建築業界のやりがいについて

建築業界に携わると言っても、さまざまな職種があります。これから建築業界を目指す人もいるでしょう。しかし、建築業界にはどんなやりがいがあるのでしょうか。今回は、建築のやりがいについて紹介します。

建築の仕事内容

建築の仕事と言っても、さまざまなタイプに分かれます。こちらでは、いくつかの仕事内容について見ていきましょう。

 

・設計

依頼者の要望などを聞いてから、間取りや設備などを設計していく仕事です。しっかり依頼主の要望を聞き取る能力が必要です。建築の仕事の中でもっとも憧れる人が多い職業だと言われています。

 

・大工

設計士が描いた図面を元にして「家」という形にしていく仕事です。家を建てている時に、依頼主が見学に来ることもあるので、依頼主と接する機会も比較的多いと言われています。体力仕事ですが、もっともやりがいを感じられる仕事と言われています。

 

・建築事務

事務の仕事内容と聞くと経理などを考える人もいますが、建築事務の場合は現場サポートを任されることもあります。他職業の事務職にはない仕事も任されるそうです。

建築の大変さについて

建築の仕事はやりがいのあるものと言われていますが、大変さもあるものです。こちらでは、どんな大変さがあるのかを見ていきましょう。
 
・家に帰れないこともある
設計の締切が迫っている時、忙しい時などは家に帰らずに仕事をし続けることもあるようです。やりがいが大きいからこそ、そこに至るまでの道のりも険しいということなのでしょう。
 
・勉強をしなければいけない
建築に関する知識は膨大な数があるので、依頼主に満足してもらうためには、さまざまな知識を取り込む必要があります。つまり、建築の勉強に終わりはなく、常に最新情報をインプットしていかないといけないということです。
 
・残業が多い
家を建てるということは、生半可なことではないので忙しさに追われます。そのため、残業続きということも珍しくはありません。特に設計に関する仕事の場合、何度もやり直しをすることがあるので、時間がいくらあっても足りないと感じられています。

建築の仕事はどんなところでできる?

こちらでは、建築業界に入るためには、どんな会社に就職するべきかを見ていきましょう。就職先によって仕事内容も変わってくるため、慎重な選び方が必要と覚えておいてください。
 
・工務店
地域密着型の会社であり、お客さんとのコミュニケーションを重視するところが多いです。小規模だからこそ温かみのある仕事が可能と言われています。ハウスメーカーなどの下請けとして仕事をすることもあえるようです。
 
・ハウスメーカー
全国展開をしている大手メーカー、地域の特色に合わせたメーカーなどさまざまです。特に大手ハウスメーカーの場合は就職しやすいと言われているため、建築業界に入りたい人におすすめです。大手メーカーの場合は、誰でも知っている会社で働けるというメリットもあるのでおすすめです。
 
・設計事務所
少人数で運営している事務所、全国展開している事務所など特徴はさまざまです。他の建築関係の会社と異なり、得意スタイルを貫く事務所が多いです。独創的な建物などは設計事務所に依頼すると高い仕上がりが期待できます。

建築のやりがいとは?

建築のやりがいには、さまざまなものがあります。こちらでは、実際に現場の声を聞いたやりがいについて見ていきましょう。
 
・自分の仕事が形になる
家を建てるということは、自分の仕事が形として残り続けるということになります。他の職種では味わえない達成感があるので、いくら大変でもやめられないと言う人が多いです。現場で働く人などは、スキルアップなどをして管理者などを目指す傾向があります。
 
・自分の設計で喜んでもらえる
依頼主の希望を取り入れて設計をする仕事は、リテイクなどで落ち込むこともありますが、依頼主が喜んでいる姿を見るだけで苦労していた時間を忘れてしまうと言う人がいます。自分の仕事を認められるというのは、何物にも代えがたい気持ちになるのでしょう。
 
・未経験でも働ける
建築は職種にもよりますが、未経験でも働くことができます。働きながら資格取得を目指す人も少なくなく、仕事をしながら将来の自分がどんな職種を目指すべきかを考えている人もいるようです。

建築の仕事にはさまざまなやりがいがあります。達成感や充実感を味わいたい人は、ぜひ建築を検討してみてください。
他の特徴などについて知りたい人は、こちらをご覧ください。

まとめ

建築は男性の仕事というイメージがありますが、女性が参加していくことも増えてきました。女性だからこそ、男性だからこその感性は建築をする上でとても役に立つものです。やりがいのある仕事を求めている人は、ぜひ建築を視野に入れてみてはいかがでしょうか。建築と言っても多種多様な職業があるので、自分に合う職種を見つけてください。