カードローンの返済ができない※払えなくなった場合の解決法まとめ
カードローンの返済ができなくなった場合の解決法をまとめているサイトです。会社や家族に内緒で解決する方法、借金を減額する方法、債務整理(任意整理・自己破産)の費用の相場、過払い金、ヤミ金など借金返済に関する情報を網羅しています。

カードローンの返済が出来ない時の解決法

借金を背負いながら生活している人は結構多いと思いますが、その中には多重債務をしている人も多いのではないでしょうか。

当サイトでは多重債務で返済が出来ない時の解決法などを紹介してます。カードローンの返済ができない方に参考にしていただければと思います。
家族や会社にバレる債務整理の種類は?
カードローンの返済ができなくなって債務整理を検討中の方へ。
はじめて債務整理をする時、会社や家族に内緒で解決したいですよね?

ただ、債務整理には内緒でできるものと絶対的にバレてしまうものがあります。
下記は債務整理でバレるもの、バレないものをまとめました。

任意整理はバレる可能性はある?

任意整理は、家族や会社にバレることはほとんどないです。

任意整理は、専門家に任せて手続きを進めてもらうので、督促状などが届いたり、電話が来ることが無くなります。

なので、家族にバレる心配はありません!

またもっとバレないようにしたいと思うのであれば、専門家に相談する時に「家族や職場にバレないようにしたい」と言っておくと、専門家もバレないように対処してくれます。
例えば、自宅に手紙を送る時は、個人名を書いてくれたりします。

このようにバレないようにしてもらっても、任意整理をすると5年間の間は信用情報が登録されるので、ローンやクレジットカードを作るのが難しくなってしまうため、そこからバレてしまう可能性が無いとは言えません。

でも、あなたが任意整理をしたからと言って、家族のローンやクレジットカードの審査に影響が出ることはないので、安心していいでしょう。

個人再生はバレる可能性はある?

個人再生はバレる可能性が少しあると考えたほうがいいでしょう。

個人再生をするには、裁判所を通じ手続きをするので、厳しい手続きがあります。

収入を把握するために、家族の源泉徴収票の写しや給与明細書が必要なので、家族に何に必要なのか聞かれてしまうと言い訳が難しいでしょう。

会社の場合は、資産額の調査に退職金計算書が必要なので、会社に作成してもらわなくてはいけないので、怪しまれてしまう場合もあるので、注意した方がいいでしょう。

また個人再生も5~10年間くらいは、信用情報が登録されるので、ローンやクレジットカードを作成するのが難しいです。

自己破産はバレる可能性はある?

自己破産は債務整理の中で最もバレやすい手続きと言えます。

個人再生と同様で、家族の源泉徴収票や給与明細書だけじゃなく、退職金計算書が必要になりますが、それだけじゃなく財産の処分もあります。

自己破産をすると、借金を全て無くしてもらえる代わりに、一定以上の財産を処分しなくてはいけないので、家族にバレずにすること出来ないと考えた方がいいでしょう。



~一定以上の資産とは?~
・ローン残高が評価額の2倍に満たない不動産
・99万円以上の現金
・評価額が20万円以上の車
・残高が20万円以上の預貯金
・20万円以上の保険の解約払戻金
・一定以上の退職金


これらを見てもわかる通り、自己破産は財産が無くなるなり、家も無くなってしまうため家族や職場にバレずにすることは不可能です。

また預貯金や保険も無くなってしまうため、配偶者からは問い詰められると思うので、初めはバレなかったとしても、いずれは必ずバレると考えた方がいいでしょう。

信用情報を家族が勝手に調べられるのか!?

ブラックリストに載っていると、ローンやクレジットの審査に落ちる可能性があるため、家族が不審に思い、個人信用情報を調べようとするかもしれませんが、個人信用情報というのは、本人の承諾なしでは、代理人が勝手に調べることは出来ないんです!

また代理人申請をする場合は、本人確認が出来る身分証明書や委任状が必ず必要です。
この委任状は、本人の直筆で書かれていなければいけませんし、住所や氏名、電話番号が書かれていなければいけません。そして実印の押印と印鑑登録証明書も必要になるんです。

このようなことから、委任状が偽装されない限りは、個人信用情報を調べられることはなりませんので、安心していいでしょう。

バレたくないなら任意整理を!

バレずに債務整理をしようと思うのであれば、任意整理をするといいでしょう。

そもそもカードローンの返済ぐらいでしたら、ほとんどの人が任意整理を利用して解決しています。

任意整理であれば、裁判所は関わりませんし、債権者と交渉して、返済金額や返済方法を決めていくので、手続きをしたとしても、家族や職場などにはもっともバレずらい方法です。

また手続きも比較的簡単で、書類も少ないので、給与明細や源泉徴収票を必要ないので、配偶者にも怪しまれずに済みます。

それに任意整理は、財産が無くなることもないので、住宅や車、預貯金や保険なども無くなる心配がないため、バレにくいと言えます。

債務整理をバレないようにする為には

  • 個人再生と自己破産はバレる可能性が高い
  • バレずに債務整理するなら任意整理
  • 信用情報は勝手に調べられることはない
まず多重債務とは、カードローン・消費者金融から借り入れやキャッシングなどを複数利用している状態のことを言います。

2社くらいなら何とかなるかもしれませんが、5社くらいになってしまうと、利息だけを返すのがいっぱいいっぱいになって、多重債務になるのです。

多重債務になると、利息だけしか返済することが出来ないため、いつになっても借金が減らず、増える一方なのです。

このような多重債務になると、返済が出来なくなるため生活も苦しくなります。

なのでこのように多重債務になってしまったら、早めに解決する必要があります。
多重債務になると大変な事とは?
〇生活が苦しくなる
借入先が5社くらいなってしまうと返済が苦しくなり、返済できないという状況になりやすいと言えます。

