あなたは

自社でブランディングを実行しよう

と思っていますね?

ブランディングに成功すると

  • 会社・商品・サービスの認知度が向上する
  • 競合他社と差別化できる
  • 見積競争に陥らない
  • お客様のほうから能動的にこちらにくる etc...
さて、あなたは
ブランディングが成功する進め方を
ご存知ですか?

ブランディングサービスCBA

はじめまして。
CBAを運営している株式会社ベレネッツ代表の平松です。
あなたはブランド構築の必要性をご存じだからこそこのサイトに到着されたのでしょう。
ブランディングとは?について動画でお話をしますのでよかったら聞いてください。

ブランド構築についてはこちらのWEB サイトへ

非広告
ブランディングサービス

C B A

Corporate Branding Advisory

ブランド構築したいけど

「自社ではやりきれない」
「経営的効果のでる方法がわからない」

という方のための
ブランディングサービスです。

1.広告に非依存。

2.社内モチベーションup。

3.売上・利益upした実績多数。

ブランディングについてのご相談やCBA サービスの詳細を聞きたいなど、
直接会ってお話することでお悩みや疑問などを解消できることもあります。お気軽にどうぞ。
POINT

 CBAのお客様からの声を紹介します

お客様の声

業界内ポジションやイメージがUP し、社内の施策もブランドを軸に考えるように。

製造業:社員数約150 名 

◎ブランディングの目的
国内ではトップクラスの業界売上であるにもかかわらず、全くといっていいほど知名度がなく、一般に知られていない企業名だった。営業シーンでも社名が取引先に社名を覚えてもらえなかったり、採用をかけても人が集まらないという悩みがあった。

◎ブランディングしてよかった!
今まで明確化できていなかった自社の強みがわかり、理解でき、社員が変わった。社内のツール作成ひとつにしてもブランディングから派生して行うようになった。売上業績も好調で、ブランディングに合わせた細かな取り組みがスタートした。業界内での自社イメージが変化していることが手ごたえとして実感できている。ホームページも一新し、ITに弱かったが今ではweb サービス利用も日常になってきてコストダウンと効率化になっている。

◎CBA より
業界トップクラスの売り上げと実績があるのにもかかわらず私たちも正直聞いたことのない社名だったことが一番もったいないと感じていたところでした。暗黙知になっている強みが私たち第三者からみるとたくさんあったので、強みを引き出しきちんと伝えることでブランド的にも強くなり成果がでてよかったです。

感想

magari studioは茅場町駅から徒歩3分の場所にあります。茅場町は日比谷線に東西線と交通の便が抜群です!

セミナー参加者の方からも参加しやすいと好評です!
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

社内の空気が変化し閉塞感から脱却へ。顧客にもブランドが認知されつつあると実感。

製造業:社員数約800 名 

◎ブランディングの目的
業界としての将来性、特殊性から、変化ができにくい業界であり、社内の雰囲気も「どうせダメ」というネガティブが一部あった。営業が売りやすい、自信をもって売り込める商品づくりをしたい。業界自体のイメージを変えたい。

◎ブランディングしてよかった!
社内のプロジェクトチームの団結もあり、ブランディング後は自社の強みと売りをどう社内外に伝えていくかについて各プロジェクトが積極的に機動している。今までバラバラで個だった営業社員の意識に変化がみられ、会社全体として伸ばしていこう!という風に向っている。他業種の話などを聞けて。業界の常識にとらわれないアイデアや発想・アドバイスがとても参考になるのでこれからもベレネッツさんと継続してやっていきたい。

◎CBA より
業界特定の考えや先入観があるのはよくあることです。私たちが入った当初より社内のモチベーションが上がっているのも実感しておりますし、自社の強みを今後プロジェクトメンバーとさらに浸透できた時、さらに業界内外に御社のブランドが認知されると思います。必ず勝てます!

などなど。実績は業種・規模など様々多数。

ブランディングの目的は?

