このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

キャリエディ(CAREER EDUCATION SHIP)

キャリエディとは

”働いたことがないのに、どんな仕事に
就きたいかなんてわからない”

とある学生の「その一言」から、
私たちの団体は立ち上がりました。
インターンシップや、OB訪問アプリなど、
様々な媒体が世の中に出回り、ネットで調べれば
誰もが簡単に情報を取りに行ける時代になりました。

しかし、その多くは何かしらの
「意図を持った情報」であり、
大事なファーストキャリア決める判断材料として
ときにはリスクになることも事実です。
そんな中、私たちが大切にしているのは、
「リアル感」
これまで、社会やビジネスのリアルに触れる
様々な企画を行ってきました。
おかげさまで参加者の満足度は98%を越え、
多くの学生に選ばれ、成長を心から楽しめる
そんなコンテンツを生み出すことができました。
「学生のミスマッチをなくしたい」
「ファーストキャリアを最高のものにしたい」

そのために、どの媒体より
「リアルに」「楽しく」「カジュアルに」
自分を知り、社会を知り、ビジネス知る。
そんなプラットフォームを目指しています。
私たちはこれからも、
他にない面白い企画を発信し続けます。
CARRIER EDUCATION SHIP
教育を変え、常識を作り、
自分らしく生きる学生の船出を、
私たちは応援します。

 3つの誓い【3 Principle 】

1.学生ファーストの団体であり続ける
私たちは会社ではありません。
だからそこ、本当の意味で
学生ファーストを体現できると思っています。

学生マーケティングの会社は山ほど存在しますが、
その殆どの売上は取引企業から。

つまり、会社が存続するために売上ファースト、
企業ファーストになることはやむを得ません。

私たちはセールスメリットがあっても、
学生にメリットがない企画はお断りしています。

学生にとって本当に必要なサービスを
生み出し続けることを約束します。

2.関わる人の全ての成長を実現する
私たちは学生マーケティングではなく、
あくまで教育プラットフォームです。
そのため、私たちの存在意義は関わる人
全員の成長で成り立ちます。
経済、心理学、リーダーシップ、コミュニケーション、
チームビルディング、マーケティング、マインドなど、
あらゆる場面における学生のビジネス感覚を育てます。
実際にここで学んだことを実践し、
ゼロから数十万円のお金を生み出す学生も多数います。

3.学生一人一人がオーナーシップを持つ
代表近藤の口癖は"全員がオーナー"
その言葉の通り、
私たちの団体にはオーナーは存在せず、
企画ごとにオーナーが生まれます。
実際に収益化している企画の殆どは、
元々セミナー参加者だった学生からの発案です。
手を上げれば、賛同する人たちを集め
全力で形を作りに行く。
学歴や経験や人脈など全く関係ありません。
学生一人一人がオーナーシップを持てる
そんな環境作りを心がけています。

豊かに生きる空間

飲み会、オフ会など、学年や大学の垣根 を超えた学生コミュニティを実現。 学生が主体的にやりたいことを実現できるようなコミュニティ作りを目指す。

就職活動の空間

エントリーシート、面接対策、業界研究、筆記試験対策など就職活動に向けての対策講座を実施。就職活動についてより専門的・実践的に学べる。プロフェッショナル×少人数で就職対策ができることが最大の魅力。

スキルアップの空間

専門知識やビジネススキルを磨くための勉強会や、様々な業界で活躍するプロフェッショナルと接点を持つ機会を作る。様々な業界や仕事について学び、ビジネス感覚を磨くことを目指す。

ビジネスチャレンジの空間

学んだことを活かし、アウトプットの場として提携先企業の案件を通じて実際のビジネスにチャレンジする。自らの力で「世の中に価値を生み出す」「収益を得る」ということを実践的に学ぶ。

代表プロフィール

Masahiro Kondo
近藤 真大

大学卒業後、専門学校にて入学者向けのカウンセリング職として従事。10代~40代まで幅広い年齢層の進路・キャリアカウンセリングを担当。担当した人数は延べ500名以上。その後、大手人材会社に転職。入社後は大学生の就職、キャリア支援業務に従事。関西エリアの大学を中心に年間約100コマのキャリア支援講座の講師を担当。受講した学生は延べ10,000名以上。

現在は、企業の採用コンサルティング、転職者向けキャリアアドバイザー、ハイクラス人材のヘッドハンター、学生のキャリア支援セミナー講師など、活躍の場は多岐に渡る。今後も自分を商品化し「できること」「やりたいこと」で活躍しつづける人を一人でも多く輩出することが目標。

