新卒採用に関するお問い合わせは以下よりご連絡ください。

株式会社チェンジ 採用担当
recruit@change-jp.com

会社説明会、選考エントリー、インターンは、随時個別カスタマイズで実施しています。
まずはお気軽にメールにてお問い合わせください!

●社内インタビュー動画
 ・ 代表インタビュー
 ・ イベントレポート(月例LT会)
 ・ 社員インタビュー

●代表(福留)インタビュー動画
「地方自治体との接点拡大で急加速!!チェンジの福留大士社長|JSC Vol.006(Japan Stock Channel)」
  第1回 第2回 第3回

 [創業者対談]クラウドエース×株式会社チェンジ(クラウドエース株式会社様コーポレートサイト)

●代表(神保)インタビュー音声
 ・ お仕事本舗 ハッピープロジェクト 第八十六回放送 (エフエムたいはく/ 株式会社アジア・ひと・しくみ研究所 )

●伊藤(副社長/NEW-ITサービスユニット責任者)
 ・ 裁量を与える風土において、 目標設定や支援行動をいかに行うべきか?(㈱アトラエ wevoxBLOG)

●高橋(執行役員/ NEW-ITサービスユニット内AI関連事業責任者)
 ・ AI活用の「いろは」(富士通マーケティング社 公式サイト内コラム)


ABOUT

<人×技術>生産性のエキスパートが日本の生産性をCHANGEする

これからの日本では急激に労働人口が減少していくことが予想されます。そのような環境で、鉄道・空港などの社会インフラ、地方自治体などの官公庁、メーカーなどの日本を代表する企業でも、人手不足に陥る可能性が高いといわれています。
私たちは、「人口減少の中で、一人ひとりの生産性を向上させ、持続可能な社会をつくる」というビジョン実現のために、人と技術の両面で生産性を向上させるお手伝いをしています。特に、大企業や中央省庁のお客様が中心で、AIやIoT、ロボットといった新しい技術を活用したり、人材の教育を通して能力を向上させるプロジェクトを多数展開しています。

メンバーは、自身の能力や経験に応じて、自分のやりたいテーマを自由な環境で追求できます。これからチェンジに入社いただく方にも、社会を変えるようなチャレンジングなテーマに取り組んでいただきたいと思います!

ミッション・ビジョン

私たちは、”Change People, Change Business, Change Japan”をミッションに掲げ、人や組織の「変革(Change)」を通じて、日本が抱えているさまざまな社会課題を解決することを目的としています。
また、2021年までのビジョンは「人口減少社会において、人と技術の両面で生産性向上に貢献し、日本を持続可能な社会にする」というものです。

当社のバリュー

私たちが大切にしている価値観は、下記の3つのバリューです。

1.「新」常識を作る
直接お客様に価値提供する製品・サービスだけでなく、日々のオペレーションにおいて「新」常識を作りたい。同じことを続けることも一つの価値だが、小さなことでも革新を起こすための工夫・挑戦を日常化したい。 
2.「そこまでやるか」をやる
お客様に届けるあらゆる価値のうち、特に『スピード』に注力して「そこまでやるか?」をやる。お客様や競合が驚く速さを通して事業を成長につなげたい。 
3.「失敗の次」が本当の勝負
失敗を責めるのではなく、受け止めて解決策にフォーカスするコミュニケーションを全員で実践する。どんどん挑戦する機会を創り出す。安全を見て勝負しない/逃げるのではなく、挑戦して失敗し成長したい。

事業内容

私たちは、”Change People, Change Business, Change Japan”をミッションに掲げ、日本が抱えているさまざまな社会課題を解決することを目的としています。  このミッションは、人や組織の「変革(Change)」を通じて、様々な社会課題に直面する日本の社会をよりよい方向に導くことが私たちの究極的な存在意義であるということを意味しています。 中でも、創業以来、特に「人口減少予測」に着目しています。これに伴い、放っておけば、日本全体で生産可能な財やサービスの総量は低下していきます。ただでさえ、欧米諸国や新興国家に比べれば経済成長が鈍化している日本において、これは大きな問題だと考えています。