イメージを変えても、広告を行っても、
あなたが伝えたいその先の顧客に
認知されることはありません。

※弊社は浸透策に広告は一切使いません。  
弊社の業務はコンサルティングではありません。

特に弊社の得意なBtoB 企業の場合(契約企業の80% がBtoB 企業)、取引先はイメージでは左右されません。
どれだけ効果的な浸透策(アクションプラン)を講じるかです。顧客企業のアクティベーター(Activator)です。
上から目線で「? してください」というものではなく、実際に顧客企業目線で劇的に反応(Activate)させます。

ブランディングとは?

「ブランド構築」と言っても、コンサルティング会社の定義、広告代理店の定義、そしてわたしたちCBAの定義は異なります。
CBAは非広告ブランディングを掲げており、
わたしたちの言うブランド構築とは
以下の3点に目的を置いています。

「潜在顧客に認知されること」

「競合に勝つこと」

「価格以外の優位性・強みで戦うこと」

弊社では第三者目線で下記の図のように企業とターゲット層の思いを合わせることがブランディング根幹だと考えています。

ブランド構築とは?
詳細を見てみる

日本では同じ業種に数多くのライバル企業が存在します。
世界でも有数の日本人の厳しい品質へのこだわりもあり、高レベルの戦いが繰り広げられる環境にあります。
Branding-ブランディング- 自分の考えた営業戦略、コストの高い広告を払うで本当にあなたの会社は伸びますか?
顧客に認知・浸透してもらい、必要・必須と思わせるためには根幹となる企業自体のブランディングが必要です。

ブランディングの目的やゴール目標は企業によって様々です。

実行中の弊社(CBA)顧客の
ブランディングゴールランキング

No.1


認知度アップ

知名度を上げれば売上が高まる、競合に勝てる、無理な営業をしなくても済む、と考えている方が非常に多いです。

実はこの考えは間違いです。

知名度が高まっても、認知度が高まらなければすべての経営指標は上に向かいません。

more→

No.2


他社との差別化

自社目線で、「あのライバルとは違う!」「こんなにいい商品!」と言ったところで自己満足でしかありません。

しかし自社目線の企業は多いのです。

第三者目線で、他社にはない商品の魅力を消費者や購買者に伝えることが、差別化戦略の第一歩です。

more→

No.3

販売戦略と
お問い合わせ向上

実例:
【コンサルティング会社】
問い合わせが130%に増加
【文具通販サービス】
コンテンツダウンロードが250%に増加
【ネット通販会社】
ショッピングカートの離脱率が改善。
購入顧客140%増加 
など

more→

あなたの会社はこのような
問題を抱えていないですか?

  • BtoB 企業で一般顧客の認知度がない。
  • 価格競争に巻き込まれている
  • ネット上で悪口が書かれている
  • 広告の効果がない
  • 社長および経営陣のひらめきで発展してきた企業で面として戦えない
  • 新たな販売チャネルを作りたい
  • 人材( 採用) が集まらない
  • 競合ばかりニュースに取り上げられる
  • 経営コンサルタントが過去に入ったが何が変わったのか実感できない
  • ネットの活用を得意としていない。ホームページから問い合わせがほとんどない。
  • 関係している会社がIPO を目指している
ベレネッツ代表の平松誠一は90 年代NTT DoCoMoの広告宣伝・マーケティング担当でした。
皆様がご存じの通り、NTT DoCoMoは日本でもトップクラスの広告費を使う会社です。
ところが、平松が広告担当していた当時携帯電話はもちろん、ポケットベルも新興の通信会社(NCC)にボロ負けでした。
知らない人はいないほど誰でもしっている社名、メーカー。
でも実際その企業の商品サービスを利用するか?は別問題だったのです。
広告費を何億と使ってPR したとこで、知っていても使ってくれないでは意味がありません。
この経験から「知名度」はあっても、顧客に選ばれる「認知度」がなければビジネスは勝てない、と気付きました。
そして、広告しなくても売上を上げて業績の良い企業は存在していることに注目したのです。

非広告ブランディングとは?

弊社は本当に少しのネット広告(PPC 広告)以外何も広告を行いません。
また弊社は一切下請け業務をしていませんし、もちろん電話営業など
こちらからPUSH の営業などしたことはありません。

しかし毎月ブランディングに関して新規顧客から
ダイレクトにお問い合わせ・訪問予約・契約要請をいただいています。

弊社ではいくつか他のweb サービスを行っておりますが、
大手企業からコラボや提携問い合わせも毎月の ようにいただいています。

弊社が実際に広告を使わず、ビジネスを受注している。
新規顧客と契約、取引している。
このノウハウをブランディングサービスでの活かしています。
これも「非広告で認知を上げる」力です。

なぜ非広告なのか?

