こども ゆっくり ictルーム かてて

夏休み創生塾2019

マインクラフトで竹田を創ろう


故郷を創ってみる
僕たちが住む竹田市には、古くからの歴史をつなぐ「指定文化財」が沢山あります。この夏、その文化財について学びながら、みんなが大好きな「マインクラフト」で竹田を創るイベントを開催しました。マイクラビルドを通じ、自分の故郷への興味と愛着を深める。そんな時間を参加者の皆さんと創っていきました。
竹田にはどんな文化財があるの?
竹田市には国指定の指定文化財が沢山あります。
マインクラフトで文化財を創るにあたり、
子供たちそれぞれが創りたいものを選びました。

マインクラフト(MineCraft)って、なに?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『Minecraft』(マインクラフト)は、Notch(マルクス・ペルソン)と彼が設立した会社・Mojang ABの社員が開発したサンドボックスゲームである。サバイバル生活を楽しんだり、自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができるコンピュータゲームである。日本では一般的に「マイクラ」と略される[8][9][10]。2019年5月時点でそれまで売上1位だったテトリスを抜き世界で最も売れたゲームとなった

なぜ?マインクラフト

文化財を知るためのツールとしてマインクラフトを選んだのには理由があります
子供たちが大好き
子供に大人気のマインクラフト。世界各地で様々な教育に活用されいます。
構成力
完成形をイメージしながら細かい部分を創り上げていく。そのつながりを通じ、物事を俯瞰的にとらえる構成力を養っていきます。
実行力
マイクラのブロックをひとつひとつ並べていくのには継続力と忍耐力、そしてやり遂げようとする実行力が必要不可欠です。
発想力
実物を見学したり、写真や文章の資料を見たり。自分の中にあるアイデアを形にしていくなかで大事なのは、観察すること、そして「ああしたい!」という豊かな発想力を持つことです。
共生力・ITリテラシー能力
複数人が一つのワールドに集い共同作業をするマルチプレイでは、現実世界での暮らしのルール(人が嫌がることをしない)に習いながら作業を進めていきます。
共生力・ITリテラシー能力
複数人が一つのワールドに集い共同作業をするマルチプレイでは、現実世界での暮らしのルール(人が嫌がることをしない)に習いながら作業を進めていきます。

実際に文化財を見学した時の様子

広瀬神社にて
稲葉ダムにて
城原神社にて
キリシタン礼拝堂にて
円形分水にて
明正井路第一拱石橋 (六連水路橋)
城原神社にて

参加者(保護者)の感想

子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性

プロジェクトを支援する

ご自由にお決めいただいた金額を月々の自動振替によって継続的にご協力いただく募金プログラムです。継続的なご寄付により、長期的な視野で子どもたちの成長と自立を支援します。

よくあるご質問

  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。