【2020年版】子供用GPSおすすめランキング!
口コミ評価が高いのはこれだ

「子どもの登下校や習い事の帰り道で危険な目に遭っていたらどうしよう」そんな不安を抱えてはいませんか?

子どもにスマホや子供用GPSを活用すれば、居場所や行動範囲をスピーディーに把握することができます。

そこで、この記事では子供用GPSの選び方・おすすめランキング・注意点についてわかりやすく解説します。

子供用GPSの選び方は?比較のポイント

現在地の確認が可能か
子供用GPSには多彩な機能が搭載されています。

その中で現在地の確認が可能かどうか、これが大きな重要ポイントになります。

子供用GPSの機能や端末によっては、子供が今どこにいるか、位置情報を取得する機能以外にも便利な機能が多数あります。

位置情報の確認について、一定の間隔で位置情報を把握できる機能がついた子供用GPSもあります。

任意にタイミングを設定して、子供が今どこにいるのか、検索する便利な機能が付帯された子供用GPSもあります。
通知機能が豊富か
子供用GPSはどんなタイプのものを選んだら良いか迷う場合は、通知機能が豊富なものを選んでおくと安心です。

子供用GPSを利用している子供から親に向けて、現在位置を親の持っているスマホに発信・通知できる機能がついたものだと安心です。

中には、親が一方的に子供の位置情報を確認する機能のみ付帯された子供用GPSもあります。

しかし、子供が道に迷ったり、危険な目にさらされた場合に、子供から親にSOSを発信する機能として子供の側から親に現在位置を通知する機能は必須です。

子供用GPSは、子供の迷子防止の役割も果たしています。

親子でショッピングに出かけていて、子供が親からはぐれてしまった時にも、子供用GPSを通して子供が通知すれば迷子になる心配もありません。

通知機能をうまく活用すれば、親子揃って安心してショッピングを楽しめます。

デパートやショッピングセンターで、迷子のお知らせの館内アナウンスされることもなくて安心です。
行動履歴が見れるか
子供が朝早く学校に登校してから下校、帰宅するまでの間、帰りが遅くなると、子供の1日の行動が気になるものです。

子供用GPSには、行動履歴が確認できる機能がついたものもあります。行動履歴を見れば、子供が今日1日、どの場所に行ったのか、一目で把握できます。

子供が行った場所が学校や習い事・塾など、日常的に出かける場所であれば安心です。

しかし、学校や塾から離れた場所など、子供がふだん行ったことのない場所に出かけた場合は注意が必要です。

子供の行動履歴を親が把握しておくことで、子供が行動パターンを知ることができます。

子供の行動履歴が記録されるGPSを選択する場合、最大で何時間・何日分の履歴が残るのか、要チェックです。
行動履歴が見れるか
子供が朝早く学校に登校してから下校、帰宅するまでの間、帰りが遅くなると、子供の1日の行動が気になるものです。

子供用GPSには、行動履歴が確認できる機能がついたものもあります。行動履歴を見れば、子供が今日1日、どの場所に行ったのか、一目で把握できます。

子供が行った場所が学校や習い事・塾など、日常的に出かける場所であれば安心です。

しかし、学校や塾から離れた場所など、子供がふだん行ったことのない場所に出かけた場合は注意が必要です。

子供の行動履歴を親が把握しておくことで、子供が行動パターンを知ることができます。

子供の行動履歴が記録されるGPSを選択する場合、最大で何時間・何日分の履歴が残るのか、要チェックです。
複数人による見守りが可能か
子供の行動は母親ひとりではなく、複数の家で把握しておくと安心です。

そのようなニーズに応えてくれるのが、ひとりの子供の現在位置を複数の家族で見守る機能です。

家族の人数が多い場合や、地域の人々や親戚など大人数での見守りが必要な場合は、見守り人数が無制限のGPSを選んでおくと安心です。
バッテリーの持ち、防水対応か
子供用GPSの端末は、バッテリーが長持ちすること、防水対応であることが絶対条件です。

