コール・ブランカについて
千葉県流山市を拠点に活動している
女声合唱団・コーラスグループです

団名の「ブランカ」とは、
スペイン語で「白い」という意味です。

美しいハーモニーを目指し日々努力して、
やがてカサブランカのような大輪の花を
咲かせたいという願いを込めています。

組曲からポピュラーまで様々なジャンルに挑戦。
練習会場は、明るい歌声と笑いが絶えません。
歌に対するまなざしも真剣そのもの。
さらなる飛躍を目指します。

2020年に設立20周年を迎えました。
若い世代からシニア世代まで、
音楽を愛する愉快なメンバーで活動しています。

活動内容

毎週土曜10時から練習
月1回ボイストレーニング

定期演奏会
2018.5.26

合唱祭
2019.11.16

その他、発表機会多数

NEWS

【告知】 今年の定期演奏会(10月25日)を残念ですが、
(7月10日(土曜)開催予定を変更し)
2021年10月24日(日)に延期しました。
コロナ禍、練習方法等を模索しつつ前進したいと思います。
詳細は改めてご案内します。
2020/1/11 新年初めての練習を行いました。
2019/12/20 毎年恒例のクリスマス会を開催しました!
2019/11/16 第27回流山市合唱祭で演奏しました。
2019/10/26 北部公民館サークル発表会で演奏しました。
2019/9/1 新メンバーがふえました!

2019/10/26 北部公民館サークル発表会で演奏しました。

練習日・場所

・毎週土曜日 10:00~12:00
・森の図書館、東深井福祉会館、北部公民館、おおたかの森センター など

今の練習曲

定期演奏会(2年に1度)に向けて練習中です!!
・いのりカンタービレ
・今日もひとつ
・悲しみの意味
・木のように
・たんぽぽ
・村祭り
・赤とんぼ
・冬景色
・Ave verum corpus
・sing  など

講師陣

指揮者 野村 秀美
斎藤秀雄氏にオーケストラの指揮法を学ぶ。その後に指揮者S・チェリビダッケ氏に出会い、強い影響を受ける。渡欧中はフランスのエコール・ノルマル・ドゥ・ムジーク・ドゥ・パリ指揮科に留学し、指揮をP・デルヴォー、E・ロザンタール並びにG・ドヴォス氏に師事する。同時に声楽をP・ドゥレンヌ氏に師事、さらにスコラ・カントルム・ドゥ・ムジーク・ドゥ・パリで対位法と作曲を学び、1985年に修了。1995年よりフランス国立放送局オーケストラの指揮研究員として、パリにも居を構える。1996年1月フランス国立放送局で行われた指揮コンクールで5位入賞、7月ヨーロッパ総合ジュネスオーケストラでパリ音楽院にてC・デーヴィスのアシスタントを務める。同年10月よりエコール・ノルマル・ドゥ・ムジーク・ドゥ・パリの指揮科の助手を務める。同時にP・ブレーズの現代指揮法のマスタークラスのメンバーとして研鑽。1999年、ジュネスオーケストラを振ってフランスデビュー。
ピアニスト 新居 美穂
上野学園大学音楽学部器楽学科卒業。同大学卒業演奏会出演。石橋メモリアルホール記念コンサート出演。中村紘子公開レッスンオーディションに合格し演奏する。小林孝子、菊池有恒、山本都各氏に師事。現在、男声合唱団フロイデ、女声合唱団コールマイン、マイン男声、光が丘女声合唱団、鎌ケ谷女声合唱団、コールブランカ、混声合唱団さわやか、かしわ歌声の会、松戸歌声サロン、つくしが丘ふるさと童謡の会の伴奏を務めるほか、「ステッラ・ミーオ」として連弾演奏や、ヴアイオリン、ヴイオラ、ピアノによるトリオ「プレアデスハーモニー」、女性ユニットアンサンブル「マーベラスチューン」のピアニストとして演奏活動を行っている。柏市音楽家協会会員。
ボイストレーナー 渡邉真弓(ソプラノ)
東京藝術大学卒業。第 15 回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位。第 73 回日本音楽コンクール入選、及び聴 衆賞受賞。オペラでは、プッチーニ「蝶々夫人」タイトルロール、「ラ・ボエーム」ミミや、「ドン・ジョヴァンニ」ド ンナ・アンナ、「フィガロの結婚」伯爵夫人、スザンナ、などをレパートリーとしている。流山市制 40 周年記念 及び、50 周年記念第九コンサートソプラノソリスト。小林研一郎指揮「みんなの第九」ソリストほか、宗教曲 も数多く出演。コールブランカ、ハミングバードのヴォイストレーナー。流山市、柏市、我孫子市、野田市、など近郊でコンサートを開催。中でも、年2回のハートフルコンサートは、ライフワークになりつつある。我孫子 声楽家協会会員。

メンバー募集中!

音楽や、歌うことが大好きなメンバーを募集しています!
練習の見学も随時受け入れてます。
小さなお子さんがいるママメンバーもいて、
お子さん連れの練習参加も大歓迎です。
ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください!

<<お問い合わせメールは、こちらのリンクから>>

また、年に数回体験レッスンを開催しています。
今後の開催は決定次第、本ウェブサイトでご案内いたします。

ブログ