この問題を解決するためには、現在、先進国の中でも低いと言われている「一人ひとりの生産性の向上」が急務です。生産性を高めるためには、「優れた人材」による「優れた技術の活用」が必要です。この認識のもと、弊社では「人材育成」と「新たなIT技術の活用」をサービスの軸に据えており、変革を起こすことにつながる新たなIT技術を、「NEW-IT」と呼んでいます。生産性の革新手段としての「人材育成」と「NEW-ITの活用」、この2つがチェンジのサービスの柱です。

「人材育成」は、今後ますます加速する「ビジネスのデジタル化」に対応した人材を育成していきます。すべてのビジネスパーソンに必要な基礎的な土台となるスキルの育成サービス、昨今必要性が叫ばれている「働き方の改革」に加え、今後ビジネスにおいて必須になる「デジタル技術の利活用」についての育成サービスなどの領域を扱います。

「NEW-IT」とは、従来の「価格が高く、構築に時間がかかり、使い勝手の悪い」IT(情報技術)とは異なり、昨今本格化している「価格が安く、導入がスピーディーで、使い勝手の良い」ITを指します。弊社では「NEW-IT」を用いて、特に現場で働く人の仕事を支援することを主軸にしています。 例えば、航空会社におけるパイロットや整備担当者、ゼネコンにおける現場の監督者や作業担当者、鉄道会社における駅員や運転士。このような現場の最前線で活躍する人たちのIT化を実現するものです。

【プロジェクト事例】
HR領域
お客様(企業人事・事業部門)の人事課題に合わせ、弊社の人材育成プログラム(約100コース)から適切なプログラムをピックアップ、カスタマイズ、新規プログラム開発を行うことで、人事課題解決の支援を行っています。
企業文脈に合わせ、より実践的な事例やワークを盛り込んだ内容です。
covid 19の影響により、今春2020年4月の新卒向け研修ではオンラインでの提供に取り組み、お客様からは「対面研修と比較しても遜色ないクオリティでのデリバリーをいただいた」と評価いただきました。企業における集合研修は、オンラインの実施は今後当たり前の選択肢として取り入れられていくものと考え、弊社でもより学習効果の高いオンライン研修プログラムの企画・開発に取り組んでいます。
  • 全てのビジネスパーソンに必要な基本スキル(ビジネスOS/聞く・読む・書く・話す・考える)をインプットするためのビジネススキルトレーニングの提供
  • 専門性に関わらずビジネスに関わる全ての人を対象とした、最新の情報技術への知識をインプットするためのeラーニングプログラムの提供
  • 大企業が自社でAIやビッグデータといったNEW-ITを活用・実行するための社内人材育成 ※NEW-IT×HR

NEW-IT領域
お客様のご要望に合わせ、課題解決のための適切なITソリューションのピックアップ、カスタマイズ、実証実験、モック制作、実装、導入~運用支援をシームレスに展開しています。 受託開発を中心とし、これまでのナレッジを活用し汎用的に展開可能なソリューション開発にも取り組んでいます。 IT化が遅れる「大企業/官公庁」の「現場」にフォーカスしていることが特徴です。
  • 地下鉄のトンネル保守・点検業務の業務効率向上のための専用アプリ開発(モバイル端末、Beacon)
  • 立ち入りに制約のある場所(危険個所、時間制限等)での保守・点検・補修等の作業手順を時間・場所に制限されずに教育するための専用アプリ開発(モバイル端末×AR技術)
  • 駅係員向けに身体が不自由なお客様の案内業務の品質向上と業務効率化を実現する専用アプリ開発(モバイル端末)
  • 工事現場作業員の健康管理および安全確認業務管理のための専用アプリ開発(Apple Watch)
  • 自治体とコラボして地域の高齢者の健康増進や孤立防止を目的にAIスピーカーを活用する実証実験(音声スキル、チャットボット)
  • 地方自治体の窓口業務の効率化を進める実証実験
  • ビジネス現場におけるドローンの活用検討~実証実験~ソリューション開発
  • リモートワークをセキュアな環境で行うための業務端末管理ツール、建築現場の生産性向上のための360度画像による画像管理ツール等、海外発のITソリューションの導入~運用支援(BrackBerry、StructionSite)
  • 自治体の生産性向上のための実証実験
  • 自治体内ネットワークにて利用可能なチャットツールの開発~実装(LoGoチャット)
SERVICE

