クレジットカードでキャンペーン乞食
POINT
1

何でこんなに入会特典がもらえるのか

入会特典がたくさんあるのは、カード会社の収入源と仕組みを理解すれば見えてきます。

クレジットカードで支払いをされると、店舗側から決められたレートでの手数料を徴収することができ、契約ユーザーが多く、毎月定期的にしっかり利用してもらえれば貰えるほど、カード会社が儲かる仕組みになっているためです。そのため初期費用として手厚い入会特典を用意し、カードホルダーの囲い込みを行っています。

入会特典は各社内容が異なり、多くの場合がポイントのキャッシュバックや期間限定のポイントアップなどです。初めての入会時しか適用されないため、上手に利用すればお得に買い物をすることもできます。

カードホルダー側は一括払いであれば商品の代金以上の支出になることはありません。リボ払いを利用すれば毎月の支払額を抑えることはできますが、その分カードホルダー側も手数料がかかることになり、これもまたカード会社の大きな収入源の1つになっています。

特典の中には条件が設けられているものもあり、「初めてのリボ払いの変更」が条件となっているものもあるため、注意しましょう。リボ払いに変更する金額や支払期間によっては、受けられる特典以上に支出が増えてしまうこともあります。

入会特典は一度解約して再度契約した場合は適用されません。

これはカード会社側に顧客の個人データが残っており、解約後もデータは保持されているためです。そのため1つの会社で受けられる特典は1回切りですので、タイミングも考えて申し込みをすることが大切です。
POINT
2

キャンペーンで特典もらったらすぐ解約してもOK

貰った特典が「ポイント」の場合は解約してしまうと、受け取ったポイントも失効してしまうので注意しましょう。

ポイントは様々な商品や金券と交換することができますが、端数が出てしまうと交換できずに終わってしまうことがあります。年会費のかかるカードを使わないのに持っていても無駄になってしまいますが、年会費がかからないようなカードは持っていても損になることはありません。

解約することで信用情報にデータが残ってしまうのも気になる点です。

作っているカードが少ないうちはそれほど問題にはなりませんが、何枚も作っては解約を繰り返していると、クレジットカードの審査に通りにくくなることがあります。これは契約をしてもキャンペーン狙いで会社にとって利益にならない顧客として判断されるためです。

信用情報はクレジットカードの契約以外にも、カードローンや携帯本体の割賦支払いのときにも参照されるため、不利なデータが残らないように注意しておく必要があります。解約すれば解約があったことが記録として一定期間残るため、キャンペーンだけを狙って何十枚も作るというのは実際には難しいことなのです。

解約後、再度契約するときには審査が必要になります。

状況によっては再契約が難しくなることもあるので、せっかく契約したカードはなるべく持っておいたほうがよいでしょう。すでにカードを持っている人に対して行われるキャンペーンもあるため、契約状態を維持していればすぐに利用することもできます。
POINT
3

クレジットカードのキャンペーン時期はいつが多い?

カード会社によってキャンペーンの内容や時期は異なりますが、出費が多くなるような夏季休暇シーズン、ゴールデンウィーク、年末に合わせて特典を用意する会社が多くあり、このような時期は海外に旅行に行く人も多いため、現地での決済が必要なものや、現地のATMでキャッシングをすることでキャンペーンの条件をクリアできるものもあります。

抽選で当たるものでも海外での利用となれば条件クリアする人も少ないため、他のキャンペーンと比較すると当たりやすくなるでしょう。

また、カード会社にも契約者目標や売り上げ目標といった数字を求める部分があるため、営業成績があまりよくないような時期には新規顧客獲得のために特典が用意されることがあります。多くは決算前などその年の数値にプラスしたいタイミングで行われます。

キャンペーンには終わりの期限が設けられているものも多く、またカードを持っているだけでは適用されず、マイページなどカード所有者がアクセスできるページから申し込みをしなくてはならないものもあるので注意しましょう。

定期的にホームページを確認して、お得な情報が掲載されていないかチェックするのも上手な使い方の1つです。短期間のものもあれば長期間のものもあり、参加者が一定数に達した段階で打ち切られてしまうものもあります。

利用するかどうかは別として、すべてのキャンペーンに応募しておいて損はしません。しっかりとホームページで情報を確認しているということはカード会社側にもデータとして残るため、信用を得ることもできます。
POINT
4

カード利用が条件のキャンペーンは高額特典が多い

キャンペーンの条件には無条件で参加できるもの、申込が必要で、かつ一定金額以上のカード利用が必要なもの、リボ払いにしなくてはならないもの、キャッシングが必要なものなどさまざまです。

特定の施設で支払いをしなくてはならないものなどいろいろな種類があるため、すべてのキャンペーンに参加したからと言って、すべて条件をクリアすることは非常に難しいです。しかし支払いが必要なものはそれなりの手厚い高額特典が用意されているものも多いため、利用する機会があれば参加するのもよいでしょう。

ポイントが何十倍になるものや、一部がキャッシュバックされるものなど、特典の内容は様々ですが参加条件をしっかりと呼んだうえで申し込みをするとよいでしょう。

カードホルダー側が何か負担をしなくてはならないようなものはほとんどありませんが、キャッシングやリボ払いへの変更は利用方法次第では高額特典以上に支出になってしまうことがあるからです。

上手に利用しないとせっかくのキャンペーンも負担になってしまうばかりか、こうした金融商品の利用は信用情報にも記録が残るため、別のカードの契約に響いてくることもあります。特にキャッシングは、カード会社が信販会社などのノンバンクでは総量規制の対象となり、利用額によっては収入証明書の提出も必要になります。

ポイントサイト経由で申し込みをするのも高額キャッシュバックを得る方法の1つです。

初回入会特典が適用されなくなるようなものもありますが、ポイントサイトでは付与されたポイントを現金として出金できるところも多いため、交換したい商品がないような場合にも有効活用できます。
https://www.card-campaign.net/
上記サイトのようにキャンペーン情報を調べて比較しているサイトもたくさんありますので、そういったところでお得な入会キャンペーンを探してみるのがいいでしょう。
POINT
5

マイルカードのキャンペーンもすごい!

ポイント制度はカード会社によって異なりますが、中でも人気が高いのがマイルが貯まるクレジットカードです。

マイルがたまるのは航空会社系のクレジットカードですが、航空会社でも複数のカードを用意しており、それぞれでカードスペックも異なります。入会特典で大量のマイルが付与されるものも少なくありませんので、カードの利用目的に合わせて自分に合った1枚を選ぶとよいでしょう。カードを一定金額以上利用するとさらに多くのマイルが貰える特典を用意しているものも多くあります。

複数のキャンペーンを適用することによって、1つ1つではそれほど大きなマイルは貰えなくても、総合でたくさんのマイルになることもあります。

カードのステータスが高いものほど普段の利用でもたくさんのマイルがキャッシュバックされていくので、カードをたくさん利用するような人は高ステータスのカードを1枚所有しておくとお得に利用できます。

高ステータスのカードは年会費がかかるものも多いため、何枚も持つようなものではありません。サブで所有するものは年会費のかからない一般カードにとどめておくとよいでしょう。利用するカードが分散化されることによって、ポイントの貯まる速度が遅くなってしまい、なかなか交換するに至らなくなることもあります。

マイルやポイントには期限が設けられていることもあるため、失効しないように毎月確認をし、上手に貯めて無駄なく利用できるように工夫するとよいです。