クレジットカード比較隊2019最新版

クレジットカード比較隊では、最新のクレジットカード情報を比較してご紹介しています。多数の種類や企業のクレジットカードですが、クレジットカード比較隊では、わかりやすくおすすめのあなたに合ったクレジットカードをご案内しています。クレジットカード比較隊厳選のあなたのニーズに合ったクレジットカードをこちらで見つけることができます。お得なポイント付のクレジットカード比較隊イチオシクレジットカードはコチラです!

楽天カード

新規申込ポイントゲット!

最新キャンペーン特典を受け取る

24時間受付中!申し込みは下記のボタンから

クレジットカード比較隊のクレジットカード選び方

クレジットカード比較隊がおすすめする、クレジットカードを選ぶ時のポイントは、主に3つあります。1つ目は年会費です。

カードは、それぞれ年会費は異なります。
年会費が無料のカードもあれば、有料のカードもあります。

有料のカードも、それぞれ年会費の数字が異なります。毎年2,000円のカードもあれば、5,000円や1万円など色々ある訳です。
年会費が高いかどうかは、カード選びの基準の1つになります。
ぜひクレジットカード比較隊のご紹介する各クレジットカード比較をご参考にしてください。

2つ目のクレジットカード比較隊おすすめ比較ポイントはカードを使用した時に発生するポイントです。
そもそもクレジットカードには、還元率という数字があります。

使用する度に1%のポイントが発生するカードもあれば、2%になるカードもあります。

例えばポイントの還元率が1%のカードで、1万円分の買い物をしました。その場合、発生するポイントは100円分になります。しかし2%のクレジットカードなら、200円分といった具合です。

ちなみに発生したポイントは、様々な買い物などで使用する事もできます。カードによっては、電子マネーのポイントと交換できる事もあります。

発生するポイントは、多いに越した事はありません。ですからポイントの数字も、カードを比較する基準の1つになります。
こちらもぜひクレジットカード比較隊のご紹介するクレジットカード比較リストをご参考にしてみてください。

そして3つ目のクレジットカード比較隊の選び方ポイントですが、普段自分が使用するサービスとの関連性です。
普段からよく使用するサービスのカードを選ぶのがおすすめです。

そもそもカードは、様々なタイプがあります。ガソリン関連のカードもあれば、海外旅行向けのカードもあります。それぞれ、上述の還元ポイントは異なるのです。

やや極端な例ですが、ガソリン関連のカードを使って、ガソリンスタンドで給油したとします。その場合、還元率は2%です。それ以外の用途でカードを使用した時は、0.8%だとします。

それに対して、ある流通系のカードの場合は、デパートなどで買い物する時の還元率は1.5%だとします。その他の用途でカードを使用した時は、0.8%です。その流通系のカードでガソリンスタンドで給油した時も、0.8%です。

上記のような状況なら、ガソリン関連のカードを使って給油するのが一番お得になります。流通系のカードですと、0.8%になってしまいます。

ですから普段から車に乗る機会が多いなら、ガソリン関連のクレジットカードがおすすめです。逆に、普段からデパートなどで買い物する機会が多いなら、むしろ流通系のカードがおすすめです。明らかに、多くのポイントが発生するからです。

つまり「普段よく利用するサービスに関連している」かどうかも、クレジットカード選びの基準の1つになる訳です。

これが、クレジットカード比較隊のクレジットカードの選びかたのポイントとなります。ぜひご参考にしていただき、ご自分に合ったクレジットカードを見つけてみてくださいね。