なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このシンポジウムは終了しました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

香川大学大学院地域マネジメント研究科主催
第17回シンポジウム

 

コロナ時代を生き抜くためのチャレンジ
~実践者から学ぶ実行力の高め方~

【開催日時】令和 2 年 9 ⽉ 12 ⽇(⼟)14︓00~16︓00
               Zoomにて開催
【主催】香川大学大学院地域マネジメント研究科
参加無料

ご挨拶

香川大学大学院地域マネジメント研究科(香川大学ビジネススクール)は、民間企業・自治体・ NPO 等において、高い志を持ってプロフェッショナルとして地域をリードする経営実務人材を養成するビジネススクールです。

今年度のシンポジウムは、「コロナ時代を生き抜くためのチャレンジ~実践者から学ぶ実行力の高め方~」というテーマです。このコロナ禍において様々な業界で活躍される方から、未曽有の状況 にどのように対応したのか、そして、今後どのように変わっていこうとしているのかお話していただき、様々な職場でコロナ禍の逆境を打破する働き方・生き方を探ります。

また新型コロナウイルス感染症対策として、研究科シンポジウムとしては初めてのオンラインにて、開催いたします。


開催概要

テーマ コロナ時代を生き抜くためのチャレンジ ~実践者から学ぶ実行力の高め方~
日時 令和 2 年 9 ⽉ 12 ⽇(⼟) 14︓00~16︓00
方法 オンライン(zoom)
主催 香川大学大学院地域マネジメント研究科
参加費 無料
方法 オンライン(zoom)

プログラム

  • 開会挨拶
      香川大学大学院地域マネジメント研究科
        原 真志 研究科長
  • ゲストトーク 「コロナ禍における取組み事例」
  • パネルディスカッション 「実践者から学ぶ実行力の高め方」
  • 経営学的視点からのヒント「実践者の挑戦から自分自身の挑戦へ」
      香川大学大学院地域マネジメント研究科
        板谷 和彦 教授
  • ゲストトーク 「コロナ禍における取組み事例」

登壇者紹介

パネリスト 森⽥ 桂治氏
株式会社ゴーフィールド取締役会⻑

「地元のうどん屋さんを守りたい」とSAVE THE UDONプロジェクトを展開している。地域資源の活性化に貢献している。同時に、自社オフィスはリモートワーク中心の内装に全面改装中。
パネリスト 福崎 ⼆郎氏
株式会社フクシン 代表取締役CEO

手袋メーカーとしてのリソースを総動員し、「1秒でも早く」をモットーにクラウドファンディングでどこよりも早くマスクを生産販売。コロナ禍でも新たな顧客を開拓している。


パネリスト 河⽥ 祥司氏
高松市教育委員会 高松市総合教育センター指導主事

香川大学附属高松小学校をはじめ、各校教諭を歴任。商店街の活性化や瀬戸内国際芸術祭など、地域の課題を様々な人と結びつきながら取り組む課題解決型学習(Project-Based Learning)を展開。
ファシリテーター ⾕ 益美氏
株式会社 ONDO 代表取締役

企業、大学、官公庁などでコーチング研修やコーポレートコーチングなど、年間約200本の実践的学びの場作りを行う。専門はビジネスコーチング及びファシリテーション。
パネリスト 福崎 ⼆郎氏
株式会社フクシン 代表取締役CEO

手袋メーカーとしてのリソースを総動員し、「1秒でも早く」をモットーにクラウドファンディングでどこよりも早くマスクを生産販売。コロナ禍でも新たな顧客を開拓している。


お申込み方法
下記のお申込みフォームに必要事項をご記入ください。

今回のシンポジウムは、オンライン(zoom)のみの開催です。

お申込み後、48時間以内にオンライン参加のためのURL等を
chimane0912@gmail.com からお申込み時に入力した e-mail 宛に送付いたします。
応募締切
9 月 9 日(水) 23:59 まで

※定員になり次第、締切とさせていただきます。