 《講演・就職支援実績大学》
 追手門学院大学 、大阪大学、大阪経済大学
 大阪樟蔭女子大学、 大阪工業大学 、大阪国際大学 
大阪体育大学、関西大学、関西外国語大学
関西学院大学、京都産業大学、京都大学
 近畿大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸大学
 神戸学院大学、四天王寺大学、摂南大学
 大阪電気通信大学、同志社大学 、同志社女子大学
 兵庫県立大学、桃山学院大学 、立命館大学
 龍谷大学、和歌山大学 など

【 過去のイベント】

2019.7.14
ブレークスルーセミナー    
「就活を無事に終え、残りの時間を自己成長に役立てたい」「活躍している社会人からビジネスのノウハウを学びたい」「価値観の合う同士、成長させてくれるメンターと出会いたい」そんな学生に向けて"これからの時代に求められる働き方""成功者に共通するビジネススキル"という2つのテーマでトークセッションを行いました。
2019.9.26
ビジネスコンペティション
某大手ゼネコンのグループ会社での住宅展示場の集客イベント・プロモーション企画を考えるビジネスコンペティションを実施しました。考案した企画は全て企業に提出し、採用に至った場合は企画運営費用の10〜20%報奨金が得られます。皆さんのアイデアをビジネスに変え、世の中に落としていく、まさにビジネスチャレンジ。
2019.10.27
ライフプランセミナー      
大手外資系金融企業のライフプランナーが講師を勤め「生涯年収」や「生涯支出」の計算方法についてレクチャー。自身が思い描く理想の生活を元にシュミレーションを行い、参加者一人一人が自身の収支を算出。浪費、消費、投資の3つの出費を徹底解剖し、お金との向き合い方、お金との付き合い方を徹底をレクチャーしました。
2019.12.14
実践心理学×営業スキルセミナー
アメリカの心理学、NLP(実践心理学)の資格保持者と大手金融会社でトップセールスを叩き続け、社内ギネス記録を持つトップ営業マンをお呼びし、営業スキルセミナーを行いました。コミュニケーションを"心理学"の観点から学び、具体的にどう「ビジネスシーン」や「就職活動」の場面で実践できるのかをロープレを通じて実践的に学びました。
2020.1.18
”本質的”な企業の見方セミナー
会社説明会やインターンシップとは全く違う"ビジネス視点"での企業の見方をレクチャー。財務指標の見方など普段の会社説明会や就活セミナーでは決して聞くことができない"自己投資先"として、企業を見極めるポイントを学びました。また、後半はこれまで数多くの企業への融資を支援してきた金融のプロより、生き残る企業の見極め方についてレクチャーいただきました。
2020.2.10
就活dinner交流会"メシリク"
学生、企業総勢約50名にお越しいただき、就活dinner交流会を実施しました。企画から営業、集客、運営まで全て学生が担当。1日で数十万円の売上を上げるという、まさにビジネスチャレンジ。参加者の9割以上が満足・リピート希望と、学生、参画企業ともに大満足のイベントに。
2019.10.27
ライフプランセミナー      
大手外資系金融企業のライフプランナーが講師を勤め「生涯年収」や「生涯支出」の計算方法についてレクチャー。自身が思い描く理想の生活を元にシュミレーションを行い、参加者一人一人が自身の収支を算出。浪費、消費、投資の3つの出費を徹底解剖し、お金との向き合い方、お金との付き合い方を徹底をレクチャーしました。

参加者の声

大阪市立大学 4回生 T.Kくん

プロのライフプランナーから学ぶ金融セミナーに参加しました。具体的に人生設計をし、生涯必要なお金を算出するというのがメインの内容で、普段機会がないと考えないことだったのでとても有意義な時間になりました。生涯で必要な年収って自分が考えてるよりも意外と多くて、副業で稼がないといけない最低年収も明確に算出できました。ライフプランは今後も変わり続けるので、節目節目にこのセミナーで学んだ人生設計術を活かしていこうと思います。ありがとうございました。

近畿大学 3回生 K.Iくん

ビジネスコンペティションのイベントに参加しました。さまざまなインターンなどでは学生という枠で評価されることが非常に多いですが、このイベントは住宅展示場に出店できる権利がありました。学生であるため学生と比較されることばかりですが、ビジネスというフィールドで社会人と比較され評価される非常に面白いイベントでした。また、どうすれば採用してもらえるだろうか?とグループで共通認識を持ち取り組めたことは大きな成果だったと感じています。非常に有意義な時間を過ごせたため、他のイベントにも参加してみようと思います

