日本のギャンブル

カジノ法案の成立で、日本はカジノ恐怖症を克服できるのか

カジノ法案(IR推進法)をきっかけに、日本でのカジノ運営が現実味をおびてきました。

ただし、このカジノ法案は「観光業のために、公平で安全なカジノを俺たちのJapanに建てようぜ!」と宣言したにすぎません。なので、現状は五里霧中と言えるでしょう。

日本でカジノと言えば、まだまだネガティブなイメージが強いのではないでしょうか。その証拠にある世論調査では、日本国民の約60%近くがカジノ法案に反対しています。

確かにカジノを題材にした映画を見ると、カジノに対してポジティブなイメージが沸きません。

例えばギャングとマフィアが銃で撃ち合っていたり、怪しいギャンブラーたちがチート行為をして私刑にあったりしますよね!

小説でもプロの強盗集団が、金庫をドリルで壊して大金を奪う場所は、銀行よりカジノが多い気がします。

このようにフィクション作品では、ダーティーな場所として描かれることの多いカジノですが、G7国家でカジノが完全に合法化されていないのは日本だけ!

他の先進国においてカジノは、「紳士淑女が楽しむ大人のエンターテイメント」として大衆認知されています。

日本でもオンラインカジノを通じて、本格的なカジノゲームとギャンブルを楽しむ方が増えつつありますが、せっかくなら本物のカジノ施設で一攫千金を狙いたいものです。

カジノ法案に反対する人は、ギャンブル依存症への対策が不十分な点を指摘します。しかし、競馬や競艇といった公営ギャンブルを長年受け入れてきた日本社会は、カジノとも上手に共存できるのではないでしょうか。