自社審査 キャッシング


キャッシングの新規申し込みで絶対に行われるのが審査です。申し込みで申告した内容に嘘や間違いがないか、返済の長期延滞や滞納がないかなどを確認するのが審査の主な目的となります。特に問題がないことが確認されると、審査の最終段階として勤務先への在籍確認が行われるという流れになるのです。

 

在籍確認が実施される場合には、ほとんど審査に通っている状況であり、無事にクリアできれば審査通過ということになるのです。ただし、普通に会社やバイト先で勤務している方と比較すると、風俗嬢の場合には在籍確認が取れにくいという問題もあるようです。自社審査 キャッシング

 

キャッシング申し込みの際に申告する勤務先情報を元に、消費者金融では個人名で風俗店舗の方に電話をかけてきます。基本的には、電話に出た人が在籍確認の電話であると気付く心配は少ないと言えるでしょう。

 

在籍確認では、本人の在籍を確認するために「○○さんはいらっしゃいますか?」などの質問をされる場合が多いのですが、その際に電話を取ったお店のスタッフがあなたの本名を知らない可能性も考えられます。

 

あなたが電話に出られない場合でも、「今は接客中です」などと言ってもらうことができれば、在籍確認は無事に終了します。本当の名前を知らない場合には、「本名を知らないので答えられません」などどいう応対をされる場合もあるでしょう。自社審査 キャッシング

 

せっかく在籍確認を行う段階にまで審査が進んでいても、在籍確認に失敗すれば審査に落ちてしまうことにもなります。

 

風俗嬢が在籍確認を受けるなら事前の対策も必要

消費者金融からの借入れは在籍確認まで来れば、あとは無事に乗り切るだけとなるため、在籍確認が取れにくい風俗嬢の方は事前の対策も必要となるでしょう。

 

大手消費者金融では、事前に相談しておくことで本名に加えて源氏名での在籍確認も可能という口コミもあります。自社審査 キャッシング
ブラックOKの闇金からお金を借りるのは絶対にダメ!

他社からの借り入れで返済の長期滞納があったり、自己破産などの債務整理により信用情報に傷がついてしまうことで、一定期間はどこからもお金が借りれない状況になってしまいます。風俗嬢の方は深刻な金欠問題から抜け出すために風俗店舗で働いていることが多いため、ブラックになっている方もいることでしょう。

 

どこの金融機関からも借入れできない状況になると、ブラックOKと謳っている闇金からお金を借りたいと思ってしまうかも知れません。極甘審査ファイナンスなどと言われている闇金では、返済能力のない人にも融資をしています。どこからもキャッシングできない人は、必要なお金を捻出するために法外な利息を取る悪質な金融業者であってもお金を借りたいと考えるからです。

 

例え闇金からの借入れであっても、一時的には必要なお金が工面できて助かったという気持ちになれるでしょう。ただし闇金からお金を借りれば、利息制限法の上限をはるかに超える高金利で元金の返済どころか利息の支払いもできない場合も多いです。自社審査 キャッシング