<Case.1>東京メトロ様(NEW-IT領域)
iPad活用によるトンネル検査の業務効率化を行ったプロジェクトです。
トンネル内のメンテナンス現場にて、従来は紙記入・カメラ撮影を行っていた保守作業にiPadを活用しました。導入後は、二重入力がなくなり、補修計画立案までのリードタイムを約3か月間短縮することができました。
さらにトンネル内にビーコンを設置し、位置情報を把握。過去の検査箇所を通過の際に、アラートを発信。検査漏れを防止することで、人為的ミスも防止しています。

<Case.2>東京メトロ様(NEW-IT領域)
iPad×ARでトンネルや橋の安全を守る技術者育成を効率化するプロジェクトです。
トレーニング施設内に設置されている模擬トンネル・模擬橋りょう・高架橋に、AR技術でiPad アプリの画面上に実際のトンネルや橋りょう・高架橋に存在する故障個所を再現しました。これにより、実際の検査業務と同じ手法・手順で維持管理技能の模擬体験が可能となり、研修生の理解度向上や安全かつ時間的制約を受けない研修の実施が可能になりました。

マイナビニュース様 掲載記事
https://news.mynavi.jp/article/20180207-tokyometoro_vr/
<Case.3>東急電鉄様
バリアフリー連絡アプリケーションによる業務効率化を行ったプロジェクトです。車椅子や白杖を利用する方が列車を利用する際、iPadアプリを活用することで、駅員間/乗車駅・降車駅間でスムーズに連携を取ることが可能になりました。 導入以前は、乗車駅で受付・介助・降車駅への連絡といった複数業務を複数の駅員が分担するケースや、無線や電話による口頭連絡による聞き間違えなどで不正確な情報が伝わるケースがありました。導入後は口頭連絡は一切不要、介助と連絡を1人でこなせる体制になりました。

<Case.4>高砂熱学工業株式会社
空調設備業界でトップクラスの高砂熱学工業様と共同で、熱中症対策アプリと指差呼称アプリを開発しました。

熱中症対策アプリ
空調設備設置の作業現場においては猛暑の中、屋外で作業を行うため熱中症のリスクが高く、現場スタッフの体調管理が大きな問題でした。そこで、スタッフはIoTセンサーを取り付けたApple Watchを装着し、スタッフ周辺の温度/湿度をリアルタイムに取得し、モバイル端末で暑さ指数を表示させることにしました。また、スタッフの体調を専用アプリから入力し、監督者に報告します。監督者は、スタッフ個人単位で客観的な暑さ指数と自己申告に基づいた熱中症リスクをリアルタイムで把握し、適切な熱中症予防措置を実施することが可能になりました。


指差呼称アプリ
設備設置や工事現場では、危険予知活動と安全確認が非常に重要ですが、スタッフに強力な指導がしにくい、監督者から見えない場合やスタッフが単独で行動している場合には徹底ができているかがわかりづらいという問題がありました。
そこで、Apple Watch のモーションセンサーを利用して指差し確認の動きを把握する専用アプリケーションを開発しました。Apple Watchを装着したスタッフが、「ヨシッ!」という発声とともに腕振り動作を行うと、指差し確認を行ったデータがサーバへ転送されます。本社/事務所では、スタッフごとの指差呼称の回数が確認することができ、安全管理のための意識啓発につなげる施策を展開することが可能になりました。



<Case.5>海外製品の取り扱い
海外から先端技術を活用したITソリューションを日本国内に展開しています。企業への導入~運用のお手伝いをしています。

Struction Site
建設現場の写真・記録にまつわる非効率をなくす製品です。建設現場の画像を、設計図に紐づけて保存できる業界No.1ソリューションで、通常の写真だけでなく360°カメラや動画までをサポートできる製品は本製品のみです。

Black Berry
業務システムへ、いつでも・どこでも・どんな端末からでも安全に接続できる環境を実現する製品です。官公庁、金融、航空宇宙、法律といった情報セキュリティの安全性担保が必須な領域を中心に、幅広い業界/企業へ導入しています。

Jamf Pro
Apple製品活用支援を行う製品です。端末の状態をほぼリアルタイムで可視化し、設定情報/ハードウェア情報/OS情報等、その他多くの端末情報を確認・一覧で出力が可能です。最近ではSmart HR社向けに業務用端末をゼロタッチキッティングを実施しました。

