キャリコ!サービス利用規約

第1条 本規約の目的等

1 本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、特定非営利活動法人ひととひと(以下「当団体」といいます。)が運営するサービス「キャリコ!」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めたものです。

2 本サービスのすべての利用者は、本規約にしたがって本サービスの利用をするものとし、本サービスを利用された場合には、本規約に同意したものとみなします。

3 当団体が当団体ウェブサイト上又は本サービス上に掲載する本サービスに関するルール等は本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれに同意するものとします。

 

第2条 定義

本約款における⽤語の定義は、次の通りとします。

1 「コーチング」とは、コーチがクライアントに対して提供する、「思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くための機会」のことをいいます。具体的にはコーチとクライアントが一対一で実施するセッションの提供を指します。

2 「クライアント」とは、コーチングの提供を受けるために本サービスを利用する者をいいます。

3 「コーチ」とは、コーチングの提供を行うために当団体に登録する者をいいます。

4 「利用者」とは、当団体が提供する本サービスを利用するクライアントとコーチを総称したものをいいます。

5 「セッション」とは、一連のコーチングを提供する時間の1単位を指します。

6 「コーチング利用料」とは、クライアントがコーチングを受けることの対価として支払う金額をいいます。

 

第3条 通知

1 当団体は、本サービスに関し、当団体ウェブサイト上又は本サービス上の表示その他当団体が適当と判断する方法により、利用者に対し随時サービスを行う上での必要事項を通知します。

2 前項の通知は、当団体が当該内容を当団体ウェブサイト上又は本サービス上に表示した時点、若しくは当団体が適当と判断する方法により利用者に対して表示した時点より効力を発するものとします。

3 本サービスに関する問い合わせその他利用者から当団体に対する連絡は、当団体の定める方法で行うものとします。

 

第4条 本サービスの内容

1 当団体がクライアントに対して提供する本サービスは下記の各号に定めるものとします。

(1) クライアントとコーチのマッチング

(2) コーチング利用料の決済

(3) コーチングセッションの提供

(4) 上記に付随関連するサービスで、当団体が必要と認めるもの

2 当団体は第15条に基づき、本サービスの内容を任意に変更することができます。

 

第5条 本利用契約の成立

1 クライアントは、本規約の内容に同意の上、当団体が定める方法により利用申込みを行うものとし、当団体が当該申込みに対して受諾することにより、本サービスを利用する契約(以下、「本利用契約)といいます。)が成立するものとします。利用申込みを行うことができるのは、本人に限るものとし、代理人やなりすましによる利用申込みは認められないものとします。

2 未成年が本サービスの利用を希望する場合には、法定代理人の同意が必要になります。未成年が第一項の利用申し込みを行った場合には、法定代理人の有無について当団体から問い合わせを行う場合があります。

3 当団体は、クライアントが以下の各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると判断した場合には、その利用を拒否することができ、また、利用申込みの受諾後であっても、事前通知を行うことなく任意に契約を解除することができます。当団体は、かかる対応について一切の説明義務を負わず、責任を負わないものとします。

(1) 本規約に違反している、又は違反するおそれがあると当団体が判断した場合

(2) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っている場合

(3) 当団体に通知した事項及び提出した書類に虚偽の記載があった場合

(4) 過去に当団体との契約に違反した場合又は登録を拒否若しくは取消された者である場合

(5) その他当団体が登録を不適当と認めた場合

4 クライアントは、登録内容に変更が生じたときは、速やかに、当団体の定める方法により登録事項の変更を行うものとします。

 

第6条 利用料金及び利用にかかる費用

1 クライアントは当団体に対し、コーチング利用料等を当団体の定める方法により支払うものとします。決済システムを使用する場合に、クライアントと当該決済システム提供者との間で紛争が発生した場合は、当該当事者間で解決するものとします。

2 本サービスを利用するために必要となる通信費及び通信機器等は、利用者の負担と責任により準備するものとします。ただし、利用者の使用する通信機器等において、本サービス及び本サイトが正常に動作することを保証するものではありません。

3 コーチは、当団体に対してクライアントからコーチング利用料等を受領する権限を付与するものとし、クライアントから当団体に対してコーチング利用料等が支払われた場合には、当該支払い時点においてクライアントのコーチに対するコーチング利用料等の支払債務は消滅するものとします。

 

第7条 クライアントの責任

1 クライアントは、本規約に従って、本サービスを利用することを確認し、了承します。

2 クライアントは、当団体に提供した登録情報を含む一切の情報が正しいことを確約します。

3 クライアントは、自らの意思によって本サービスを利用し、利用に関する一切の責任を負うことを確認し、了承します。

4 クライアントは、本サービスの利用に際し、以下の禁止行為を行ってはならないものとします。

(1) 本規約、法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に違反する行為

(2) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれのある行為

(3) 当団体又は第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上又は契約上の権利を侵害する行為

(4) 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引又は助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿又は送信する行為