子供用GPSはスマホと連携した使うものなので、GPSとともにふだん使っているスマホのバッテリーが長持ちすること、防水対応であることも重要です。

子供用GPSが高機能であっても、スマホのバッテリーが消耗していたら何の意味もありません。

子供用GPSを使うのは学校の登下校や習い事の時だけではありません。

遠足・合宿・家族とのアウトドアライフ・旅行など、さまざまなライフシーンで活用します。

スマホや子供用GPSが雨に濡れてしまい、使えなくなってしまったら、本来の機能は果たすことはできません。スマホの一部の機種には、防水防塵に対応していないものもあります。

親子のスマホ選びでは、防水防塵対応のスマホを選ぶ必要があります。

GPSやスマホの防水防塵の強度を示す記号には、IP67・IP68などがあります。この2桁の数字の前「6」は、防塵機能、鵜瀞の1桁の「7」「8」の数字は防水機能です。

IP67の場合は、「IP6X+IPX7」と表示されることもあります。
子供用GPSを利用する上で、親子のスマホ選びにも注意が必要です。

【2020年版】子供用GPSおすすめランキング!

今もっとも人気の高い子供用GPSを9つセレクトしました。

費用・本体価格・サイズ・GPS機能など、さまざまな観点から比較して、お気に入りのものを選んではいかがでしょうか。

ソラノメ

バッテリーの長持ちとSOS通知を重視して子供用GPSを選ぶなら、ソラノメ (soranome)が最適です。ソラノメは、専用のGPS端末による子供の守りサービスとしておすすめです。

子供が危ない目に遭う前に、SOSボタンを長押しまたは3回押すと、お手持ちのスマホに通知されます。

SOSボタンを押した場合は、子供の位置情報について1分ごとに通知されます。
ただし、SOSのボタンを非常時だけではなく、親子間であらかじめ約束事をしておけば、別の行動時に使うことも可能です。

たとえば、「塾の時間が終わったので迎えに来て欲しい」というサインを表わすのに、SOS機能を使う方法もあります。

しかし、日常の生活の中で頻繁にSOS機能を使うと、本当に非常事態が発生した場合に親が把握しづらくなる場合があるので注意しましょう。

費用:月額料金490円
本体価格:13200円
※24回の分割払いの場合は月々550円×24回
※初月のみ3000円の事務手数料が必要
サイズ:51mm×51mm×15mm 本体重量38g
GPS機能:子供の移動履歴を30日前まで閲覧できる
指定内のエリアに入った時・出た時に迅速に通知する
通知機能: 緊急事態が発生した時にSOSボタンを長押しまたは3回押すと、親のスマホに通知が届く
GPS端末本体のバッテリーが少なくなったら親のスマホに通知が届く
見守り人数:最大4人まで
バッテリー: 電池の持続時間は最大で1週間程度

みもり

「みもり」の基本コンセプトは「保護者に安心感を与えるとともに子供の安全を保護すること」です。

「みもり」は、不審者情報システムの開発で知られる「マチコミ」から新たに誕生した子供の見守りサービスです。

「みもり」のおもな機能は、子供の居場所を把握する機能、子供が日常的に行く場所の出入りの状況確認です。

さらに、不審者情報との連携により音声で注意を促す機能、緊急・危険時のSOSサインなどの機能が付帯されています。

「みもり」は生活防水にも対応しており、防水スピーカーが内蔵されています。

ランドセルや首から下げるのに便利なストラップホール付きです。

別売りの専用ケースと合わせて使えば、LEDライトの光が明るく照らしてくれます。

費用:本体価格 8580円
月額料金 748円
2年間の使用で26532円
サイズ:幅 54mm × 高 54mm × 厚 20mm
重量55g
GPS機能:現在地検索機能・通知エリア機能・現在地の表示と行動履歴の確認機能
通知機能:音声警告機能・不審者情報連動・乗り物移動通知
見守り人数:8人
バッテリー:1,300mAh リチウムイオン
※連続利用日数はエコモードで2週間前後
更新間隔優先モードは10日前後