<Case.6>HR事業 (ビジネススキルトレーニング)
若手~中堅社員を対象としたビジネススキル強化プログラムを、国内大手企業各社様に提供しています。

私たちは、ビジネススキルを大きく2つに分けて考えています。1つは全てのビジネスパーソンに必須である「聞く・読む・書く・話す・考える」という基盤スキル(ビジネスOS)、もう1つは営業・マーケティング・プロジェクト管理・事業企画といった職種によって異なる業務スキル(アプリケーションスキル)です。
ビジネスOSというのは何か?例えば単純に「聞く」といっても、日常生活での「聞く」行為とビジネスシーンでの「聞く」行為は全く意味が異なります。ビジネスの場での「聞く」は、『決められた期日までに必要な情報を集める』ことが求められます。そのためには、事前準備・適切な質問・ヒアリングの場をコントロール・ヒアリング内容の整理といった、様々な要素が必要になります。読む・書く・話す・考えるも同様です。このOSスキルが優れているからこそ、アプリケーションスキルもうまく使いこなすことができると考えています。

弊社の教育プログラムは全て自社開発しており、現在100コース強の基本プログラムがあります。また、お客様の課題感に合わせてカスタマイズを行っています。現場で発生しやすい事象やトラブルを盛り込むことで、より実践的な教育プログラムであることが特徴です。(画像はプログラムの一部です。)

<Case.6>ヤフー株式会社様、株式会社テレビ東京様

「働き方改革」の名の下に、超過労働時間の規制のための「ルール」や、システムなどの「ツール」導入といった取り組みが進められています。ですが、ルールやツールを導入しても、「一人ひとりの仕事の仕方」を変えていかなければ、本質的な「生産性」は上がらないのではないかと、チェンジでは考えています。
働く人によって生産性の上げ方は異なります。チェンジでは、一人ひとりのはたらき方を「実践的な」に変えていくためのお手伝いをしています。


<Case.7>DX支援型会員制プログラム「デジテリ」
デジタルトランスフォーメーションという言葉を耳にすることは増えました。しかし、デジタルトランスフォーメーションは「デジタル技術を用いてビジネスを変革すること」という非常に曖昧な定義しかありません。どうすればデジタルトランスフォーメーションが成功するのか調べてみても、抽象的な理論が多く、その情報の多くを海外の事例や理論が占めているのが現状です。そのような状況であるがゆえに、日本でデジタルトランスフォーメーションを成功させるにはどうすれば良いかという一番大切な部分がはっきりわかりません。また、デジタルトランスフォーメーションは大規模な取り組みになりやすいため、実行にあたって、デジタルトランスフォーメーションとは何かということを実行する社員が理解していないと、取り組みの足かせになりかねません。
より多くのビジネスパーソンが「デジタルトランスフォーメーションの概念をしっかり理解できて、デジタルトランスフォーメーションを行うにあたって、重要なポイントがわかる」という状態に移行するための支援プログラムが「デジテリ」です。デジタル変革に向けた知識の形成を、複数のサービスを統合することでご支援します。

1.企画立案に向けた知識をインプットするeラーニング
eラーニングによりDX推進に必要な知識の習得をご支援します。5G、IoT、AIなどの最新トピックに関する解説動画や、デジタルビジネスの一線で活躍する専門家との対談動画をご視聴いただけます。

2.ビジネス活用へのアイデア創発や技術習得を促すセミナー
「DXセミナー」「AI利活用ワークショップ」といったビジネス活用へのアイデアを創発するセミナーや、「Python研修」「データサイエンティスト養成講座」などのDX推進に必要なスキルを獲得する研修に、お得な価格でご参加いただけます。

3.DX推進の際に生じる疑問を解決するコンシェルジュサービス
企画立案から実行の際に生まれる技術選定やビジネス活用に関する疑問に、弊社コンサルタントがお答えし、疑問解消の一助を担います。

4.オープンイノベーションを実現する会員限定コミュニティー
会員限定の交流会を開催し、異業種間でのアイデア創出や連携などを促すオープンイノベーションの場を提供します。

<Case.8>ドローン活用考案サービス・ドローン活用PoCサービス
お客様の業務に合わせたドローン活用ユースケースをドローンの専門家としてお客様と共に考案します。弊社の豊富なスマートデバイス導入経験で養ったノウハウを元に的確なお客様課題の認知を実現すると共に、ドローンの安全飛行に関する資格を取得しているドローン専門家による運用面での懸念点確認を行います。これにより、ドローンを活かしたお客様の課題解決を強力に支援することが可能です。
本サービスにより、未だ発展段階にあるドローンの業務活用を容易に着手できるようになります。ドローン導入時に懸念される、技術面、制度面の検討に加え、ビジネスコンサルティングの専門化によるビジネス面の検討も行います。お客様の要望やビジョンを最大限活かした提案を実現します。

