北神戸
シルバーバーチ読書会

スピリチュアリズムを共に学びましょう


願わくばこのサークルをあなたの霊力によって満たし、ここを聖殿としてあなたの真理の輝きを流入せしめ、地上の暗き場所を明るく照らし、
平和と幸せと知識と叡智をもたらすことができますように
<シルバーバーチの祈りより>




スピリチュアリズムとは
「神」「霊魂」「死後の世界」「生きる目的」など、地上の宗教や哲学では知り得ない霊的真理を、高級霊界から「霊界通信」という手段で啓示されました。この内容を正しく理解して自身の霊的成長を促し、ひいては地球人類への救済活動へと発展させる運動、これがスピリチュアリズムです。

地上人類へ向けての高級界からの本格的働きかけであり、
啓示であると同時に宗教でもあり、救済でもある。
それを総合するものがスピリチュアリズムに他ならぬ
<モーゼスの霊訓>


シルバーバーチとは
約3000年前に地上を去った高級霊の仮名称です。20世紀のイギリスでバーバネル(1902-1981)を霊媒として60年の長きに渡り一貫した霊的真理を語りました。
その内容の崇高さ、達観した視点、慈悲と愛情溢れる言葉は、まさに人類が手にした最高の叡智と言えます。
私たちはシルバーバーチの書物から霊的真理を学ぶ小さなサークルです。
共に学んで下さる方の参加をお待ちしております。



地上の人間がその本来の姿で生きて行くには、
大霊の摂理、霊的真理を理解する以外にないからです

<シルバーバーチ>

◎北神戸シルバーバーチ読書会開催日時:
2019年1月25日(金)
午前10:00~12:00

次回 2/1(第1金曜和室) 3/15(第3金曜)  4/19(第3金曜)

◎場 所:
神戸市北区民センター 本館4階会議室(神戸市立北図書館が入っている建物です)

◎持 ち 物筆記用具  シルバーバーチの教え(上)(下)
 参加費:無料

読書会の流れ
1)瞑想と開会の祈り
2)勉強会 
3)閉会の祈り

初めて参加される方へ

準備の都合がありますので、初めて参加されるときは先にメールにてお知らせ下さい。
連絡用メールアドレス nyan29683@rakuten.jp

 ~読書会への誘い~

スピリチュアリズムは死後の実在を教えてくれました。

この事実を知るだけで悲しみの喪に服している人々がどれだけ救われるでしょうか。

愛とは大霊の御心、摂理の成就です。
すなわち、自分のことをかえりみず、助けを必要とする人のために出来るかぎりのことをしてあげようとする心のことです。お互いが助け合えば、地上がどれほど天国に変わり、一人一人が大霊の子として相応しい豊かさを享受できることでしょう。

当読書会では、明るくアットホームな霊的雰囲気の中で、さらに奥の深い霊的真理の啓示を授かる受容力の開発と学びを深めていきたいと思います。また、霊力が降下する神聖な場であり、霊界のいち橋頭堡として崇高な愛と理想を掲げる交霊会であることを切に望みます。

この混乱に満ちた地上にあって、シルバーバーチを手にされた方と共に学べる幸せを共有したい、そして霊界は私たちにとって影よりも身近な存在であり、指導霊や守護霊が私たちのために能力の限りを尽くして援助して下さっているということを感じ取ってもらえたらと考えています。
大霊をより深く知ることで、人々への奉仕と霊的真理普及への意欲を新たにし、共に霊的成長の道を歩みたいと願っております。
北神戸シルバーバーチ読書会 
シルバーバーチぷちサークル  主宰者 


わたしたちの方から皆さんを待ち望んでいるのです。皆さんがわたしたちを待ち望んでいるのではありません。地上への降下を待ち望んでいる霊力には、その表現形式が無数にあります。種類も様式もおびただしい数があり、さらには、用意された通路に合わせて形態を変えます。もっともっと多くの人材..これがわたしたちの大きな叫びです。<シルバーバーチ>

2018年12月読書会内容と感想

  • 今月のシルバーバーチのことば
    大霊の摂理は、すべての子供たちが幸せになるためにもうけられたものです。ところが人間は、自分たちは親(大霊)よりも優れていると自惚れて摂理に背くようになったために、地上にはさまざまな問題が発生するようになったのです。
    『シルバーバーチの教え 第23章 さまざまな質問に答える p181』

    <学習内容>
    関西シルバーバーチ読書会HPスピリチュアリズムの思想体系2「摂理観」(3)

    <参加者の感想>
    *神は私たちが霊的成長をするために摂理を作り、すべての事に神の愛があるということ、困難や苦しみもすべては霊的成長の糧となるので、霊優位にし、利他性をもって生きないといけないなと、再確認させて頂きました。今日もありがとうございました。

    *摂理を学ぶことで神の人間への愛がわかりました。自虐行為は負のカルマ、霊を意識しながら生きることが霊性の進化を促すと思い生きます。

    *改めて、霊優位になりたい、でありたい、と思いました。神様(大霊)は平等に愛してくれている・・・自分の気になる部分が出そうな時、そうでない普段も、それを思い出したいと思います。本当に、人を見る時も霊的な部分で見ていきたい。感じていきたい。その先に、それが定着して、自分が霊優位になれると思いました。久しぶりの参加、本当に来れて良かったです。

    *霊主肉従の状態ではじめて利他的行為が実践できることを知りました。私がこれまで「人のため」と思ってやってきたことは案外自分のためでもあったんだな、とわかりがっかりです。霊主肉従をもっと頑張りたいです。

     別日読書会(2018/12/6実施)<学習内容>
    スピリチュアリズム普及会 ニューズレター6号 守護霊との二人三脚の歩み

    北神戸シルバーバーチ読書会の学習履歴(外部ブログ

  • 今月のシルバーバーチのことば
    大霊の摂理は、すべての子供たちが幸せになるためにもうけられたものです。ところが人間は、自分たちは親(大霊)よりも優れていると自惚れて摂理に背くようになったために、地上にはさまざまな問題が発生するようになったのです。
    『シルバーバーチの教え 第23章 さまざまな質問に答える p181』

    <学習内容>
    関西シルバーバーチ読書会HPスピリチュアリズムの思想体系2「摂理観」(3)

    <参加者の感想>
    *神は私たちが霊的成長をするために摂理を作り、すべての事に神の愛があるということ、困難や苦しみもすべては霊的成長の糧となるので、霊優位にし、利他性をもって生きないといけないなと、再確認させて頂きました。今日もありがとうございました。

    *摂理を学ぶことで神の人間への愛がわかりました。自虐行為は負のカルマ、霊を意識しながら生きることが霊性の進化を促すと思い生きます。

    *改めて、霊優位になりたい、でありたい、と思いました。神様(大霊)は平等に愛してくれている・・・自分の気になる部分が出そうな時、そうでない普段も、それを思い出したいと思います。本当に、人を見る時も霊的な部分で見ていきたい。感じていきたい。その先に、それが定着して、自分が霊優位になれると思いました。久しぶりの参加、本当に来れて良かったです。

    *霊主肉従の状態ではじめて利他的行為が実践できることを知りました。私がこれまで「人のため」と思ってやってきたことは案外自分のためでもあったんだな、とわかりがっかりです。霊主肉従をもっと頑張りたいです。

     別日読書会(2018/12/6実施)<学習内容>
    スピリチュアリズム普及会 ニューズレター6号 守護霊との二人三脚の歩み

    北神戸シルバーバーチ読書会の学習履歴(外部ブログ