事実

弊社自身が広告を使わずして契約顧客多数。

実際右記のような大手会社から直接問い合わせをいただき、現在提携させていただいています。私たちは探され、見つけてもらって、問い合わせをいただき、提携・契約をします。特に弊社のビジネスは売り込みをして売れるようなものでもありませんので。ですから電話やチラシなど売り込みなど一切しませんが、多数の依頼をいただきビジネスになっています。そのノウハウを顧客にも導入します。

事実

弊社自身が広告を使わずして契約顧客多数。

実際右記のような大手会社から直接問い合わせをいただき、現在提携させていただいています。私たちは探され、見つけてもらって、問い合わせをいただき、提携・契約をします。特に弊社のビジネスは売り込みをして売れるようなものでもありませんので。ですから電話やチラシなど売り込みなど一切しませんが、多数の依頼をいただきビジネスになっています。そのノウハウを顧客にも導入します。

CBAに相談してください。

  • 競合に勝ちたい・ 広告を使わずに継続的に売上を伸ばしたい
  • 業績不振をV字回復したい
  • 売り込みをせずに顧客を取りたい
  • PUSHではなくPULLで商品
  • サービスを販売向上したい
  • 新商品/新サービスをスピーディーに軌道に乗せたい
  • 事業に共感してもらえる求職者を集めたい
  • ニッチな商品・サービスを本当に必要な層に気付かれたい

これらの課題の解決こそ、ブランディング会社であるベレネッツCBAの役目です。

POINT

取り組み方別のブランディングコース説明

plan

1

【ブランディングコース】

最強の「強み」「差別化要素」「ストーリー」「販促価値」をまず最初に見える化し、その後、認知活動(アクションプラン)に入るコースです。

plan

【ブランディング・アドバイスコース】

月に1回~2回御社のプロジェクトチームを先導して、「強み」「差別化要素」「ストーリー」「提供価値」等を見える化できるまでをアドバイスするコースです。

plan

3

【販促・認知度アップ特化コース】

顧客とのコンタクトポイント(接点)を50以上洗い出し、広告を使わず販売促進、営業拡大、認知度アップに特化したコースです。
※ブランディング要素の明確化は簡易バージョンで行います。

plan

4

【社内モチベーションUPインナーブランディングコース】

企業が伸びるためには、社員の求心力なくしては無理です。離職・モチベーション低下を避けるため、社内に特化したブランディングのコースです。

plan

5

【web特化:PULL型での顧客獲得法特化コース】

弊社が何故あらゆるキ-ワードで検索上位になり、Pushすることなく、Pullのみで顧客から多数のお問い合わせ・契約が獲得できるかを伝授し、その習得に特化したコースです。

plan

1

【ブランディングコース】

最強の「強み」「差別化要素」「ストーリー」「販促価値」をまず最初に見える化し、その後、認知活動(アクションプラン)に入るコースです。

データを駆使し、計数を使い、ログ(履歴)を活用します。

「イメージアップ」などというアバウトな言葉を一切使わずに 中小・中堅企業を劇的に変化させる継続的経営戦略を行います。

私たち(CBA) の仕事は、
1.クライアント企業の会社・商品・サービスを潜在顧客に気付かせ、既存顧客に価値を再認識させる「絶対的気付きストーリー」の構築を行います。=ブランディング

2.その後、盤石なストーリーを元に売上アップ、新規顧客獲得、顧客単価向上、お問い合わせ増、継続顧客獲得、利益率アップなどの「計数成果」実現します。=マーケティング

このブランディング&マーケティングでブランド認知をup しアドバイスだけでなく、クライアント企業の実際の業績を上げる。これが本当のブランディングとして成果が出るということだと考えています。

CBAWEBサイト:http://www.corporate-branding.jp/
運営会社:株式会社ベレネッツ:http://www.wellenetz.co.jp/