長崎県平戸市における実証実験(密漁監視、観光サービス


業務内容

NEW-IT領域 ITコンサルタント

<業務内容>
お客様から相談いただく課題について、NEW-IT技術を活用したソリューションの提案からデリバリーまでの一連のプロセスを担当いただきます。

1.顧客の経営課題・業務課題に基づくNEW-IT活用のコンサルティング
  ・お客様先でのヒアリングや調査
  ・ソリューション企画、提案
2.アプリケーション等のシステム開発に向けた提案~要件定義
3.設計~テストのプロジェクトマネジメント
4.New-ITプロダクトの調査・販売

NEW-IT領域 エンジニア

<業務内容>
コンサルタントと一緒に、お客様の課題解決のためのソリューション・プロダクト開発~運用までの一連の業務を行います。その際、技術調査や開発のパートだけでなく、お客様との打ち合わせに同席いただくケースも多くあります。これは、技術要素をきちんと理解しているエンジニアに初期フェーズから関わってもらうことで、実現可能でより質の高いソリューションをお客様に提供するためです。また、自身が手を動かして開発するだけでなく、パートナー企業様との共同開発を行う際にはPL(PM)としてマネジメントに関わっていただくこともあります。
なお、チェンジにおけるエンジニアの業務は、応用技術開発や技術適用をメインとし、ソリューションの構想から実装・運用まで行います。
※プロジェクトワーク以外に、個々に技術研究を行っていただく時間も設定しています。

●Web系
 プロトタイピング、技術調査、ソリューション・プロダクト開発

●AR/VR系
 AR・VR領域のコンテンツ作成、編集、ディレクション

●ネットワーク系
 ネットワーク設計・保守・運用、技術調査

●データサイエンス系
 分析基盤環境の構築・運用、データ分析、技術調査

<開発環境など>
■開発環境:
 Web系: Node.js、Swift、Python、PHP、Javaなど
 AR/VR系: C#、Objective-C、Java、Python、PHP、JS/Unity/InstaVR
■PC: Mac または Windowsで希望のノートパソコン支給 + VPS環境
■プロジェクト管理: Redmine
■情報共有ツール: Confluence(wiki) / Chatwork
■開発フロー: アジャイル
※使用言語は特定しておらず、例えばAIスピーカーアプリの開発も、プロジェクトによってはNode.js、Pythonと使用言語が異なっているケースもあり、自分の得意とする言語で基本開発を行っていただくことができます。

HR領域 人材開発コンサルタント

<業務内容>
提案からデリバリーまでのプロセスを担当いただきます。

1.顧客の経営課題、人事課題に基づく研修プログラムの提案
  ・案件獲得(既存顧客フォロー中心)
  ・お客様の人材開発ニーズをヒアリングし提案書作成
  ・複数顧客を担当
2.研修プログラムのカスタマイズ・コンサルティング
  ・新規コース/サービスの構想検討・開発
  ・お客様と打ち合わせを実施し教材をアレンジ
  ・コースの専門家として高度化/バージョンアップを担当
3.研修運営、講師登壇、ファシリテーターの実施
  ・研修講師
  ・人材開発コンサルティングプロジェクトの運営

現在の組織は上記それぞれの機能別にチームを分けて運営しており、配属は希望ベースで決定してします。専門領域を絞って注力したい場合にはそういったキャリアの積み方も可能ですし、一気通貫で全てのプロセスを経験して幅広くキャリアを作っていただくことも可能です。
入社後の仕事の流れ

配属先、ポジションにより異なりますが、基本的には以下のような流れを予定しています。

<新入社員研修>
【Off-JT共通】※約2ヶ月
職種を問わず、ビジネスの基礎であるビジネススキル、デジタルの基礎知識をインプットいただく研修です。
反復学習と自分の頭で考えるワークを多く盛り込み、現場に出る準備をしっかりと行います。
★ビジネススキル
ビジネスマナー、Excel、PPT、企業活動入門、
ビジネスコミュニケーション、言語力向上、ロジカルシンキング、デザインシンキング、プレゼンテーション、ソリューション提案など
★デジタル基礎知識
IT基礎、DX/AI/IoT/XR/スマートデバイス活用、プログラミング言語、ネットワーク