もしもあなたが毎月20万円稼いでいるとします。
そして5社に15000円ずつ返済したとすると、毎月手元に残るのが約12万円くらいになってしまうため、生活もままなりません。
そのため借り増しをしてしまう人も多いでしょう。

こうなってくると、雪だるま式にドンドン借金が多くなっていくだけです。



〇滞納するようになる
ドンドン借金が多くなると今度は返済できず滞納するようになってしまいます。
多重債務者の中には、自分がどれくらい借金をしているのかわからないという人も多いでしょう。

このような場合は、自分がいくら借金しているのか把握できていないので、返済計画すら出来ていないということです。

また1社の返済が滞納してしまうと、他の借金まで滞納してしまう可能性が高いです。
それに滞納すると、毎日のように督促の電話が来たり、郵便が届くようになります。



〇一括請求の郵便が届き、裁判になる
滞納をし続けていると、今後は「○日までに○○万円払ってください。」というような一括請求書が送られてきてしまいます。

一定以上滞納してしまうと、分割払いをすることが出来なくなってしまうだけじゃなく、残高を一括で支払わなくてはいけなくなります。

また遅延してしまったため、損害賠償として遅延損害金も加算されます。
ですが、ほとんどの人が、一括支払いに応じれるわけがないので、裁判になって、一括支払いと遅延損害金の支払いの命令が出てしまうんです!



〇精神的に疲れてしまう
多重債務をして滞納をしてしまうと、生活にも影響が出ます。
どうしてかというと、毎日と督促の電話や郵便が来るようになるので、それが来るたびに精神的にドンドン疲れてしまい、毎日憂鬱になってしまいます。

そして裁判所からの命令も無視してしまうと今度は強制執行で、財産を差し押さえられることになります。
もっと酷いと、職場にまで電話が来る可能性があるので、職場の人にもバレてしまい、居にくくなってしまう可能性もあります。

そのため電話や手紙などを放置し続けてしまうと、まともな生活が難しくなってしまうので、このようなことにならない為にもしっかり対応することをオススメします。
多重債務を解決する方法
多重債務をしてしまい、返済できずに滞納してしまった人は、毎日督促の電話や郵便が来てしまい、精神的に来てしまっている人も多くいると思います。

そんな生活から抜け出すためには、早めに解決することが1番だと思います。
なので、ここでは多重債務の解決法として債務整理について紹介していきたいと思います。

まず、債務整理とは、借金を減額や免除をしたり、支払いに猶予を持たせ、多重債務者を法的に助けるというような手続きのことを言います。

そして債務整理と言っても、いくつか種類があるので自分に合った物を選ぶようにするといいでしょう。

1

任意整理

任意整理は、債権者と話し合いをして、支払いが出来るように借金の金額を考える方法です。
話し合いと言っても、専門家に任せて行っているので、心配はありません。


また任意整理は、裁判所は関わらないので、債務整理の中でも最も活用される方法です。
さらに家族や会社にも内緒で解決できるのも安心です。

ですが、他の債務整理に比べると減額の幅が少なく、5年間はローンなどが使うことが出来ないというデメリットもあります。

2

個人再生

個人再生は、裁判所が関わってきます。
裁判所を通じて、3~5年間で返済出来るように借金を5分の1くらいまで減額するという手続きになっています。

個人再生だと、利息だけじゃなく借金自体を減額出来るので、任意整理をしても返済が厳しいという人は、個人再生という手もあると思います。

また個人再生であれば、住宅や車などを残すことが出来ますし、浪費による借金でも手続きすることが出来ます。

ですが、安定した収入がないといけませんし、ブラックリストに載ってしまうというデメリットもあります。
他にも連帯保証人になってもらった人に催促の電話などが行ってしまう可能性があるのも大きなデメリットと言えるでしょう。

3

自己破産

債務整理と言ったら自己破産というイメージを持っている人も少なくないでしょう。
自己破産は、裁判所に支払いが出来ないということも申し立てて、財産を手放す代わりに借金を全て免除してもらうというような手続きをすることです。

自己破産は、収入が無くても手続きすることが出来ますが、自己破産をするのにも費用がかかります。

自己破産は、全ての借金を無くすことができ、手続き完了後は自分の収入を自由に使うことが出来ます。
ですが、住宅や車などの財産を失ってしまいますし、一定の職業にはつけません。
また個人再生と同様にブラックリストに載ってしまいます。

このように債務整理にも種類があり、自分の状況に応じて選ぶ必要があります。
借金が減額したり免除されるためメリットもありますが、ブッラクリストに載ってしまうなどデメリットもあることを理解しておきましょう。

中には、「ブラックリストに載るなんて絶対にヤダ!」という人がいるかもしれませんが、完済をするためには、債務整理を考えた方がいいと思います。

自己破産は最終手段と思った方がいいです。

1

任意整理

任意整理は、債権者と話し合いをして、支払いが出来るように借金の金額を考える方法です。
話し合いと言っても、専門家に任せて行っているので、心配はありません。


また任意整理は、裁判所は関わらないので、債務整理の中でも最も活用される方法です。
さらに家族や会社にも内緒で解決できるのも安心です。

ですが、他の債務整理に比べると減額の幅が少なく、5年間はローンなどが使うことが出来ないというデメリットもあります。

まとめ

・多重債務をしてしまうと大変なことが多い
・多重債務を解決するためには、債務整理を考える

債務整理をするとブラックリストに載ってしまうため、嫌と感じてしまうかもしれませんが、それが嫌で1人で悩んでいると、借金がドンドン増えていくだけなので、出来るだけ早く専門家に相談するようにするといいでしょう。

そして解決をして不安のない生活を送れるようになりましょう。