賃貸選び成功ノウハウまとめ
失敗しないお部屋探し
ベストなお部屋に住めることはあなたの普段の生活だけでなく、あなたの人生そのものを充実したにするほどあなたにとって重要なものです。 限られた予算の中であなたの生活をグンとよくするような素晴らしい物件に出会いたいですよね。そのためにはただウェブで気に入ったお部屋を見つけて近くの不動屋にいくだけでは素晴らしい物件には出会えません。なので、まずはいい物件を探せる成功ポイントなどの事前学習も進めておきましょう!

失敗しないお部屋探し

お部屋探しはコツさえ知って入れば簡単

引越し屋物件探しは何も知らないままで進めてしまうと初期費用だけでも10万円くらい損することもあります。
それに、その時は納得して契約した物件もあとで実際に住んでみると防音が全然できていない物件で自分の生活音が筒抜けだったり、隣近所の家の音が気になって夜も眠れないなんてことも…
そんな物件選びの失敗をなくすために失敗しないお部屋探しのポイントをいくつかご紹介します。

STEP

1

自分がどんな物件を探しているのかを具体的にイメージする

限られた予算の中でベストな物件を探すためには、まず自分が一体どんな家に住みたくて、どんな家は住めないのかをはっきりさせておくとスムーズにいい物件探しをすることができます。妥協できる点、ここだけは妥協できないという点をはっきりさせましょう。

STEP

そのイメージに合う物件をWebサイトで探す

ある程度住みたい家を具体的にイメージできたら次はネットにある賃貸情報サイトでそのイメージに合う物件を探しましょう。このステップを飛ばして先に現地の不動産に行って話を聞くと、家賃の相場などがわからずにそのまま高い物件を契約してしまうこともありえます。
そうならないためにもまずはしっかりとネットで賃貸に関して下調べしてから不動産屋に行きましょう。

STEP

現地の不動産屋にいき、内覧をする

このステップまでしっかりと事前準備ができたら、次は実際に現地の不動産屋に行って内覧をしいましょう。内覧をするときにはアパートの防音性、水回りのキレイさ、アパートが傾いていないかどうか、日当たりや湿気などを詳しく確認しておきましょう。

STEP

1

自分がどんな物件を探しているのかを具体的にイメージする

限られた予算の中でベストな物件を探すためには、まず自分が一体どんな家に住みたくて、どんな家は住めないのかをはっきりさせておくとスムーズにいい物件探しをすることができます。妥協できる点、ここだけは妥協できないという点をはっきりさせましょう。

お部屋選びのチェックポイント

  • 通勤(通学)時間がなるべく短い
  • 近くの駅まで徒歩で近い
  • 初期費用が異様に高くないかどうか
  • 即入居ができるかどうか
  • 近くに安くて夜までやっているスーパーがあるかどうか(近所の利便性)
  • 防音がしっかりしているかどうか(生活音がどれくらい聞こえるのか)
  • (料理をする人は)キッチンが大きくて料理しやすいかどうか

キャッシュバック賃貸がおすすめ

ウェブサイトを見ていくとたくさんの賃貸情報サイトがありますが、当サイトがオススメする賃貸情報サイトは「キャッシュバック賃貸」です。
この賃貸サイトはもちろんたくさんの賃貸の中から自分にあった賃貸を探すことができますが、それだけではなく、なんとこのサイトから賃貸契約をすると最低でも5,000円のキャッシュバックがもらえるのです!
企業努力により実現したこのお得なサービスを使わない手はないでしょう。

キャッシュバック賃貸

不動産会社と契約する際に気をつけておくべきポイントは?

賃貸契約をしてから後悔しないために、気をつけておくべくポイントも押さえておきましょう

まず、気をつけておきたいポイントは「物件の情報、設備、契約期間、家賃、敷金、礼金、大家さんと管理会社の連絡先、解約時の手続き」についてでしょう。あとで知らないと言っても通用しないのでしっかりとした確認が必要です。
特に気をつけておきたい点は「重要事項説明書」です。
重要事項説明書とは、後日、金銭トラブルなどが生じないように契約前に、国家資格保有者である「宅地建物取引士」が、説明書に基づいて説明をすることになっているというものです。
この書類にサインするいうのは「しっかりと事前に説明を受けました」というものになりますので、難しいからと言って安易にサインするとあとで大きなトラブルになることもあるのでしっかりと事前説明を確認してからサインすることにしましょう。もし、わからないことがあればその場で担当の人に必ず確認をすることにしましょう。