GPS BoT

GPS BoTは新世代のAIみまもりロボット、子供の行動に特化したGPSとして人気があります。

使用方法は、GPS BoTを充電しておいてランドセルや習い事用のバッグに入れておくだけです。GPS BoTは生活放水・防塵・耐衝撃性が強いのが大きなメリットです。

他の子供用GPSと比較して大きく異なる点は、子供の位置情報に重点を置いていることです。

費用:月額料金:480円(税抜)
本体価格:4800円(税抜)
サイズ:50 mm? 50mm ? 18mm・重量46g
GPS機能:通知エリア機能・現在地の表示と子供の行動履歴の確認機能・見守り機能は
制限・行動範囲機能は自動設定
通知機能:子供の居場所を通知する機能
※最短15分でオートサーチ
※モーションAIによる自動検知で自動的にサーチ
見守り人数:無制限
バッテリー:リチウムイオン電池1400mAh・最長1ヶ月は充電の必要なし
※充電時間は3~4時間

ココセコム

ココセコムと言えば、ホームセキュリティや事務所・ビルのセキュリティサービス・警備のSECOMが提供する子供向けの見守りサービスです。

子供の習い事の帰り、暗い夜道を歩く時にも、ココセコムを持っていればいざという時の強い味方になってくれます。

ココセコムでは子供の居場所を確認することはもちろん、不審者対策としても活用できます。子供の緊急時にはシンプルな操作でセコムに通報することができます。

子供の通報をセコムが受けた後、速やかに家族に連絡してくれます。

セコムの長年の警備・セキュリティのノウハウがギッシリ詰まったココセコムは、ここ数年で利用者も増えています。


費用:月額料金900円(税別)から
本体価格:ココセコム本体はセコムからのレンタル
※本体価格は月額料金に含まれる
月額料金:毎月10回プラン 900円(税別)
毎月30回プラン 1900円(税別)
毎月60回プラン 2900円(税別)

○加入料金
郵送申込みの場合は6000円(税別)
インターネットでの申込みの場合は4500円(税別)

○位置情報提供料金(都度)
専用ウェブサイトから検索 100円(税別)
※無料回数超過分は1件につき100円
セコムへの電話連絡 200円(税別)

○現場急行料金 10000円(税別)
※セコムのスタッフが現場に駆けつける場合1回につき

サイズ:縦7.9センチ・横4.3センチ・厚さ2.25センチ
重量53g
GPS機能:人や物 (自動車など) の位置を確認する機能・
通知機能:しらせてコール・みつめてコール
※専用ウェブサイトから子供のココセコムに信号を送信して、バイブ振動が来る仕組み
見守り人数:不明
※セコムによる見守りと現場急行サービスの活用が可能
バッテリー:連続動作時間は最大240時間
※充電時間はフル充電で約2時間

いまどこちゃん

「いまどこちゃん」は、子供用の見守りとしてはもちろん、介護が必要な高齢者のいる家庭にも最適です。

ちょっと目を離しているうちに高齢の家族がいなくなった場合、「いまどこちゃん」を付帯していれば、居場所を突き止めることができます。

「いまどこちゃん」は防水機能付き、GPSの内臓が可能な専用のケアシューズを購入すればより便利に活用できます。

ボタンを押すだで、自分の位置情報を家族に通知できます。専用のウエブサイトからGPS機能で家族以外の第三者からの位置検索も可能です。

費用:GPSを内蔵できるケアシューズ 一足7800円(税別)・9800円(税別)
月額基本料金 1800円(税別)
初期費用5000円(税別)
本体価格:GPSレンタルサービスなので本体価格は不要
サイズ:縦45.5mm・横38.5mm・幅11.85mm・重量30g
GPS機能:第三者からの位置検索も可能
通知機能:エリア通知機能・ブザー鳴動機能・タイマー設定機能・ステータス通知
見守り人数:
バッテリー:1回の充電で最長400時間(約17日)

