なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

こんなお悩みありませんか?

  • 英検®︎3級まではなんとか合格できたけど、英検®︎準2級の壁を感じている。

  • 小・中・高校生が楽しく勉強できる英検®︎準2級・2級レベルの教材がなくて困っている。


  • 書店で英検®︎用の単語帳を買ったけれども、覚える量が多すぎて優先順位がわからない。


  • まずはコレを覚えましょう!という単語・熟語が知りたい。
  • 小・中・高校生が楽しく勉強できる英検®︎準2級・2級レベルの教材がなくて困っている。


そんな背景をもとに
英検®︎特化塾の講師が
カード教材を作りました
だけど、英検®︎準2級や2級ともなると
覚えるべき単語や熟語は無限・・・。

その中から、教材としてこのような基準でワードを選定しました。
1
子供たちが覚えにくそうな単語
小学校や中学校で英語の勉強をスタートした時に出会う単語は、「学校」「本」「走る」など、ほとんどが形のあるものや、簡単にジェスチャーで伝えられるものばかりでした。けれども、英検®︎3級を過ぎると、「消費する」「予測する」など、形やジェスチャーで伝えることができないものがほとんどになってきます。まさにこれが難しいと感じる原因なのです。その部分をインパクトのある画像や例文でカバーできるようにしました。
2
英検®︎準2級以上の人が覚えるべき環境系の英単語
英検®︎3級までと英検®︎準2級以上を比べた時、一番大きな違いは、長文問題などで「環境系の英語」が登場することです。この教材では、英検®︎準2級以上の1次試験の長文問題などで出題されやすい「二酸化炭素の排出」「地球温暖化」「ゴミ問題」に関係する英語をカードとその例文の中に自然に組み込みました。
3
1次試験・2次試験ともによく登場する単語・熟語
覚えるべき英単語・英熟語は無限にありますが、「覚えて得をする度合い」がそれぞれ違うのです。だからこそ、まずは何を覚えるか?が重要なのですね。たとえば、[allow]という動詞があります。これは、読めて・意味がわかって・使えるようになると、一気に道がひらける単語です。語彙の穴埋め・長文問題・2次試験の音読、すべてにおいて頻出と言える重要単語です。もうご存知の方も多いかもしれませんが、読み方は「アロー」ではなく「アラウ」です。このカード教材を使っている私の生徒たちは、読み方を間違えないように、カードの画像と結びつけて「コアラ洗う」と覚えています。
2
英検®︎準2級以上の人が覚えるべき環境系の英単語
英検®︎3級までと英検®︎準2級以上を比べた時、一番大きな違いは、長文問題などで「環境系の英語」が登場することです。この教材では、英検®︎準2級以上の1次試験の長文問題などで出題されやすい「二酸化炭素の排出」「地球温暖化」「ゴミ問題」に関係する英語をカードとその例文の中に自然に組み込みました。

お届け内容

リング式 単語カード30枚
リング式 熟語カード30枚
例文集ファイル1冊

この教材のレベル目安:
英検®︎2級・英検®︎準2級

1、単語カード30枚(リング式)
2、熟語カード30枚(リング式)
3、例文集ファイル1冊

  • 販売価格
  • 4400円
  • (税・送料込み)

お支払いは
クレジットカード決済のみ
ご利用いただけます

お申し込みフォームご入力後
そのままお支払いページへお進みください。
お手元にクレジットカードをご用意の上、
お申し込みください

このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。