立命館大学 2回生 H.Kくん

今回、キャリエディさんのイベントに参加させてもらって、すごく有意義な時間が過ごせたなと思いました。理由は、キャリエディさんがめざしていることと僕が考えていることが似ているので、色んなことを参考にできそうですし、一緒に何かできそうだなと感じたからです。また、キャリエディさんのイベントには学生さんだけでなく、社会人の方も参加されていて、キャリアのことなどの生の声を聞けるのは貴重な機会だなと思いました。

関西学院大学 4回生 Y.Mさん

第2回のビジネスコンペと第3回のライフプランセミナーに参加しました。普通に学生をしているだけでは知ることが出来ないスキルや考えを学ぶ事が出来ることに加え、社会人からの生のアドバイスや心得までも聞くことが出来ました。参加者や運営側には意識高い学生はもちろん社会人の方もいらっしゃるので人脈も広がりました。今後も是非参加させて頂きたいと思いますありがとうございました。

大阪市立大学 4回生 S.Iくん

第1回目のイベントから参加しています!他のイベントとは違い、プロフェッショナルである社会人の皆様が密に関わってくれるおかげで、普通に学生生活を過ごすだけでは気づかない学びをたくさん得れる場所です。さらに皆様非常に親切で、全体としてアットホームな雰囲気であり、人脈構築がしやすい場所でもあります。参加して絶対に損のないイベントを毎度開催してくれるので、次回も楽しみです!

近畿大学 3回生 K.Iくん

ビジネスコンペティションのイベントに参加しました。さまざまなインターンなどでは学生という枠で評価されることが非常に多いですが、このイベントは住宅展示場に出店できる権利がありました。学生であるため学生と比較されることばかりですが、ビジネスというフィールドで社会人と比較され評価される非常に面白いイベントでした。また、どうすれば採用してもらえるだろうか?とグループで共通認識を持ち取り組めたことは大きな成果だったと感じています。非常に有意義な時間を過ごせたため、他のイベントにも参加してみようと思います

京都産業大学 4回生 R.Sくん

心理学×コミュニケーションセミナーに参加させていただきました。社会人として必要なスキルを学ぶだけでなく、今後すべきことは何かという具体的な方法まで教えて頂けるため非常に勉強になります。特にワークが印象的で、自分の課題が明確になり、実りある時間だったと感じています。今後は、学んだことを日々の生活で実践したいと思います。

大阪学院大学 1回生 M.Nさん

今回のセミナーに参加した理由なのですが、2つあります。1つ目は将来的に自分で企業したいのですが、会社を運営していく上で心理学的面から攻める営業スキルは使える場面が多いと感じたこと。もう1つは目標は違えど向上心があったり同じような志しを持った方との繋がりが増えれば良いと思ったこと。参加した感想としては、率直に言うと参加してよかったです。やはり私が見てきた成功者たちも、目標を大きく立てそこを目指し本来の目標が通過点として叶うという考え方をしていることを改めて実感しました。ここで学んだロジックや技法を今後に活かしたいと思えるセミナーでした。この良い機会に参加させていただきありがとうございました!!

神戸大学 3回生 Y.Oくん

僕がこのイベントに参加した目的は、営業と心理学に興味があるためです。実際に営業をインターンで経験しており、営業力をつけるため参加しました。参加してみてコミュニケーションに必要な要素であったり、具体的な営業スキルについて学ぶことができただけでなく、なかなかお会いできないような講師の方々にお話ししていただき有意義な時間を送ることができました。また次の会も参加したいと思います!

近畿大学 3回生 K.Iくん

ビジネスコンペティションのイベントに参加しました。さまざまなインターンなどでは学生という枠で評価されることが非常に多いですが、このイベントは住宅展示場に出店できる権利がありました。学生であるため学生と比較されることばかりですが、ビジネスというフィールドで社会人と比較され評価される非常に面白いイベントでした。また、どうすれば採用してもらえるだろうか?とグループで共通認識を持ち取り組めたことは大きな成果だったと感じています。非常に有意義な時間を過ごせたため、他のイベントにも参加してみようと思います

【次回イベント】
準備中

お問い合せフォーム

セミナー/講演/取材のご依頼・コンサルティングご希望など
こちらのフォームよりご連絡ください。


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信