ミマモルメ

「ミマモルメ」専用のGPS端末はコンパクトで軽量サイズ、ランドセル・カバン・レッスンバッグに手軽に携帯できます。

「ミマモルメ」のGPS検索機能で、子供の現在位置をスピーディーにキャッチします。

どの機能を何度活用しても、基本的に定額料金制なのでいつでも気軽に検索することができます。

おもな機能は、子供が登校して学校の門をくぐった時点で、登校お知らせメールが保護者に届きます。もちろん下校時にもアプリやメールでお知らせが届く仕組みです。

ふだんよりも子供の帰りが遅い時は、GPSサービスを活用すると便利です。
「ミマモルメ」専用のGPS端末は、小型タイプと防犯ブザー付きタイプの2種類があります。

費用:
○初期登録料金
小型タイプ(防犯ブザーなし) 5900円
防犯ブザー付きタイプ 6500円
○一括支払いコース 初年度690円×12ヶ月
※総支払い金額は8280円
○毎月払い790円×毎月のお支払い
本体価格:不要
サイズ:横40.0mm・高さ57.8mm×厚さ約6.1mm
GPS機能:リアルタイム検索
通知機能:子供の登校時・下校時の通知機能・エリア通知・自己位置通知・タイマー通知・振動感知
※ブザー付きのGPSはブザーで通知する機能付き
見守り人数:不明
バッテリー:電池寿命は約1年

ファミリードット

ファミリードットは、最大で24時間分の位置情報の記録について履歴を残すことができます。子供用GPSを利用する上で、バッテリーの消耗も気になるものです。

ファミリードットには、スリープモード・フライトモードなど、用途に合わせてバッテリーの設定を使い分けることができます。

行かんにはスリープモード、乗り物に長時間乗る時や長時間の外出時にはフライトモードに切り替えるなど、上手に使い分けると良いでしょう。

バッテリーの残量が気になる時は、スマホからいつでも確認・閲覧できます。

費用:GPS端末本体と2年分の使用料込みで16368円(税込)
※2年間の使用期間経過後は5000円(税別)で1年間の利用期間の延長が可能
※利用期限3ヶ月前にはファミリードットのアプリの設定画面から購入ボタン表示でお知らせ
サイズ:横45 mm×縦 45 mm× 厚さ18.5mm
GPS機能:現在地の表示と行動履歴の確認(24時間分)
通知機能:乗り物移動通知・通知エリア機能・一時エリア通知
見守り人数:複数人での見守りは無制限
バッテリー:バッテリーの持ちは5~6日・800mAh
※充電時間は1~2時間

au mamorino Watch

携帯電話でおなじみのauの小学生以下の子供向けの見守りサービスと言えば、「au mamorino Watch」(マモリーノウォッチ)です。

ふだんauの携帯電話などのサービスを利用中の人は、オトクな割引価格にて利用することができます。

マモリーノウォッチは、防水性・防塵性・耐衝撃性が高いのが特徴です。防水性能はIPX5/IPX7、防塵性能は IP5Xです。

費用:
月額料金:2年契約N・スマイルハート割引を適用した場合は月額998円
各種割引サービス適用前の場合は月額1168円
本体価格:38,772円
サイズ:約51 mm×16.7 mm×51mm(最厚部は約17.4mm)
重量 腕時計タイプは本体・ベルト込みで約68g
ペンダントタイプは本体とケース込みで約54g
GPS機能:子供の居場所確認・迷子防止機能
通知機能:はなれたらアラーム
見守り人数:不明
バッテリー:不明

