転職先の会社のチェックポイント
ここでは、
一般的な転職のときに見ておきたいチェックポイントを厳選して紹介します

チェックポイント

①転職先の社員

各々、転職検討ラインはもちろん持っていて、人によっては最も重要なのは「人間関係」な人も多いです。他に何のメリットもない会社でも、とりあえず人間関係がうまく構築できるのであれば何とかなる実感があります。

いくら給料などが良くても一緒に働く人との関係が悪いとか、どうにも上司の態度が合わないとかだと非常にツラく、ストレスがたまってしまい続きません。

②会社のカルチャー

いわゆる社風のほかに、人間関係やチームワークも含まれます。

相性や人間関係など属人的な要素は聞かれても説明するのが難しいので、視点を変えて、人事考課の際の評価項目を確認してみましょう。個人の業績とチームへの貢献度が同じ比重で評価されるかどうかです。もしも個人の業績だけが評価対象だとしたら、メンバー同士の協力の意識は薄くなるのかもしれません。

最近では、企業のWebサイトなどでも、教育制度や評価制度を説明している企業もあるのでチェックしてみましょう。
ほかには規模の小さい会社やオーナー社長の会社であれば、社長のバックボーンが影響しているかもしれません。例えば「社長自身が技術者出身」といったスキル面での出自や、「大手IT企業の○○○社の出身」といったこれまで歩んできた経歴の社風や人脈面での出自から会社のカルチャーをうかがい知ることもできます。
社長や経営層のこれまでの経歴を調べてみたり、企業のサイト上では”社長挨拶”といったページで社風を表すワンフレーズを探してみましょう。また、面接や転職イベントなどではこのように聞いてみるとよいでしょう。

③会社の将来性

会社の将来性は、会社の主軸となっている商品の差別化ポイントなどの競合優位性を見て判断するとよいでしょう。
そもそも競合優位性がなかったり低い場合は倒産リスクが考えられますし、競合優位性があったとしても、その優位性自体が一般的な技術などで簡単に真似することができる優位性であれば、現時点で売上が好調であっても会社の将来性があるとは言えません。
また、実際に社内の人に話を聞くチャンスがあれば、商品自体の競合優位性だけでなく、販売戦略や業界全体の成長見込みなど、視点を変えた質問をしてみるとよいでしょう。人脈のある社長や力のある営業スタッフ、競合優位性のある商品はもちろんですが、販売ノウハウやその教育制度など、人や商品に依存しない普遍的な強みがあるかどうかも会社の将来性を判断するポイントになります。

④仕事内容とそのレベル

仕事選びの一番のコツは、その仕事を誰よりも自分が好きかどうか、興味を持っているかどうか、楽しいと思えるかどうか、ワクワクできる仕事かどうか、夢や希望が持てる仕事であるかどうか。
会社で働くうえで、自分が何をもってモチベーションを高めることができるのかを考えてください。給料や将来性、やりがいやスキルアップなど、何かしらの要因があるはずです。また、それぞれのバランスも重要となります。

たとえば、給料が高かったとしても、興味のない仕事であればモチベーションは下がってしまいます。また、興味のある仕事でも、将来性が無ければ意味がありません。なので、自分のモチベーションが維持できる適切なバランスを理解することが大切です。

⑤年収や福利厚生

■給与形態

まず、月々の生活に最低限必要になる金額を計算してください。それが、給与の最低条件となります。それを踏まえたうえで、自分の希望する給与の金額を出すようにしましょう。
おおよその目安を明確にしておけば、面接でもスムーズに交渉することができるはずです。ただ、現在の仕事が大手企業だった場合、転職によって初任給が下がる場合があります。ですから、将来的な昇給を踏まえて交渉をするようにしましょう。

■労働条件

労働条件の確認も、忘れてはいけません。同じ8時間勤務であっても、時間帯によって体への負担は大きく変わります。始業や就業時間の確認や早朝、深夜勤務などがあるかも把握しておいてください。

また、休日についても、土日以外に設定している企業は多いです。なので、家庭の状況や自分の生活スタイルに合わせて確認するようにしましょう。

【おまけ】
好きな町で働くことも大事

たとえば、なじみのない街で働いている場合を想定してみましょう。1日に働く時間は平均8時間から10時間くらいの人が多いようです。それだけの長い時間をなじみのない街で過ごすことは、自分自身のリズムにかなり大きなインパクトがあります。

本来、人間は変化があっても時間とともに慣れ受け入れていきます。それでも、自分が「好きになれない街」で働くことは、結果として仕事に対するモチベーションをキープできなくなるのではないでしょうか。だからこそ、理想的な働き方を実現して、パフォーマンスをあげたいと思う人には、まずは働きたい場所選びから入ることは、実はとても合理的なのです。

最後に

やはり転職先の会社を判断するチェックポイントとして一番重要なのは会社の規模や業績、開発力や営業力などの指標を見て決めるだけではなく「自分が輝ける会社」や自分のパフォーマンスが上がる可能性のある会社を選ぶ視点を持つことが大切だと筆者は考えます。