キャッシュポイントを増やしながら、
月収100万を継続的に安定させたい
オーナーへ

美容室サロンオーナー
未来の働き方
売り上げUP5つの
メソッド

たった30日でサロンの売り上げ以外の
キャッシュポイントを教えます。
毎月の売り上げが安定しないサロンオーナーへ

むやみやたらと技術を身につける
ホットペッパーやフリーペーパーを使えば、
お客様は来てくれる

待ちの営業しかイメージが湧かない、、、


一昔前とは状況、環境が日々変わっています。
技術があれば、お客様が来てくれる時代は
終わりました。


なぜなら、サロンの数は毎年増え続けている
あなたのお店の近くにも
似たようなサロンはありませんか?
どこのサロンも頑張っていて、
差別化がむずかしくなっています。
お客様はサロンがありすぎて
どこに行ってよいか分からない、
などいろんな要素があります、、、


少し発想を変えて、お店・個人の
もっている技術・空間・時間を上手く活かして
売り上げが10万、20万、30万
と上げる事ができます!


もし現在、売り上げが伸び悩んでいたとしても
解決できる方法があります!

 

          このようなお悩みありませんか?

☑️ 売り上げをサロンワーク以外でもあげることで安定したい

☑️ 営業時間の空き時間を有効活用し、新たな収入源を確保したい

☑️ スタッフの暇な時間を埋めて、売り上げに繫げたい

☑️ サロン内の空きのスペースをうまく活用していきたい

☑️ 稼働していないイスがあるので、稼働率をあげたい

☑️ セミナーに参加しているけど、うまく売り上げに繫がっていない

☑️ スタッフの能力をいかしてやりがいを与えたい

☑️ 激動の時代で今後の店舗運営をどうしていこうか迷っている

☑️ 新たな柱がほしいけど、どうしていいか分からない

☑️ 技術はなんでもできるがこれといって売りがなく、なんとなく毎日営業している

☑️ 年齢があがるにつれ、このままサロンワークを続けていけるか不安

☑️ 売り上げをアップしたいけど何をすればいいのかわからない

☑️ サロンの特徴がなく、ライバルと差別化できない

個人サロンオーナがサロンワーク以外の柱を
構築するとこんな変化が、、、

私自身美容業界に入り、20年ぐらいになります。
この20年間を通じて、これから必要だと思う事、
自分自身がやって来た事を少し話させてください。

もともと私は高校生の時代に近所の美容室でバイトをしていました。
とにかく『美容師になる』と決めてから、
いてもたってもいられなくなり、バイトを始めて
就職と同時にスタイリストになりたいという思いで、
休みはすべて美容室のバイトとシャンプー、カラー、パーマ、ブロー等を練習してきました。

まだ当時は美容室の数も全然少なく、
オシャレな外観だったりするだけでお客様はたくさん来ていました。
しかも最近のお客様のように1人1人に合わせたカットというより、
流行の髪型を覚えておけば割と対応できるという感じだったように感じます。

そんな時代でしたので、スタイリストまでの道のりも
そんな遠くなく入社2年目にはスタイリストになれました。

私はお客さんに喜んでもらうには技術を高めれば、
絶対お客さんも増え予約が取れないスタイリストになれると思い、
ひたすら技術の練習をしていました。

スタイリストになってから4〜5年で
売り上げも200万近くまでいった時、
ふとこの先のことが急に不安に感じたのです。

このまま売り上げを上げ続ける事が出来るのだろうか?
年齢を重ねた時にお客さんが来てくれるのだろうか?
体力的にこれだけのお客さんに対応できるのだろうか?
結局売り上げを上げるために頑張って来たけど、この先どうしよう?

なんてことを思い始めてから、もっと世の中の流れや
業界の現状について考えるようになりました。

その後サロンを運営する事になったのですが、
美容業の問題点である、給料面、労働時間の改善をしたく、
いままでのサロン運営とは違ったやり方でやってみようと思いました。

ポイント
『お客さんが来てない時間の使い方』
『空いている席またはスペースの有効利用で売り上げを作る』

『サロンワークベースではないメニュー作り(カット、カラー等のメニューではなく)』
『これからの高齢化社会に貢献しながら、新しく売り上げを作る』
『SNSを使った集客法』

などから何が出来るかを考え

7:3(サロンワーク:新たな柱)の割合で売り上げを立ててみようと思い、
開業してから試行錯誤しながら、いろいろ試してみました!

結論から言うと上記の取り組みをする事で
収入が100万いく事が出来ました!

時間が有効活用できるようになり、新たな柱を作る事で
最初は小さい売り上げでも気づけば欠かす事の出来ない柱になっていくのです。

サロンの売りも確立してくるので、
結果サロンワークも売り上げが上がるようになり、
一石二鳥!いや、一石三鳥かもしれません!

