なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

転職でキャリアUP

今知っておきたい!よく聞く時事用語
人と人が上手くコミュ二ケーションを取れるために
転職すべきかどうか迷っている人へ

転職活動はノーリスク・ハイリターン

自分に合った仕事と暮らしを手に入れる為、
自分が取るべきアクションや考え方についてはどんな人にも共通しているのではと思います。

現状の仕事や生活に納得いかない方、人生設計も含めたキャリア形成に意欲のある方、
『現状を変えたいけど転職すべきか迷う』と行動に移せずにいる方に知って欲しいことは
転職活動はノーリスク・ハイリターンということ。
なぜならば、転職活動とは社会勉強の一種だからです。
以下で詳しく解説していきます。

転職活動は、会社にバレない

もしかしたら、そもそも転職活動すると
 「もし転職活動中、働いてる会社知られたらに困る…」と恐れている人もいるかもしれませんが
まず自分から言い出さない限りバレません

ただし、転職サイトによっては実名&経歴が企業側には公開になっている場合もあるので
そのような場合は自社ブロック機能があるので、きちんとブロックしておきましょう。

とにかく、面談・面接の時間を現職の業務に支障のないように調整することだけ気を付ければ
絶対に知られることはありません。

転職活動は、“転職”とは別物

バレないか問題と同じくらいに気になっている事が
「転職活動中内定出ちゃったら、転職するしかない 」ということだと思います。

いいえ、そんなことはありません。
たとえ転職活動したとしても実際に転職するかどうかはその時考えればいいんです。

内定をもらっても辞退してもいいんです。
 転職活動≠転職 です。

もちろん企業側にとって内定辞退は痛手ではありますが、
他社(現職)に負けたという現実なんで、文句を言える筋合いは無いのです。
なので、気にしなくていいです。

転職活動は自分の市場価値を知る場

転職活動しても「バレない」し「転職しなくてもいい」事がお分かりいただけたところで、
転職活動における最大のメリットの、
自分の市場価値を知ることが出来るについて解説します。

自分が何処に幾らで売れるのかが分かる

転職活動をスタートすると、転職エージェントと
自分の経歴や将来の目標などについてお話しすることになります。

その流れで、自分の持っているどんな経験やスキルに価値があって、
どの業界どの職種に可能性があるのか、いくらで売れるのか、そういったことが判ってきます。

そうすると、自分が正当に評価されていない場合、それに気づく事もできます。

もしそうなら、なぜそうなのか?上司や人事と掛け合って打開する事は可能なのか?など、
次のステップにつながりますよね。
無理だと判ったら転職したらいいと思います。

現職のキャリアパス構築に役立てられる

「もし転職はやっぱりしない」となっても、
現職におけるキャリアパスの構築にも役立てられます。

なぜならその企業でしか使えないスキル・キャリアを積むよりは、
どこに出てっても使えるスキル・キャリアを積んだほうが、
絶対に自分のためになると思いませんか?

すぐに転職しなくても、将来したくなる日が来るかもしれないし、会社がつぶれる事だってあるんです。

その時に、他所に売れるスキルを持っていて絶対に損はないですよね。
そういった理由から自分の市場価値を知るということは、とても大事なことなんです。

転職活動は現職の良し悪しを知る場

転職」の文字が頭をよぎった時って、
会社に対してなんらかの不満がたまってるときだと思うのです。

そういう時こそ、冷静に現職の良いところ改めて考えるって事、難しいですよね。
だからこそ、転職活動するべきなんです。

転職活動をすると、競合も含め他社の待遇を知ることができたり、
選考の仕方などや訊かれる質問などから、社風や理念が垣間見えたりします。

そうすると、自ずと他社を通して現職との比較が出来るので、改めて良いところ・悪いところを
見つめなおすことが出来ます。
分析した結果、転職したくなればすればいいですし、したくなければしなければいいんです。

転職活動は異業種交流会

転職活動をすると、世の中には本当に色んな業種や色んな職種があって、
色んな人がいて、色んな考え方があるんだと、実感することが出来ます。

頭ではわかっている事だけど、実際に話すとやっぱり違いますよ。
自分のの知っている世界なんて、ほんのごくごく一部だったんだ痛感します。

外で得た刺激を現職に持ち帰れる

色んな人たちがいて経済界が回っているんだ、自分達の生活が回っているんだと改めて考えると、
現職における日々の不満がいかに小さいものか、省みさせられます。

逆に、もっと広い世界に飛び出したい!と思ったりもします。
そんなふうに、自分の視野や世界を広げるきっかけにもなります。
新鮮なその刺激が現職に持ち帰れたりするわけです。

息抜き、自己啓発としても良し

他にも、仕事抜きに「人と人としての意見交換」のような空気でお話ができて、
「いい出会いだったな!」と思える瞬間もきっとあります。

なので、転職活動は単に転職する為だけではなく、自己啓発としての意味もあるんです。

現職という狭い世界で、毎日が家と会社の往復で疲弊している人ほど、転職活動はお勧めします。

まとめ


上記のように考えると、いかに転職活動がノーリスクでハイリターンか、
おわかりいただけたでしょうか?