(5) 当団体又は第三者になりすます行為又は意図的に虚偽の情報を流布させる行為

(6) 正当な理由なく、当団体又はコーチ、その他利用者の名誉・信用等を毀損する行為

(7) 当団体が定める方法以外の方法で、本サービスの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為

(8) 外部サービスへの勧誘、物品の宣伝・販売、政治活動・宗教活動等の勧誘行為、その他営利を目的とする行為(当団体の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない他者との出会いや交際を目的とする行為、他の利用者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為

(9) 本サービスを通じて知った他の利用者の情報を、当該利用者の承諾なく、本サービスの目的外に使用し、口頭、書面、メール等の電子的媒体、インターネット上への書込み、写真のアップロード等の形式を問わず、第三者に開示又は漏洩する行為

(10) 当団体の承諾なく、本サービスの内容、システム等、本サービスに関連する情報を本サービスの目的外に使用し、口頭、書面、メール等の電子的媒体、インターネット上への書込み、写真のアップロード等の形式を問わず、第三者に開示又は漏洩する行為

(11) 他の利用者への暴力、脅迫、恫喝その他身体等を傷つける言動

(12) 他の利用者の身体に接触する行為、セクシャルハラスメントその他わいせつな言動

(13) 当団体の信用を毀損するような行為、又はそのおそれのある行為

(14) 通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為、及びそれを助長するような行為、その他本サービスの運営・提供又は他の利用者による本サービスの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為

(15) 上記(1)から(14)のいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為

(16) その他、当団体が不適当と判断した行為

5 クライアントが禁止行為を行い、当団体又は第三者に損害が生じた場合には、クライアントは当団体又は第三者に生じた一切の損害(弁護士費用を含む。)を賠償するものとします。

6 当団体は、禁止行為が行われ、又は行われるおそれがあると判断した場合には、禁止行為による弊害を除去し又は防止するため、合理的な範囲で適切な措置を行うことができるものとします。

 

第8条 コーチング

1 コーチは、当団体の指定する場所及び手段により、セッションを実施するものとします。但し、事前にコーチ又はクライアントからの要請があり、当団体が承諾した場合には、当該要請に応じた場所及び手段によりセッションを実施することができるものとします。

2 セッションの予約及び変更は、クライアントより、マッチングされたコーチに対して、当団体の定める方法にて行うものとします。

3 コーチは、以下の各号に定めるクライアントに関する情報に対して守秘義務を有し、 クライアントの同意なしに第三者への開示又は漏洩をしません。但し、捜査機関から情報開示の要請を受けた場合、関係法令に基づいて開示することが適切と判断される状況と範囲に限り、捜査に必要な情報を捜査機関に開示する場合があります。

(1) クライアントがコーチからコーチングを受けている事実

(2) コーチングの中でクライアントから開示された全ての情報 (コーチングのテーマ、 目標達成の状況、 クライアントの資産に関する情報、クライアントの家庭環境 、就業環境等に関する情報を含みます。)

 

第9条 セッションの実施・遅刻・中断・キャンセル

1 セッションは、予約開始時間に開始され、予約時間が経過した時点で終了したものとみなします。

2 クライアントが予約開始時刻を10分経過してもセッションに参加しない場合、いかなる場合でもクライアントがキャンセルしたとみなします。

3 クライアントが予約開始時刻を経過してセッションに参加した場合でも、予約時間通りに終了し、延長はしないものとします。

4 クライアントが、途中で中断を申し出た場合、あるいはコーチから中断の申し出をし、クライアントが同意した場合には、その時点でセッションを終了することができます。

5 クライアントの事情又はパソコン・スマートフォンを含む通信手段、Zoom等オンラインソフトの不調など、クライアントに責めを帰することができない事情による遅刻・中断・キャンセルの場合でも、実施の補償、又返金はいたしません。

6 コーチの事情による開始時間の遅延やキャンセルについては、クライアントの了承及び当団体の承諾の上で、時間の延長又はセッションの追加による補償を行うこととします。

 

第10条 コーチングの中止について

1 コーチ及びクライアントは、コーチングの提供及び享受にあたり、年齢、種族、性別、民族、性的指向、宗教、国籍、障害等による差別を行わないものとし、差別が認められる場合にはコーチングの中止または、コーチの変更を申し出ることができるものとします。

2 コーチ及びクライアントは、クライアントとコーチの相性の不一致や、クライアントの精神状態等により、効果的なコーチングの提供及び享受が難しいと判断した場合には、コーチングの中止または、コーチの変更を申し出ることができるものとします。

