【知っておけば安心】
カードローン申し込みから借りられるまでの流れ

カードローンの申し込みから実際にお金を借りるまでの流れをわかりやすく解説!手続き順に丁寧に説明しています。

カードローンへの流れ

1.申し込み
2.仮審査
3.本審査・契約
4.借入
4.借入

1.申し込み

電話・郵送・自動契約機でも申込めますが、今ではパソコンやスマホでのインターネットが主流です。

インターネットでの申し込みはパソコンやスマホから簡単にでき、場所や時間、営業日などにとらわれず手続きできるのが魅力。

ネットでの申込方法は、各銀行のホームページにアクセスし、申込フォームに名前・住所・年収などの必要情報を入力した上、

運転免許証・健康保険証などの身分証明書を合わせて送信すれば完了です。

電話・郵送では必要書類をコピーして郵送・FAXになりますが、WEB申し込みであればメール添付で提出でき申込者の手を煩わせません。

カードローン申込時に銀行に、その銀行口座を持っていないと申込めない場合もあります。

毎月の返済が必ず口座振替となり、引落口座が必要になるからで、普通預金口座でOK。
(カードローン専用の口座開設でなくても構いません)

口座が必要なカードローンに申し込む際には、普通預金口座がない場合は、先に口座開設が優先されます。

専業主婦がカードローンを利用する際には

家族にバレないように来店不要なネット申込がおすすめですがどんなに急いでいても入力内容(申込情報)に不備や嘘がないようにしましょう

ちょっとした不備でも、慎重さに欠けると判断されることもあります。
単なる間違いであったとしても、事実との相違と取られてしまうケースも。

現時点での収入や借入残高に嘘があると、審査が通らない場合もあります。
今の借入残高を知られたくなかったとしても、すべて審査でわかってしまいます。
正直に、正確に記入するようにしましょう。

主婦が申し込めるカードローンは収入あり・なしで違います。
専業主婦は無収入のため、消費者金融は申込NG。
消費者金融は収入ありの人しか受け付けてもらえません。
配偶者に毎月安定収入があれば、専業主婦でも銀行カードローンには申込OKです。

2.仮審査

申し込み後に審査が行われ、以下が決定します。
  • 審査基準を満たしているかを確認(満たしていなければ審査落ち)
  • 利用限度額の決定
審査は2種類あり、両方をクリアして審査通過となります。

最初にカードローン会社の審査部による「自社審査」が行われます。

自社審査では申込者の、全国銀行個人信用情報センターなどの信用情報機関より個人情報を取り寄せて、入力内容と違うところの有無や自社内に設けた審査基準をクリアしているかを確認します。

申込内容に不明点があったり、審査する上で知りたい情報の記入がないケースなどは、メールか電話で確認連絡を受ける場合もあります。

自社審査に通過後は「保証会社による審査」があります。

保証会社は取り寄せた申込者の個人情報をや延滞などの事故情報、他社の借入状況を参照して、借主に返済する能力があるかを判断するもの。

返済能力が低いと判断された場合は、審査落ちとなります。
自社審査と保証会社の審査の2つに通過しなければいけません。

3.本審査・契約

仮審査の内容をサードローン会社が最終確認(本審査)。
無事に審査を通過したら契約手続きへと進みます

契約もネット上で手続きOK。

配偶者の所得証明書類や同意書は提出不要、必要書類は「本人確認書類」です。

本人確認書類として提出が必要になるのは、運転免許証・健康保険証などの身分証明書。

ネットで契約手続きをする場合、パソコンなどから本人確認書類をアップロード*してそのまま簡単に送信できる便利さも魅力です。
(*この場合のアップロードは、サイトなどでネットを通じて、データを送信すること。メールとは異なります。)

運転免許証・健康保険証は表裏両方が必要。各身分証明書の写真が、ぼやけていたり不鮮明な場合は認められないので注意してください。

4.借入

契約後にローン利用専用のローンカードが郵送で届きます

通常カード到着に1週間程度かかりますが、三菱東京UFJ銀行カードローンのテレビ窓口(無人契約機)ではその場でローンカード発行可能。

みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなら手持ちのキャッシュカードにローンカード機能が自動的に追加されるため、ローンカードは発行されません。

カードが郵便で自宅に届く場合、書留や本人限定受取郵便で届くことが想定されますので、不在で受け取れず不在連絡票をご家族に見られてしまったというケースも。

そんな時のために、「新しく口座を開設した」など、ご家族に怪しまれない言い訳も念のため考えておくとよさそうです。

即日融資の場合はカードが手元に届かなくても、初回のみ口座振込み(振込みキャッシング)可能。
(振込みキャッシング対応で〆切り時間内に契約までできた場合に限るなどの条件あり)

カードが手元に届いたら、各ローン会社提携の銀行やコンビニなどのATMから借入可能になります。

カードを使えば借入も返済も簡単に提携ATMからできます。
ただし、ネット申込みで契約した場合は手元にカードがなくても初回だけ借入額を指定口座に振り込んでもらうことが可能で、キャッシュカードでATMからの借入ができます。

申し込みから融資までの時間

申込者の利便を考えて、最短30分程度出審査結果が出るカードローン会社が多いようです。
午前中に申し込めば即日融資可能なカードローンも。

急いでいる場合はできるだけ早い時間に申し込むことが大切です。
本人確認書類はすぐに提出できるように、申込時にあらあじめ用意しておきましょう。