これを知っていれば回避できる!やってしまいがちな失敗パターン

陥りやすい失敗1.立地条件にこだわった結果、周辺環境や設備を見落としてしまった

初めて部屋探しをするとき、学校や会社などから近いか、最寄りの駅はどこかなど、立地条件にこだわる人が多いようです。その結果、駅から近くて便利なのはいいけれど、住んでみたら「大通り沿いなので夜酔っぱらいがうるさい」「学生街なので夜騒がしかった」「都心なので物価が高い」なんて失敗談も。

また、便利さに気をとられ、部屋や共用スペースの設備を見落としていて、「収納スペースがほとんどなかった」「宅配ボックスがないので宅配便が受け取れない」「バイクに乗るのにバイク置き場がない」など、不満が残る声もあがっていました。

部屋探しのプロによると、「部屋そのものだけでなく、駅までの道を実際に歩いたり、周辺の夜の様子をチェックしておくと、より納得がいく住まいが手に入ります。引越し後の生活スタイルを想像して、必要な施設などをリストアップしておくといいですよ」とのこと。よく利用する施設は、駅までの道沿いにあると便利だそう。

陥りやすい失敗2気に入ったポイントに気を取られ、引越してから他の設備の使いづらさに気付いた

次は、気に入ったポイントがあったため契約したけれど、引越してみたらほかの部分が「使いづらい……」と後悔するパターンです。例えば、「ロフトが気に入ったけれど、仕事が忙しくて、疲れて帰ってそのまま床のラグで寝てしまう」「水まわりが充実していて自炊には最高だけど、収納が狭くて荷物が出しっぱなし」「最上階で広いけれど、日当たりがよすぎて暑い」「オートロックが安心。でも幹線道路に面していてうるさい」など。

これは、

 

条件に優先順位をつけること最低限の妥協ラインをあらかじめ決めておくことで失敗を防ぐことができます。内見時に見落としがちな設備としては、「収納が狭い」「キッチンが狭い」「洗濯機置き場が外」「水まわりの動線が使いづらい」「天井が高く冬寒い」「ユニットバスが使いにくい」「防犯面が不安」など。人によって気になる部分は異なるので、自分の生活パターンを考えて優先順位をつけましょう。

 

また、「置きたい家具・家電がうまく置けなかった」ということもあるようで、「内覧時に置き場所の確認ができるようメジャーがあると便利です」とのことでした。

陥りやすい失敗3.  

家賃は気にする人が多いけれど、敷金・礼金や保証金、仲介手数料などの諸経費があることを忘れてはいけません。賃貸物件には初期費用として以下の費用が原則かかります。

1:敷金……賃料の1~2カ月程度
2:礼金……賃料の1~2カ月程度
3:仲介手数料……一般的には賃料の1カ月分
4:管理費……物件により異なる
5:保険料……万が一の際の家財補償や賠償責任補償、修理補償など※物件により異なるので、契約前に必ず不動産会社に確認を家賃だけ支払えばいいやと思っていると、契約時に金額を見て驚くことに。諸経費の情報もきちんと確認しながら家探しをしましょう。もちろん契約後には引越しが待っています。引越し料金のことも忘れずに。

まとめ

一人暮らしの物件選びは時間も手間もかかります。特にこれから初めて一人暮らしを始める学生さんの物件選びは何から手をつけていいのかもわからず、苦労します。しかし、うまくウェブサイトを活用したり、しっかりと事前準備をした後に現地の不動産屋にいくということをすれば、必ず素敵な物件に出会えます。
あなたの人生をより素晴らしいものにするためにも、なるべく多くの時間をかけてベストな物件を探しましょう!

サイト運営会社情報

SENPUKI Inc.
会社名 SENPUKI株式会社
所在地

#301 4-3-27
東京渋谷区渋谷青山コープパス4-3-27 301

代表者 田口 弦矢
事業内容 賃貸住宅メディア運営
不動産システム
連絡先 info@senpuki.co.jp
事業内容 賃貸住宅メディア運営
不動産システム