東北インアウトバウンドプロジェクト

理念
・東北の魅力を世界に発信し、セカンドディスティネーションとしての地位を確立する
・「東北。本当の日本がここにある」 “Tohoku, where you find real Japan”
・インバウンドを通して少子化・地域格差・雇用問題の解決に努める
・地元を知り東北人であることに誇りを持つ

目的
・東北の魅力をインバウンドを通じて国内外に発信する
・東北への外国人観光客を全体の5%へ
・東北を日本で一番日本らしい感じられる場所にする
・東北が外国人に一番優しい場所にする
・東北が「美味しい地域」であるというブランディングの確立


活動

東北インバウンド
サミット開催

インバウンドサミットでは、各県からその地域の魅力を発信し続けている、東北が誇るキーマンが集結!

県という枠を超えて、“東北の民” として互いにアイデアを出し合う刺激的な機会となる「オール東北」としてのつながりを生むイベントです。

web site

インバウンド
スタディ・ツアー

東北の魅力をインバウンド従事者にガイドしてもらうスタディツアー。各県のインバウンド従事者から様々なヒントを得ながらインバウンドを活性化させる仕組みを各々が作っていきます。

web site

coming soon

coming soon

web site

東北インバウンドサミット

第1回 in 仙台 
2016.3.27

 週末にも関わらず100名を超える方々にご参加を頂きました。

 ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました!
東北運輸局の飛田観光課長、そして株式会社やまとごころの村山さんの講演に第一部は始まり、第2部はパネルディスカッションへ。
「オール東北で世界に発信する」をキーワードに東北6県から集まった兵達が、村山さんによる流石のファシリティーションの下、時間に限りあったもののパネリストの皆さんによる熱い意見が交わされました。
 第3部の交流会では会場のの温度が上がったのがわかる程
県の枠を超えた「オール東北交流」が行われました。

 今後は六県全てでのサミットの開催、
そして各県への視察旅行などを現在企画しています。
詳細に関しては決定次第、こちらでご報告させて頂きます。
今後も「東北インアウトバウンドプロジェクトトへご支援宜しくお願い致します!

東北インバウンドサミットスタディ・ツアー

第1回 in 弘前
(2016.6.18)

全体コーディネイトは、3月に開催された
「東北インバウンドサミット」でもパネリストとして
ご協力頂きました”たびすけ 西谷さん”にして頂きました。
(感謝)

結論から申しますと
今回のツアーは
金額以上の目からウロコお値打ちツアーでした。

なにより地元ガイドがいる旅は、深みが違います。

今回は特に地元のくらしぶりを感じられるツアー構成にして頂き
どの場所も物語を感じれる内容。
この物語はキーワード。
そして、点と点が繋がる更に奥が深い物語。

今回のコースはkimori高橋さんの
なぜりんごが植えられるようになったのか
そしてどんな歴史があったのか、
これからどうなろうとしているのか?を語っていただき
みなさん惹きつけられていました。

そのあとは弘前のソウルフード「ホルモン」をりんご園で
食べ比べBBQのホルモン天国

「田舎館田んぼアート」

「刀匠ツアー」

「弘前城公園」

などを巡る旅。
自分たちで回ることも当然できますが、
たぶん自分たちで回っただけでは
ここまで記憶には残らなかったでしょう。

確かに
全員が、帰り際に
「また来たい!」
「奥さんと一緒にまた来たい」
と口をそろえて話してましたから。

そんな旅ですが、
ここまでの過程の苦労話もお聞きできました。

それもまたインバウンド従事者としては、
今後の糧になるのではないでしょうか。

また、
このようなスタディツアーをやりますので
乞うご期待下さいませ。

お問い合わせ

東北インアウトバウンドプロジェクト 事務局

981-3133 仙台市泉区泉中央1-7-1 地下鉄泉中央ビル4F(株式会社ライフブリッジ内)
TEL 022-290-9585
Mail info.tohoku.io@gmail.com