3 コーチは、自らの個人的な立場その他ステータスがクライアントの利益に相反すると客観的に認められる場合、直ちにクライアントに対して利益相反の旨の開示を行います。クライアントは、利益相反が確定した時点で、コーチングの中止又はコーチの変更があることにつき予め同意するものとします。

4 クライアントが医療機関等において精神疾患に関する治療を受けている場合、本サービスを利用する前に主治医にコーチングを受けることにつき同意を得なければなりません。また、クライアントは、コーチング利用登録申込み時に主治医から同意を得た旨明示しなければなりません。コーチング中に当該プロセスを経ていないことが明らかになった場合、コーチはコーチングの中止を申し出ることができるものとします。

5 前四項に基づきコーチングが中止される場合、クライアントは、当団体に対し、未実施のセッションはキャンセルとなることにつき予め同意するものとします。また、前四項に基づきコーチの変更の申し出があった場合、未実施のセッションがある場合につき、残回数分のセッションについてコーチの再マッチングを行うものとします。

 

第11条 キャンセル料の取扱い

1 コーチングセッションの日程確定後、クライアントがセッションをキャンセルする場合、クライアントは、キャンセル料を支払うものとします。なお、キャンセル料の支払いとして、クライアントは1回分のセッションを利用したものとみなします。

2 クライアントがコーチに対してコーチングセッションの日程変更を依頼する場合、コーチングセッションの予定日の前日19:59までに変更依頼がなされる限りにおいて、キャンセル料は発生しません。但し、コーチングセッション予定日の前日20:00以降は日程変更の依頼はできず、キャンセル料が発生します。

3 前二項に基づきキャンセル料が発生する場合、クライアントは、当団体に対し、キャンセルが確定した時点において、1回分のセッションを利用したものとされることにつき予め同意するものとします。

 

第12条 知的財産権等

1 クライアントは、本サービスに関連する一切の著作権、商標及びその他の知的財産権(但し、クライアントが本サービスを通じて、第三者の権利を侵害することなく送信したデータを除きます。)は、すべて当団体又は当団体にその利用を許諾した権利者に帰属することを了承します。クライアントは、これらについて複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆への送信(公衆への送信を可能とすることを含みます。)、転送、配布、出版、営業のための使用等をしてはならないものとします。

2 クライアントは、当団体及び当団体から権利を承継し又は当団体が許諾した者に対して、著作者人格権を行使しないことを同意します。

 

第13条 個人情報

当団体は、クライアントの個人情報その他のプライバシーに関する情報を、当団体所定のプライバシーポリシーに従って適切に取り扱うように努めます。

 

第14条 本サービスの停止、終了、登録削除

1 当団体は、次の各号に該当する場合には、クライアントに対する事前通知なしに、本サービスの提供を一時的に停止することができるものとします。当該一時停止により、クライアントに損害が生じたとしても当団体は何ら責任を負わないものとします。

(1) 天災地変その他非常事態が発生し、若しくは発生するおそれがあり、又は法令等の改正、成立により本サービスの運営が困難又は不可能になった場合

(2) 本サービス提供に必要なシステムの異常が生じた場合

(3) その他当団体がやむを得ない事由により本サービスの運営上一時的な停止が必要と判断した場合

2 クライアントは、本サービスからの登録を削除し、退会を希望する場合、第23条に定める問い合わせ先より当団体に連絡し、当団体の定める方法に基づき本サービスからの登録の削除を行ったうえ、退会することができます。

3 当団体は、クライアントが第5条3項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると判断した場合、事前通知なしにクライアントの登録を削除することができます。

4 当団体は、クライアントの登録が理由のいかんを問わず削除された後も、当該クライアントに関する情報を保持することがありますが、当該情報保持の継続について何ら義務を負うものではありません。

5 クライアントは、理由のいかんを問わず、本サービスへの登録が削除された場合であっても、本サービスの登録削除前に原因を有する一切の義務について、責任を免れるものではありません。

 

第15条 本規約及び本サービスの変更

1 当団体は、本規約を、クライアントに事前通知することなく変更することができます。変更後の本規約は、別途定める場合を除いて、本サービス上に表示された時点より効力を生じるものとします。クライアントが、本規約の変更後に本サービスを利用したときに、当該変更に同意したものとみなされ、変更後の本規約が適用されるものとします。

2 当団体は、当団体が必要と判断した場合には、いつでも本サービスを変更、停止、中止又は終了することができるものとし、これらにより、クライアントに生じた不利益又は損害について、一切責任を負わないものとします。本サービス又は本サービスの一部又は全部を終了する場合、当団体は終了する1ヶ月以上前にクライアントに対して通知を行うものとします。但し、当団体が予測し得ない事由又は法令・規則の制定・改廃・天災等のやむを得ない事由により、本サービスを終了する場合はこの限りではありません。

