2019 at Carbon

Carbonの2019年を振り返ると、オーダーメイドの眼鏡フレームやデジタル義歯の製作から、自動車部品やアメリカンフットボールヘルメットライナーの製造に至るまで、お客様の製品イノベーションを加速した1年でした。

Consumers

MyFit Solutions イヤホン


MyFit Solutionsがカスタマイズされたイヤホンチップを高い費用対効果を維持しながら生産するために、認定Carbon Production Network PartnerであるErpro GroupのCarbonデジタルマニュファクチュアリングプラットフォームをどのように活用しているかご覧ください。

J of JINS サングラス

遂に日本でもコンシューマー向けで初となる量産適用された成功事例が登場しました。 株式会社ジンズが運営するハイエンド層向けアイウエアブランド「J of JINS」から 世界で初めて0.1mm単位で制御されたラティス構造を採用、クッション性と通気性を 兼ね備えた、これまでにない「快適なフィット感」を実現しました。



Specialized 自転車サドル

Specializedは、Carbonの利用により、サイクリストに蔓延する課題に対処法を発見し、従来の開発プロセス対比2倍のスピードで実施しました。



Riddellアメフトヘルメット

RiddellはSuper BowlにてCarbon社ラティスのヘルメットを採用しました。

Carbonは、アメフトをはじめ、スポーツの保護用具を変えようとしています。






Adidas ミッドソール
Adidasシューズのミッドソールの事例を参考に、顧客ニーズに応えたラティス作成機能を紹介します。






fi'zi:k 自転車サドル
fizikは、Carbonの革新的なデジタル光合成技術、エラストマーポリウレタン製パッドを用いて、同社初のデジタル造形自転車サドルを製作します。



UNYQ x IKEA ゲーミング
UNYQは家具最大手企業IKEAとコラボレーションを組んで、ゲーマー向け製品のイノベーションを加速しています。




Riddellアメフトヘルメット

RiddellはSuper BowlにてCarbon社ラティスのヘルメットを採用しました。

Carbonは、アメフトをはじめ、スポーツの保護用具を変えようとしています。






Automotive

Lamborghini Sián
エアベント
Carbon®とLamborghiniはパートナーシップを拡大し、Lamborghini初のハイブリッド車SiánFKP 37の中央、側面両方のダッシュボードエアベントをデジタル製造します。
Lamborghini Urus
燃料タンクキャップ
Carbon技術を用いたLamborghiniの最初の生産部品は、Urusの車名が入りテクスチャ加工が施された新しい燃料タンクキャップとエアダクト用クリップ部品です。
Ford Focus, Raptor, Mustang 自動車部品
「Ford Focus HVACレバーアームサービスパーツ」、「Ford F-150 Raptor補助プラグ」、「Ford Mustang GT500電動パーキングブレーキブラケット」はFord向け生産に適用された最初のデジタル製造樹脂部品です。
Proterra 電気バス
Proterraは、Carbon社との協業で、製造コストを削減し、部品実装リードタイムを短縮しました。



CSU インテークマニホールド
CSU (カリフォルニア州立大学) サクラメントは、Carbon社デジタル光合成技術によって、インテークマニホールドのデザインを見直して、軽量化、性能向上を実現しました。
Proterra 電気バス
Proterraは、Carbon社との協業で、製造コストを削減し、部品実装リードタイムを短縮しました。



Industrial

Fast Radius 熱交換器
CarbonプロダクションネットワークパートナーのFast Radiusは、熱交換器の昔ながらのデザインを根本的に変え、エネルギー効率アップ、軽量化、低コストを実現し、そのパフォーマンスを2倍にしました。

エアロスペース(NASA)

Carbonプロダクションパートナー The Technology House(TTH)はNASAと協力して、冷ガス推進システム用高性能スラスターを迅速かつ低コストで製造しました。

Wilson Toolタッピングツール

Wilson ToolはCarbonを使用して、コスト削減、リードタイムの短縮、オペレータの安全性の向上を実現しました。

Aptiv 海兵部品
Aptivはコネクテッドソリューションの一部として、海洋船舶に適したコネクタ、ターミナル、ケーブルアセンブリなどの光ファイバ接続システムを提供しています。光ファイバーケーブル用ダストキャップ導入事例です。
NXT Outdoors
アーチェリーの照準器
NXT Outdoorsは、革新的な照明付き照準器を開発しました。迅速な試作、迅速な生産、顧客へのフィードバックの収集と統合といった同社の理念をCarbon SpeedCellシステムと組み合わせてできたものです。
Vitamix 洗浄ノズル
Vitamixは従来、射出成型6部品の洗浄ノズルをCarbonを用いて一体化することにより、10倍の耐久性、3割の材料低減、3割のコスト削減を実現しました。


Aptiv 海兵部品
Aptivはコネクテッドソリューションの一部として、海洋船舶に適したコネクタ、ターミナル、ケーブルアセンブリなどの光ファイバ接続システムを提供しています。光ファイバーケーブル用ダストキャップ導入事例です。

Life Science

LUNAR 骨髄内輸液装置

LUNARとCarbonは、Carbonのデジタル光合成技術を使用して、複数の製造ステップを省き、救命製品の設計を迅速に改良しました。

BIOLASE 医療機器

BIOLASEは真空注型部品をCarbon造形部品に置き換え、コスト削減と市場投入時間の短縮化を図りました。

Earlens 補聴器
カスタム補聴器の製造元であるEarlensがカスタム補聴器用生産金型の精度を向上させるために、CarbonのOTA(Over-the-Air)ソフトウェア更新機能を活用しました。
BD 細胞ゲノム解析システム

BDは、Carbonと提携して、造形時間55%短縮、素材使用量7%削減、製品開発サイクル加速、最終製品の低コスト生産を実現しました。

BD 細胞ゲノム解析システム

BDは、Carbonと提携して、造形時間55%短縮、素材使用量7%削減、製品開発サイクル加速、最終製品の低コスト生産を実現しました。