今まで通り同じ事をやり続けていく事もある種すばらしい事だと思います。
ただ誰しもがそのやり方で結果に繫がる事はありません!!

皆さんいろんな持ち味があり、それをどう活用するかを
1つに絞る事はナンセンスです。

自身のサロンにあったやり方で
売り上げ・収益をあげませんか?

一歩新たに踏み込む事でこの先の見通しも明るく良くなると思います。

一緒に成果を出していきましょう!!



美容室オーナー売り上げUP5ステップ
無料メール講座

STEP

1

お客さんが来ていない空き時間の有効活用

あなたの1ヶ月の営業中の空き時間をリサーチして、
新ビジネスの土台となる時間確保をみえる形にしていきます。
売り上げを上げる全体像とヒントをお伝えしていきます。

STEP

空いている席またはスペースの有効利用で売り上げを作る方法

店舗内のフリースペースまたは空いてる席を
有効活用できる秘密のサイトをお伝えします。
お客様がリピートしたくなる秘訣とは?

STEP

アシスタントでも売り上げを作る新たなメニュー作りの方法

アシスタントの過去診断から
お店の売り上げに繫がる商品化の方法とは?
人材育成と離職率低下に繫がる新規ビジネスについてお伝えします。

STEP

これからの高齢化社会に貢献しながら、新しく売り上げを作る方法

お金をかけずに10万、20万と売り上げを伸ばして、
感謝されながら社会貢献できるこれからのビジネス。
今ある技術を活かして、すぐに始める事が出来る
これからの美容サロンのあり方とは?
無駄なく実際の現場のリアルな状況をお伝えします。
準備するもの、一連の流れ、営業のかけ方、注意事項等を
1つずつ解説していきます。

STEP

反応が出るSNSを使った具体的な集客方法

お客様への周知の仕方をLINE@、Facebook、インスタでの
集客の仕方について解説していきます。
それぞれの役割を決めて、新規メニューの案内、イベント告知、
動画作成の有効な活用方法を伝授します。

STEP

1

お客さんが来ていない空き時間の有効活用

あなたの1ヶ月の営業中の空き時間をリサーチして、
新ビジネスの土台となる時間確保をみえる形にしていきます。
売り上げを上げる全体像とヒントをお伝えしていきます。

『美容室サロンオーナー売り上げUP5つのメソッド』
メール講座ご登録
こちら↓を今すぐクリック

自己紹介&メッセージ

サロンオーナー兼美容師

長谷川 健治 KENJI HASEGAWA

はじめまして!

『美容室サロンオーナー売り上げUPプロデューサー』
長谷川 健治です。


私はだいたい20年ぐらい美容業界で仕事をしています。
現在サロンワークではアシスタントを使わず
100万以上の売り上げをあげながら、
独自のヘアカラー専門店、訪問美容など新たな柱を構築しています。

・サロンを開業して何年か経って、別の柱を構築したい。
・サロンの空きスペースを使って、別収益を得たい。
・営業時間のスキマ時間を活用して売り上げを上げたい。
・スタッフの得意な事を引き出して、売り上げに繫げたい。

こんな悩みを持った方にスキマ時間を活用して、
今まで培ってきた技術を用いて
『キャッシュポイントを増やす』
サポートしています。

なぜ今そうしていえるかというと
私自身、30歳辺りの時、伸び続けていた売り上げが伸びず、
むしろ下がっていき、とても悩んだ時期がありました。

いろんな事に取り組み技術・知識を覚えても
売り上げが伸びるわけでもなく、
ずっとモヤモヤしていました。

売り上げに繫がらなかった頃のモヤモヤした問題点

・技術、知識を活かす場所
・メニューづくり
・発信方法

この部分を改善する事で
無理なく売り上げに繫がる事ができました。

その方法を同じ業界でなんとかしたいと思っている方に
少しでも役に立ちたいという気持ちから、自分のやって来た事を
伝えようと想い、始めました!

お店での売り、強みを他のお店と同じことをやっても
成果に繫がりにくいのです。

さらに上で書いた3点を活かすためにも、
時間の使い方、時間の大事さを
一度考え直すとより効果が増すと思います。

営業時間に仕事がないからといって、
お店の掃除ばかりしていても売り上げには繫がりません。

また売り上げを上げる方法はサロンワークだけではありません。

サロンワーク以外の売り上げが伸びてくると
自然とサロンワークの売り上げも伸びてくるものです。

新たな柱を構築して、サロンワーク以外に
10万、20万〜と売り上げをあげることで
サロン運営を楽にできるのです。

一度お店でできる事を整理し、
新たな柱を作っていきませんか?