「地方創世」とは

中央が地方を創り生む「地方創生」ではなく、地元が小さな星々のように自立し輝く。そして、その星達が繋がり、集い、地方になり世界を創っていく「地方創世」。
その未来こそが私の願いです。

地方創世への出発


都会からやってきた地域活性の専門家(自称)にもう何十年も地方の課題を扱わせ、依存し、何が起こって、何が解決してきましたか?
「地方創生」という字は
「地方を創り生み出す」という、
中央が偉いんだ!という上から目線の力を感じてしまいませんか?

けれど、その中央のエリートの皆さんが何十年も同じことを繰り返し、彼ら大本営の言ったとおりにやってきても何も変わっていません。むしろ状況は悪化している。
それが、今のこの国の現在地です。

本当はこうしたエリート達に依存するのではなく、本当に地域に根差して主体的に活動している人たちを応援し、繋がっていく。そして、地域の小さな芽を自分達で大事に育てていく。その積み重ねこそが大切だったのではないでしょうか?

小さくとも自立した小さな人同士が地域の内外を超えてさらに繋がりあい、新しい価値を産み出し、また新しい芽を生み、育んでいく。そんなイノベーティブで足元からの底上げをしていくこと。その積み重ねをコツコツと繰り返すことが、地域(Local)の人々が幸せに暮らしていく解答の一つだったのではないでしょうか。

私が「地方創世」という字を使う理由もそこにあります。

一人一人がたった一人としての個性をお互いに尊重しあい、自分らしいライフスタイルを描き、キャリアデザインを考え、それぞれの目的に向かって進んでいける。

そんな新しい時代へ向かう人々と人生を加速させていきたいのです!
【動画】伊那市・地域おこし協力隊 定住率100%のワケ(15:00~)

それぞれの立場に寄り添い伴走いたします!!!!


地方自治体の方
移住者が多くても定住率が低ければ
地域の活性化につながりません。
伊那市は協力隊定住率100%!
その秘密を教えます!
地域おこし協力隊の方
自治体選びや、地方での活動にあたり、
不安はありませんか?
卒業後幸せな移住生活を送るための方法
が見つかります!
地域おこし協力隊の方
自治体選びや、地方での活動にあたり、
不安はありませんか?
卒業後幸せな移住生活を送るための方法
が見つかります!