 

第16条 地位の譲渡等

1 クライアントは、当団体の書面による承諾がなければ、本規約上の地位又は本規約に基づき生ずる権利義務について、第三者に対して譲渡、移転、担保設定又はその他の処分をすることができません。

2 当団体が、本規約上の地位を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、合併、会社分割等の形式を問いません。)につき、クライアントは、本規約に基づき生じる権利義務及びクライアントから本サービス利用に関して取得した全ての情報を、当団体が第三者に譲渡することについて、予め同意するものとします。

 

第17条 第三者との紛争

1 クライアントの本サービスの利用につき、第三者との間で紛争が起こった場合、紛争の当事者であるクライアントの責任及び費用負担で当該紛争を解決するものとします。当該紛争により又はこれに関連して当団体及び第三者(他の利用者が当該紛争の相手方の場合、当該他の利用者を除きます。)が損害を被った場合には、当該クライアントが単独で、又は当該紛争の相手方の他の利用者と連帯してこれを賠償するものとします。

2 クライアントは、クライアントが本サービスを通じて送信したデータに起因又はこれに関連して生じた全ての請求(クライアントが本規約に違反したこと又は第三者の権利を侵害したことに関する請求を含みますが、これに限られません。)について、クライアントの責任と費用負担で解決するものとします。

3 クライアントによる第三者の権利の侵害があったときに、第三者からのクレームや請求に関して当団体に賠償金、その他の費用が発生した場合、紛争の当事者である当該クライアントが、当該賠償金その他の費用等(弁護士費用を含みます。)を負担するものとします。

 

第18条 可分性

本規約の条項が、法令に抵触すると判断された場合又はいずれの当事者との関係においても法的拘束力を有しないと判断された場合、当該条項は、当該法令に抵触し又は法的拘束力を有しないと判断された限度で無効とみなされるものとし、本規約の他の全ての条項は有効に存続するものとします。

 

第19条 非保証及び免責

1 本サービスは、現状有姿のまま提供されるものとします。当団体は、明示的か黙示的かを問わず、本サービスについて、以下の事項を含む、いかなる事項(権利の瑕疵の担保責任、物の瑕疵の担保責任及び権利侵害のないことの保証を含みます。)に関して保証するものではありません。

(1) 本サイトが中断しないこと又はエラーがないこと

(2) 本サイトの障害、又は本サービスの操作若しくは通信に関するエラー、省略、中断、消去、欠陥、運営や送信の遅延、通信回線障害がないこと

(3) 本サイトに対する不正アクセス・ハッキング等のサイバー攻撃がないこと

(4) 本サイト及びその内容が正確、完全、確実、最新であること又はウィルスその他の有害な要素を含んでいないこと

2 本サービスに関連して利用者間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者の責任において処理及び解決するものとし、当団体はかかる事項について一切責任を負いません。

3 当団体は、本サービス上の、又は本サービスを経由して得られる情報が完全、正確又は最新のものであることを何ら保証するものではありません。当団体は、クライアントがこれらの情報を使用又は依拠したことに関して、責任を負いません。

4 当団体は、当団体による本サービスの提供の停止、中断、終了、利用不能又は変更、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連してクライアントが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

5 天災地変、戦争・内乱・暴動、法令の改廃・制定、公権力による命令・処分、労働争議、輸送機関・通信回線の事故、原材料・運賃の高騰、為替の大幅な変動その他当団体の責に帰すことのできない不可抗力によるシステムの全部又は一部の履行遅滞、履行不能又は不完全履行について、当団体は責任を負わないものとします。

6 本規約において、当団体が責任を一切負わないとする規定につき、本規約が消費者契約に該当すると認められ、かつ、当団体に故意又は重過失がある場合はこの限りではないものとします。

 

第20条 損害賠償等

1 クライアントは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に起因又は関連して当団体に損害を与えた場合、当団体に対し、その損害(弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。

2 当団体は、本サービスに起因又は関連してクライアントが被った損害について、当団体に故意又は重過失がある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

3 当団体が責任を負う場合であっても、その責任は損害賠償責任に限られ、当該損害賠償責任は、クライアントが当団体に対して支払った過去6ヶ月分の利用料を上限とします。また、当団体は、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。

 

第21条 準拠法と裁判管轄

本規約は、日本法に準拠し、これによって解釈されます。本規約に起因又は関連して生じた全ての紛争は、京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

 

第22条 誠実協議

本契約に定めのない事項及び本契約の各条項について疑義が⽣じた場合には、当団体及び利用者は、誠意をもって協議し解決するものとします。

 

第23条 問い合わせ先

本サービスに関して、不満や疑問点が生じた場合には、以下のお問い合わせ先にご連絡ください。

問い合わせ先: info@hitotohito.org