Anccor Shoes

子供用のGPSは端末や腕時計だけではなく、靴もあります。

ふだん子供が履いている靴で、子供の居場所を感知するなら、「Anccor Shoes」がおすすめです。

子供は日々活発に過ごしており、何事にも好奇心旺盛でふだんは行かないような場所にも出かけることも多いです。

活発で行動的な子供にピッタリなのがGPS Shoes for Kids、その名の通り子供用のGPS機能が搭載された靴です。

撥水性・クッション性にも優れており、ウォーキングシューズとしても活躍します。

バッテリーが消耗したら、ワイヤレス式で充電できるので、わざわざ靴からバッテリーをその都度出す必要もありません。

費用:
月額料金:不明
本体価格:22244円
サイズ:子供用の靴のサイズ
※カラーバリエーションはブルー・ピンク・ホワイトの3カラー
GPS機能:あり
通知機能:不明
見守り人数:不明
バッテリー:省エネ設計

子供の居場所確認にはスマホじゃだめ?

子供の居場所を確認する方法はスマホにインストールした子供用GPSを活用する方法が今や主流となりました。
スマホを活用すれば便利だし、さまざまな活用方法があります。

単に子供の見守りを行うだけでなく、高齢者の見守りにも便利です。しかし、その一方でいくつかのデメリット・注意点があります。

・親と同じキャリアじゃないと使えないことが…

子供用GPSを利用するにあたり、親子間のスマホが同じキャリアでなければ使えない場合があります。

子供用GPSを使うことを念頭に置いた上で、親子で同じキャリアのスマホを選択することが重要です。

・居場所確認(GPS検索)に通信料かかる

GPS検索で居場所確認を行うには、通信料がかかることも踏まえておかなければなりません。通信料をできるだけ安く抑えて、子供用GPSを上手に活用することが肝心です。

・スマホは余計な機能が多い

スマホが1台あれば便利な反面、余計な機能が多いものです。

頻繁にスマホを使うと、電池の消耗が早くなるので注意が必要です。

余計な機能はできるだけ使わず、不要なアプリは消去するかの設定をオフにしましょう。

・学校にスマホの持ち込み禁止の場合がある

近年はスマホが幅広い世代に普及しており、子供の安全を確保するためにもスマホのニーズが高まってきました。一部の小中学校・高校では、スマホの持ち込みを解禁したところもあります。

その一方で学校の教育方針により、子供がスマホを持ち込むことを禁止している場合もあります。学校への持ち込みが禁止の場合は、子供用GPSは登下校では使えないことになります。

学校にスマホの持ち込みができない場合は、塾や習い事、旅行やアウトドアライフなど、学校以外の場所でGPSを活用すると良いでしょう。

スマホの持ち込みが禁止である場合は、スマホ以外の方法で子供の見守りサービスを利用する方法もあります。

ランドセルに専用のICタグを入れておけば、子供の登下校の履歴・位置確認も把握できます。月額料金はかかりますが、子供の安全を確保するためにもその必要性は高いです。


まとめ

この記事では、子供用GPSの選び方・おすすめランキング・注意点について解説しました。

日本は外国と比較すると安全な国と言われていますが、近年は子供を狙う犯罪が増えてきました。

子供にまつわる事件は、いつどの地域で発生するか予測もつきません。

ふだん使っているスマホで、子供の安全確認ができたら親としては安心です。

子供用GPSは、子供の万が一の緊急事態に備えるだけではありません。

子供の今日1日の行動スケジュールを把握できるので、子供の行動パターンがわかります。

友達に家で一緒に勉強をしたり、公園に遊びに行ったり、子供の友人関係・社交性などもGPSを通して把握することができます。

この記事ではおすすめの子供用GPSを紹介しましたが、どのGPSも低価格で高品質なサービスが魅力です。

その中から家庭のニーズに見合うものを選び、上手に活用すると良いでしょう。