パートナーとの関係、
見直しませんか。


もしかして、
あなたはカサンドラ症候群
ではありませんか?

カサンドラ症候群とは

カサンドラ情動剥奪障害とも言われ、アスペルガー症候群の夫(または妻、パートナー)と情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる身体的・精神的症状を表す言葉である。
症状として、片頭痛、体重の増加や減少、自己評価の低下、パニック障害、抑うつ、無気力などがある。

心穏やかな人…人柄に惹かれ誓いを立てたパートナー。
ところが、
結婚や妊娠、出産、といったようなライフイベントを機に今までの関係性が崩れてしまう。
そんな夫婦関係に悩まれてる方が増えています。

生活や価値観が違う人間同士が一緒になったのだから、
意見が対立してしまうのは当然。
だから話し合おう。
だから二人で解決しよう。

でもその価値観そのものがあまりに違っていて
話し合いどころではなくなったり、
相手の主張に押し切られる。

次第に自分の考えが間違っているのかもしれないと
自分を責めるようになっていってしまう。

外向きは二人の関係は理想的に映っていて、
自分が抱えるストレスを周りに表現できない。

そんな息苦しさに悩んでいらっしゃるなら、
どうぞ一人で悩まないでください。

カサンドラ症候群は自覚しづらい…

パートナーが暴力的だったり、浪費、浮気などで生活に支障が出ている状態であれば(よくモラ夫と呼ばれる人ですね)、相手に対してハッキリとした怒りや反発心が生まれます。ただ夫のハラスメントが目に余る場合、反論する力を奪われ自分で考える事をやめてしまうのも、もちろんカサンドラ症候群のひとつです。
このタイプの男性はアスペルガー症候群に加えてADHDといった発達障害を伴っているといわれています。

ところが、アスペルガー症候群(医学的に判断をされていない人を含む)の男性は激しい感情が表に出ない人が多いのです。
めったに激しい感情を表に出さないものの、
親戚や友人の前でドン引きするような失礼な発言をして本人はケロリ。
生活の中でも「人の心があるのか?」と疑わしい言動。
一つのことにこだわりが強いかと思うと、家族のことに無関心。
そして何事もなく日常に戻っていく。

何よりも夫の悪意が感じられないために、妻は置いてきぼりの感覚が半端ない。
夫婦間の問題は閉塞的で表出しづらい。相談を誰にしていいのかわからない。
そのため「私の心が狭いのかも」と自分を責めてしまう。
これが妻自身カサンドラ症候群だと気づきにくい原因なのではと思われます。

また同じような関係性が、夫婦関係だけでなく、恋愛、職場などでも起きています。
 



パートナーの
アスペルガー症候群チェック

□結婚や出産を機に優しい性格から豹変した
 
□頭がいいなぁと思う
 
□お金に対して普段厳しいわりに自分の趣味には高額でも使ってしまう
 
□本人に悪気がないようだがかなり周りに失礼な発言をしている
 
□人の気持ちが分かる?と質問すると本当にわかっていないようだ
 
□一人が好き。一人で活動するのが好き
 
□あまり他人に興味を示さない
 
□好きなことへの興味や集中力が強力
 
□飲食店に誘うと同じ店で同じメニューを頼む
 
□こだわりが強い
 
□指摘をすると頑なになり、だんだんパニックで支離滅裂なことを言い出す
 
□転職が多い
 
□激しい口論や怒りを示した直後なのに、びっくりするくらい何事もなかったような態度になる

あなたのカサンドラ症候群チェック

□相手からの「お前が悪い」という攻撃が激しく自信がなくなる
 
□自分がとっくに忘れてしまったようなことを突然責められて辛くなる
 
□私や私の実家に対して批判的なことを言われるか、全くの無関心で辛くなる
 
□突然相手がキレてその理由が分からず、いつ怒られるのかとといつもビクビクしている
 
□人格を否定されるような発言があって悲しい
 
□相手が子育てや家事に全く無関心で、ワンオペが辛い
 
□価値観の違いとは一言で言えないほど話が合わなすぎると感じる
 
□「繊細さがない」と責められて思わず耳を疑う
 
□同じ空間にいても相手が無関心のようで疲れてしまっている
 
□相手からの被害者妄想に理解ができず苦しんでいる

※チェックの項目は一例です。  ご参考までに。


プロフィール

ミヤウチ ヒロミ
エモーションフリー認定セラピスト。
自らも過去にパートナーとの意思疎通に苦しみ離婚経験があります。
当時はアスペルガー症候群や発達障害については認知度が低く、自分のコミュニケーション不足を責めるだけの日々でした。セラピストとしてクライアント様からのご相談を受ける中で、自分もカサンドラ症候群であったことを確信することとなり、自分を責めて自信を失っている女性の方が多いと実感している今日この頃です。

私とお話してみませんか?

自分はカサンドラ症候群かな?
誰に相談したらいいだろうか?

おひとりで悩まずに自分の思いを口にしてみませんか?
LINEに登録していただくと1対1トークができます。
QRコードを読み取っていただくとLINE登録ができます。またはこちらで検索⇒ID @777zfbyf