ジャズ・アコーディオンのメッカ、パリ在住の作曲家でもあり、アコーディオニストのtacaさんをお招きしてお送りする「原点」をテーマにしたトーク&ライブ。
力強く、優しく、心にダイレクトに迫るアコーディオンの音色を、tacaさんのお話と共にお楽しみください。
日 時 2019.7.14 sun

受付 12:30〜 / 開演 13:00
※15:30終了予定
場 所 東京ガーデンパレス
参加費 大人 4,800円 高校生 2,000円
中学生までは無料
日 時 2019.7.14 sun
お申し込みはこちらから

taca プロフィール

アコーディオニストtacaプロフィール画像

taca (作曲家/アコーディオニスト)

1977年岡山生まれ。9才でアコーディオンを始める。20才でイタリア留学、その後パリへ。
クラシック・アコーディオンを Frederic Guerouet、ジャズ・アコーディオンを Daniel Mille、Crestiano Toucas、作曲を Daniel Goyone、アレンジをJean Gobinet, Carine Bonnefoyの各氏に師事。
2005年に仏クルヌーブ・オーベルビリエ国立地方音楽院アコーディオン科を首席で修了。
仏マルシアック、シャテルロー、アンギャン、ドー ビルなどに加え、マダガスカルの国際ジャズ・フェスティバル、アルバニアのティラナワールドミュージックフェスティバル(2016)、広島国際映画祭(2017)に参加。
2017年のパリコレにてフランス人デザイナーのAlex Rotinのショーで演奏。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での演奏、映画音楽、ダンサーとの即興や歌手、ミュージシャンとのコラボレーション、実験音楽も積極的に手がける。

2008年にアルバム『風の谷』でデビュー。
『la route de la soie/silkroad project/taca』(2009)、『Wind of Legend/taca-Wind of Legend』(2012)、 『LETTERS/taca』(2013)、『IL CINEMA DELLA VITA/レラーブル』(2013)、『とわのひかり/Aco+taca』(2015)、『幸道 / レラーブル』(2016)、『WoodBlast/taca-WoodBlast』(2017)、『40/taca』(2017)、『AlNiyat/AlNiyat』(2018)、『Images』(2018)をリリース。

東京ガーデンパレス

東京都文京区湯島1-7-5

[会場へのアクセス]
JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩5分
東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩8分
・お申し込み後にやむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、メール(cheer.world.cheer@gmail.com)にてご連絡ください。
・会場内でのビデオ・写真撮影、および携帯電話での撮影はご遠慮ください。
・携帯電話、時計のアラームなど音の出るものはマナーモードに設定するか、電源をお切りください。
・会場内でのご飲食はご遠慮ください。
【主催・運営】チア・ワールド

チア・ワールドは女性の文化・生活向上を掲げ、「本来の自分で生きることの価値に気づく」を応援しています。