もちろん、実際に転職するとなるとノーリスクとはいきませんので、
それは本当に心が定まってから決めるべきですけどね。

でも、社会勉強のつもりで転職活動をすると、
内定を焦る必要がない分、冷静に企業の事が見れますし、
転職先を選び違えるリスクを下げれると思います。

ご参考になれば幸いです。
正しい転職先の選び方のポイントは?

転職で選びすぎはよくないのか

「膨大な求人情報から、どの企業に応募すればよいかわからない」
「内定が出たら、すぐに転職活動をやめたほうがいいのだろうか?」などと、
転職活動に対して不安な気持ちから、立ち止まってしまう。

そんな経験はありませんか?
今回は、正しい転職先の選び方についてご紹介をしたいと思います。
転職先をどのように選べばよいのかといった悩みに対して、
注意点やポイントを中心に解説をしていますので、
迷ったときの判断材料として、是非ご活用ください。

転職先が選べない理由は何?

転職エージェントのワークポート社のアンケート調査による、
転職先が選べない理由のベスト3を紹介します。

転職先が選べない理由ベスト3

  • 1位「情報量が多すぎる」
  • 2位「自分に向いている仕事が何かわからない」
  • 3位「会社選びの基準がわからず、目移りしてしまう」
  • 1位「情報量が多すぎる」
複数の求人があったとき「それで私はどこに応募すればよいか?」と、疑問に思う人がいます。
そしてこうした慎重な姿勢で転職活動をしても、失敗に終わるケースも少なくありません。
なぜなら、面接でも「この応募者は本当にわが社に入社したいのだろうか?」と
意向の弱さを指摘されてしまうからです。

正しい転職先の選び方のポイント

それでは、どうやったら自分に合った正しい転職先を見つけられるのか?
2つの選び方のポイントがありますので、解説したいと思います。

ポイントⅠ.優先順位を決めておこう

正しい転職先の選び方の1つが、「絶対に譲れないポイント」を明確にすることです。

たとえば、お給料を上げることがどうしても譲れないのなら、年収条件が合致する求人に絞って転職活動をします。
やりたい仕事ができるかどうかで転職を決めたいのなら、職務内容がマッチする企業へエントリーしていきます。

このように、転職するための優先順位をしっかりと定めておきましょう。
この優先順位付けがあいまいだと、迷って選べません。

優先順位をつけることによって、転職エージェントのキャリアコンサルタントに対しても
志望度合いをきちんと伝えることができ、無駄のない転職活動につながります。

ポイントⅡ.引止めにあうことを念頭においておく

近年、人手不足に悩む企業では、退職者への引止めが増えています。

退職代行サービスが話題となっているように強い引止めに会う可能性は誰にでも起こりえます。

転職活動をしていて内定も出た。
いざ、退職交渉しよう、となったときに上司から「お前がいないと困るんだ」
「行きたい部署はどこだ?異動させてやるぞ」などといった言葉に心が揺れ動き、
転職を取りやめるケースも少なくありません。

正しい転職先を選ぶためには、今の職場で強い引止めにあったとき、
「それでも転職したいと思える魅力的な企業なのか」と、検討をする必要があります。

さらに、一度退職の意思を表明した人間が、思いとどまって社内に残る場合、
「一度、やめたいといった人間だから」といって、
その後に冷遇される可能性も考慮しなければなりません。

転職エージェントを積極的に活用しよう

転職エージェントも数字を持っています。
エージェントも「決まりやすい案件に意思決定してくれたらいいな」と思うことはあります。

しかし、入社後半年以内に退職してしまうと、転職エージェントは返金しなければならないのです。
候補者にとって満足いく転職先であることは、転職エージェントから見ても重要です。
遠慮せずに、転職先選びで迷っているのなら転職エージェントに相談をしましょう。

迷って選べないときは、踏み込んだ人事情報にアクセスを試みましょう。

内定が出て、自分に主導権が渡ってからであれば、内部情報も聞きやすくなります。
転職エージェントの担当者を味方につけ、求人情報にない人事情報を確認することで
正しい判断がしやすくなります。

まとめ


転職先を選べずに迷ってしまうのは、おかしいことではありません。
むしろ、真剣に自分の未来と向き合っているからこそ、選べないのです。

大事なのは、本記事でご紹介したように優先順位を決めて、
迷ったときに決断できるだけの良質な情報を持っていることです。

そのために転職エージェントを積極的に利用しましょう。

後悔のない転職活動になることを祈っています!
成功する人と失敗する人の差は?