【OJT】
原則、配属後の実施ですが、業務理解という文脈でOff-JT中にも実施する場合があります。
現場スタッフ業務:議事録作成、リサーチ、分析、各種資料作成、営業同行など
配属先にもよりますが、早い場合は入社2週目から先輩社員と一緒に現場に出て、実際の業務を見ていただきながら先輩のサポートをしていただきます。

<配属後>
配属チームでの業務を中心に、スキルアップのためのトレーニングに参加いただきます。(年間を通じて定期的に実施しています。)


Data

採用情報
募集職種
●NEW-IT領域
ITコンサルタント/AIコンサルタント/データサイエンティスト/ネットワークエンジニア/Webエンジニア

●HR領域
人材開発コンサルタント

配属部門は内定時の希望に応じて決定しています。また、具体的な職種・担当業務についても基本的にはご自身の希望をベースに決定します。
待遇
●初任給
大学卒:年俸制330万円(27.5万円/月)
大学院卒:年俸制360万円(30万円/月)
※月40時間分の時間外手当、月8時間分の深夜手当を含みます。超過した場合は1分単位で実費支給。

●賞与
なし

●手当
交通費全額支給/出張手当/休日出勤手当

●昇給・昇格
原則年1回(10月)
4月入社の場合は評価期間が半年のため、初めての人事評価は翌年10月となります。
勤務条件
●休日
土日祝日(完全週休二日制)

●勤務時間
標準時間 9:00~18:00(所定労働時間8時間)
※時差出勤制度により、出勤時間8:00~10:00/退勤時間17:00~19:00の間で調整可能。
※2020年7月現在、COVID-19感染対策のため、チーム単位での週1回の出社日を除き、週4日在宅勤務の体制をとっています。出社日は7:00~11:00の間での時差出勤、在宅勤務日は標準時間の9:00~18:00にて勤務いただきます。

●勤務場所
東京本社

●休暇
年次有給休暇(初年度10日/入社日に付与)
 ※1時間単位から取得可能
夏季休暇(3日間)
年末年始休暇(5日間)
慶弔休暇
 ※結婚、出産(本人/配偶者)、弔事
選考
1. 書類および適性検査
    プロフィール提出(フリーフォーマット)/適性検査
2. 会長面接
2. 社長面接

※選考プロセスは変更になる可能性があります。
※業務体験も可能です。短期インターン等で受け入れを行います。
選考
1. 書類および適性検査
    プロフィール提出(フリーフォーマット)/適性検査
2. 会長面接
2. 社長面接

※選考プロセスは変更になる可能性があります。
※業務体験も可能です。短期インターン等で受け入れを行います。
福利厚生

CAREER&SUPPORT

✦ PC、モニター、スマホ(Android)貸与
✦ PCスペック選択制度 ※エンジニアメンバー対象/Windows or Mac選択OK
✦ 業務に必要な書籍は経費購入OK
✦ 自己学習支援制度(書籍、勉強会、受講料補助)
✦ ライフステージに合わせた職種・勤務選択
✦ 退職後の再入社実績あり

HEALTH

✦ インフルエンザ予防接種補助
✦ 健康診断/人間ドッグ補助 ※再検査1回目まで負担
✦ メンタルヘルスサポート、メディカルヘルプサポート制度
✦ オンラインフィットネスプログラム無料利用

LIFE

✦ 慶弔金・慶弔休暇
✦ 所得補償保険 ※会社負担
✦ 団体福祉保険 ※会社負担
✦ 従業員持株会
✦ 選択制確定拠出年金(401K)
✦ 育休延長
✦ 育児時短勤務 ※子育て中のメンバー向け
✦ 在宅勤務制度 ※子育て中のメンバー向け
✦ パパ・ママ対応 ※お迎えや傷病対応への柔軟な対応

会社概要
会社名 株式会社チェンジ
代表取締役 神保 吉寿
福留 大士
設立 2003年4月10日
会社住所
東京都港区虎ノ門3-17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル6階
コーポレートサイト http://www.change-jp.com/
新卒採用Facebookページ https://www.facebook.com/ChangeRecruiting/
Wantedly https://www.wantedly.com/companies/change-jp
設立 2003年4月10日