加者は実感されていると思いますが、世界の青年会議所のメンバーの男女比率はほぼ1対1です。この違いは何でしょうか?ジェンダー平等の実現は日本のJC運動にとっても突破口になります。


    ◆本年度の日本JCは、HeForShe連帯運動で30万人署名を目指しています!
    皆様のご協力のおかげをもちまして、本日付で9,429署名となっています。
    まずは10,000名を目指しています!

    誰もが活躍できる社会への変革に貢献するため、まずは“HeForShe”のサイトに入っていただき、是非ご署名にご協力をお願いします!

チラシ・LOGO

HeforShe_連帯運動パネル

HeForShe_BOOK【JC会員向け】

HeForShe_BOOK【企業向け】

HeForShe_Support_Logo_Magenta

HeForShe_Support_Logo_Magenta

皆様のご意見をお聞かせください!

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信