転職でキャリアアップする人の特徴

転職でキャリアアップが成功する人について、知りたいと思ったことはありませんか?
実は成功する人には共通の項目が多いのです。その逆もしかり。
転職でキャリアアップが成功する人と失敗する人の違いについて徹底的に解説をしたいと思います。
キャリアに悩む人も、転職でキャリアアップを目論む人にも必見の内容となっています。

転職で失敗する人の5つの特徴

Ⅰ.大胆すぎるキャリアチェンジ

たとえば、財務コンサルタントをしていた人が「人の喜ぶ顔が見たいから」という理由で
飲食店の店員に転職したことがありました。
将来のスーパーバイザー候補として採用されましたが、
慣れない環境でストレスを抱え再び転職を余儀なくされることに。

これまでのキャリアを大きく転換する転職には、
リスクが大きいため十分な下調べと覚悟が伴います。

Ⅱ.次が決まる前に退職する

「こんな会社辞めてやる!」と言わんばかりに次の転職先が決まる前に退職を選ぶ人も、
キャリアアップが失敗に終わりやすい人と言えるでしょう。

次が決まらず離職中だと、「どこからもニーズのない人」と、
求人企業から低い評価を受けることにつながり、転職活動が難航しがちです。

結果として、ブラックな求人企業に転職することになりかねません。

Ⅲ.市場価値が分かっていない

現在の勤務先が転職市場のなかで、大変恵まれた環境であることに
気づいていない人が少なくありません。

にもかかわらず、不満を覚えて転職をして
「前の会社がいかに良かったか、今さながら思います」と、
後悔を口にする人を見たことがあります。

一度、会社を離れると余程のことがない限り、戻ることはできません。
転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談すれば、
業界の動向を踏まえた上で、市場価値を教えてくれるでしょう。

Ⅳ.勤務地にこだわりすぎる

所有マンションで住宅ローンを抱えていると、
その住まいから通える範囲の会社を第一希望に探す人がいます。

いくら複数の転職エージェントに登録したとしても、
勤務地を限定してしまうと求人に限りが出てきます。
勤務地に縛りがある人は、転職が長期化する傾向にあります。

Ⅴ.転職エージェントに依存しすぎる

「転職エージェントの人に紹介されたから来ました」
これは、面接をした求人企業だけでなく、
転職エージェントのキャリアコンサルタントもガッカリしてしまうトークです。

受身な人ほど、転職エージェントに依存します。
求人も自分で探そうとせず、ひたすら紹介された案件に応募し続ける。
意欲が伝わらず、面接でNGが続きます。

転職でキャリアアップが成功する人の4つの共通点

Ⅰ.次が決まってから退職交渉を行う

いますぐ転職をしたいと考えている人からすれば慎重なスタンスに思うかもしれません。

しかし、キャリアアップが成功する人ほど、離職期間が長引くほど転職活動に焦りが生じて、
納得のいく新天地が見つからないことを懸念します。

実際、離職期間が半年以上になると転職活動は厳しさを増すのが偽らざる現実のため、
そうしたリスクを先回りして回避していると言えます。

Ⅱ.取引先から引き抜きの話がある

キャリアアップで転職が成功する人ほど、現在の職場の取引先から
「わが社に来てほしい」と言われた経験をしています。

取引先に転職するとは限りませんが、
仕事を通じて有能な人材だと一定の評価を得ている証とも言えます。

こうした人は転職活動をしても、面接で企業から気に入られることが多く、
年収アップやキャリアップを果たしていきます。

Ⅲ.条件にこだわらない

年収や役職などの条件にこだわらないのも、成功する人の特徴です。

たとえば、ITエンジニアの場合、年収が一時的にダウンしても、
新しい言語を使った開発案件に携われることができれば、
転職をする人ほど最終的にキャリアアップが実現しています。

過去の経験や実績に囚われない人とも言えるでしょう。

Ⅳ.実績を有している人

転職が決まる要因№1が、実績です。

たとえば、「営業として、前年同期比150%の営業成績を達成した」
「社長賞を受賞した」などと、
パッと分かる実績を職務経歴書に記載していると、書類選考の突破率が高まります。

特に、自分の会社と同規模か、それ以下の会社を応募する際には
「是非、わが社に来て欲しい」と、熱心に口説かれるケースもあります。

まとめ


誰しも転職には、こだわりがあるはず。

しかし、こだわりの転職を実現するためには、
確かな情報が必要になります。

本記事でご紹介しました、
“転職でキャリアアップが成功する人失敗する人の特徴”を知っておくことで
後悔のない転職が可能になります。

転職には注意すべきポイントがいくつかあります。
見切り発車をせず、しっかりと準備を進めておきましょう。