なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

回線選びに困っているならCひかりがおすすめ!?その内容は?

NURO光の設備を使用しているCひかりは、超高速回線が使用できるサービスです。
光回線選びに迷っている方に向けて、選び方のポイントやCひかりのメリット、注意点などを紹介します。
国内には様々な光回線業者があり、それぞれのサービス内容や特徴が異なります。
どの業者を選んでも同じように感じるかもしれませんが、使い方や重視したい部分によって選び方が違います。
より自分にあった光回線を選びたいなら、使い方やサービス内容から選んでみましょう。
この記事では、最適な光回線を探している人に向けて国内最速と言われているCひかりについてご紹介します。
Cひかりは、CMやインターネットで広告を掲載していないので、知らない人も多います。
光回線選びのポイントに加えて、Cひかりの特徴やメリットも解説していくので、切り替えを検討している人やこれから加入予定の人は参考にしてみてください。

光回線選びでは何を重視すべき?注意したいポイントは?

光回線は多くの業者があり、独自のサービスを展開しています。
その結果サービス内容が豊富であったり、条件によってサービスが利用できたりするため、慎重に選ばなければお得に利用できないケースもあるでしょう。
ここでは、光回線選びで重視したい部分や注意すべきポイントについて解説していきます。

通信速度はどれくらいか

光回線を選ぶなら通信速度を確認してみましょう。
多くの光回線で最大2Gbsと提示しているため、どこを選んでも高速で使用できると思うかもしれません。
しかし、実際に出ている速度は各業者によって異なります。
各社の速度は、実測できるサイトやSNSを使用して調査するのがおすすめです。
また、IPv6オプションを使用できる光回線でも良いでしょう。

サービス提供エリア内か

光回線はインターネットにおいて定着していますが、実は提供エリアが限られているものもあります。
eo光は関西地区限定、コミュファ光は東海地区限定、NURO光は北海道、関東、関西、東海、広島、福岡、岡山、佐賀限定のサービスです。
今後提供エリアは変わっていくかもしれませんが、申し込む前に光回線サービスの提供エリアかどうか確認してみましょう。

開通工事はどうなっているか

初めて光回線を申し込む場合、開通工事が必要です。
新築の戸建てやアパートやマンションで回線工事が行われていない場合、工事を行って配線を住宅内に引き込まなければ使用できません。
開通工事が行われていない場合、工事費用がかかります。
賃貸の場合は、不動産会社や大家さんに工事の許可が必要です。
事前に開通工事が必要なこと、費用がかかることを把握しておきましょう。


光回線選びでは、このような条件が加わっている場合があります。
条件がある場合、一見お得に見えて実はお得にならないケースもあるので気を付けましょう。

契約期間に条件がある

光回線はお得に利用できる一方で、2年や3年という期間の利用を求めている場合があります。
例えば、2年間使用する契約なら毎月の利用料金が割引になりますが、決められた期間使用する契約をしなかった場合は割引されないというものがあります。
この契約によって毎月2,000円くらいの差が生じるものが多く、1年間で24,000円の差が出ます。
このような契約期間の条件は、安く利用できる代わりに一定期間解約できないもので、短期の契約解除は違約金を求められるでしょう。

途中解約で違約金が発生する

契約期間内の解除では、違約金が発生する場合が多いでしょう。
サービスによっても金額が変わりますが、20,000円~30,000円程度のものもあり、解約によって予想以上の出費になるケースもあります。
契約更新月なら問題ありませんが、期間を間違えてしまうと請求されるので注意しましょう。

自分に適した回線を探すなら?ポイントについてご紹介

自分に適した光回線を探すなら、どのような選び方をするとよいでしょうか?
ここでは、光回線選びのポイントを紹介していきます。

スマホとセットで割引になるか

光回線は業者によってスマホとセットで割引になるサービスを提供している場合があります。
同じキャリアの光回線に申し込むと、キャッシュバックや毎月の割引などお得になるケースが多いです。
毎月のスマホ代の節約にもなるので、スマホ割もチェックしてみましょう。

実質費用は安くなっているか

光回線を選ぶ場合、実質どれくらいの費用がかかってくるのかを比べてみましょう。
初回限定などの割引、キャッシュバック、開通工事費用無料など業者によって様々な割引を提示しています。
割引の内容やキャンペーンでどれくらい安くなるのかを比べるだけでなく、長期間の利用でどれくらいお得になるかを計算してみましょう。
月額料金は多少割高でも初回に大きな割引やキャッシュバックがある場合、総合的に判断するとお得になるケースもあります。

低コストで高速回線ならCひかりがおすすめ!?

低コストなのに高速回線が実現できるのがCひかりです。
CひかりはNURO光と同じ回線設備を使用しているため、NURO光を利用している人なら名前だけ聞いたことがある人もいるでしょう。

Cひかりは2018年からサービスを開始したため、詳細について知らない人も多くいます。
Cひかりはまだ全国でサービス提供されておらず、限られた地域のみとなっています。
提供されている地域は
北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県、静岡県、岐阜県、三重県、愛知県、兵庫県、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、福岡県、佐賀県です。

料金についてですが、契約年数に関わらず月額基本料金は税込5,478円です。
回線使用料とプロバイダ料金が含まれているため、他の光回線に比べてお得に利用できるでしょう。
独自のオプションもあるので、必要なものだけ加入できるのがポイントです。

切り替えを検討する際に知っておきたいメリット&デメリット

Cひかりは、切り替えを検討している人に対していくつものメリットがあります。
ここでは、切り替え時に知っておきたいメリットとデメリットを紹介します。
切り替えを迷っている人は参考にしてみてください。

他社の解約金を負担している

Cひかりは毎月の料金が安いだけでなく、切り替えによって発生した他社の解約金を負担してくれるキャンペーンを実施しています。
光回線の乗り換えには高い解約金がネックになることがありますが、Cひかりなら全額負担してくれるので切り替えのメリットを感じるでしょう。

工事費の残債をキャッシュバック

初めて光回線に申し込んだ場合、工事費用が必要です。
費用は40,000円程度かかることが多く、毎月の利用料金に工事費用を分割で組み込んで支払うことがほとんどです。
解約時には違約金以外にも、工事費の残債を清算しなければなりませんが、Cひかりでは工事費の残債もキャッシュバックしています。
負担にならずに切り替えできるのも大きなポイントでしょう。

適用までに8ヶ月かかる

多くのメリットがあるCひかりですが、これらのキャンペーンを適用するには契約から8ヶ月という時間が必要です。
8ヶ月後に送付される書類に記載し、解約金がわかる明細を添付するとキャッシュバックされます。
結果的に損をすることはありませんが、適用までの時間がかかるので一時的に立て替えなければなりません。

まとめ

Cひかりは、最大2Gbpsの速度で月額料金もプロバイダ料金込みなので、とてもわかりやすいです。
NURO回線を使用しているため、安定した速度で利用できますが、まだ適用地域が限定されています。
お得なキャッシュバックもあるので、適用地域で切り替えまたは光回線契約を検討している人はCひかりへの加入を検討してみましょう。