カナダグースのクリーニングが安いのは?失敗しないおすすめはここ

カナダグースはカナダ発・ダウンウエアを中心とした高級ブランドで、極寒地に居住する方や登山で極寒地に行く方など、世界中にファンがいることでも知られています。

そんなカナダグース製品をクリーニングに出すとき、どんなクリーニング店に出したら良いでしょうか。

何せカナダグースは1着10万円以上する高級品です。絶対にクリーニングで失敗したくないですよね。

それに、できるだけ安い料金で済ませたいものです。この記事では、カナダグースのクリーニングができるおすすめのクリーニング店をご紹介します。

カナダグースのクリーニングはどこが安い?9社比較!

お店 料金や特徴
カラキヤ 料金:5,200円~+送料

カラキヤでは、カナダグース公式のクリーニング推奨店で、製品ごとに適切なクリーニング(水洗い・ドライ洗い)を行っています。

料金は撥水加工付きで5,200円+税+送料。仕上がり予定はシーズンにもよりますが、2週間程度と少し時間がかかります。

付属品に毛皮があるときは別料金が発生することもありますが、カナダグース製品のクリーニング実績が豊富なので安心して任せることができます。
クレアン 料金:8,000円~+送料

有名ブランドダウンウエアクリーニング専門業者のクレアンでは、カナダグースのクリーニングにも対応しています。

料金はダウンジャケットで8,000円+税+送料。付属品がある場合は追加料金が発生することがあります。

料金は若干高めでも、ダウン専用水洗いと仕上がりの優秀さが各メーカーから認められている頼れるクリーニング業者です。
リナビス 料金:1,710円~送料無料

リビナスは、クリーニング歴40年の熟練職人が丁寧に仕上げる、安心のクリーニングサービスです。

高級ブランド品にも対応可能、もちろんカナダグースのクリーニング実績も豊富です。料金は1,710円~+税、送料は無料なのでクリーニング料金のみで利用できます。

オーダーは5点からとある程度まとめてオーダーする必要がありますが、しみ抜き・ボタン修理・保管・再仕あげ・毛玉取り・おせっかいが無料で利用できるクリーニング店です。
リネット 料金:3,150円~送料無料

リネットはヤマト運輸の取り扱いがあるエリアなら、全国どこでも対応するクリーニングサービスで、朝イチ・夜イチなど早朝や夜間の集配に対応することが特徴です。

料金はプレミアム月会費プラン以上で、3,000円以上なら送料無料。いつでもインターネットや公式アプリから申し込むことができます。
キレイナ 料金:7,000円~+送料

キレイナはオーダークリーニングに対応するクリーニングサービスで、カナダグースを始め、シャネルやエルメスなどの高級ブランド品のクリーニング実績も豊富なことが特徴です。

料金は7,000円~+送料、レザーや天然のファーが付いている場合は1,800円の追加料金が発生します。

宅配によるクリーニングですが、高級ブランド品も安心して任せることができますね。
ラクリ 料金:1,160円~送料無料

ラクリは、働くクリーニング師の全員が国家資格の有資格者で、カナダグースなどの高級ダウンも追加料金なしで対応しています。

料金は1,160円から、送料は無料で利用できます。1度のオーダーで5点・10点・20点の3つのコースから選択でき、日本全国どこにお住まいでも利用できます。
ワードローブトリートメント 料金:9,130円~送料無料

ワードローブトリートメントは、1人ひとりのお客さまの衣類を1点のみで洗う「一客洗い」にこだわるクリーニングサービスです。

どんな製品にも1着ずつ丁寧に仕上げてもらえるため、カナダグースのクリーニングにも対応しています。

料金は9,130円(一部革・毛皮付き)から、送料は往復無料、お届けは見積り金額の了承から2~3週間となっています。
白洋舎 料金:4,200円~※持ち込み

白洋舎は創業から100年以上の実績を誇るクリーニングサービスで、時代の流れと共にさまざまな製品を取り扱ってきました。

カナダグースなどの高級ブランド製品にも対応可能、らくらく宅配便、集配サービスと店頭への持ち込みの3通りのオーダー方法から選べます。

料金は持ち込みで4,200円+税から、宅急便のコースを選ぶと所定の送料がかかります。
プラスキューブ 料金:1,700円~送料無料

プラスキューブは、来店不要・24時間オーダーOKのネット注文型宅配クリーニングです。創業から60年以上の実績を誇る老舗クリーニングの専任スタッフが運営しています。

料金は1,700円から、送料は無料で利用でき、5点・10点・20点のパックから選択してオーダーすることができます。

カナダグースのクリーニングも、24時間いつでもオーダー可能です。
リナビス 料金:1,710円~送料無料

リビナスは、クリーニング歴40年の熟練職人が丁寧に仕上げる、安心のクリーニングサービスです。

高級ブランド品にも対応可能、もちろんカナダグースのクリーニング実績も豊富です。料金は1,710円~+税、送料は無料なのでクリーニング料金のみで利用できます。

オーダーは5点からとある程度まとめてオーダーする必要がありますが、しみ抜き・ボタン修理・保管・再仕あげ・毛玉取り・おせっかいが無料で利用できるクリーニング店です。

カナダグースクリーニングのおすすめ店はここ!

1番安い!さらにクリーニング師が担当する「ラクリ」

ラクリの各コースの中では、保管なし5点コースが1着あたり1番安くなってお得です。製品に合わせて洗い方式を変えてもらえるのもうれしいですね!

カナダグースの場合は水洗い。これなら羽毛のふんわり感も損なう心配がありません。

洗い方式:ウェットクリーニング
料金: 1,160円~送料無料
納期目安:衣類発送日より最短10日

安心感なら「カラキヤ」

カラキヤは、豊富なダウンのクリーニング実績があり、カナダグース公式が推奨するクリーニングサービスです。

また、他の高級ダウンの取り扱いも豊富なので、安心して大切なカナダグースを任せることができます。

洗い方式: ウェットクリーニング
料金: 5,200円~+送料
納期目安:1~2週間

トータルメンテなら「キレイナ」

キレイナは、高級ブランドや特殊素材のクリーニング実績が豊富で、衣類の破れ・変色・色褪せなどのメンテナンスも含めた質の高いクリーニングに定評があります。

遠方にお住まいの方、近所のクリーニング店に断られたという方も、きめ細やかなサービスを受けられます。

洗い方式: ウェットクリーニング
料金: 7,000円~+送料
納期目安:見積り承諾後、約2週間

カナダグースを出すクリーニング店を選ぶポイント

ウェットクリーニングか(もしくは適した洗浄方式か)
クリーニングというと一般的にドライクリーニングのことを指すことが多いですが、カナダグースの場合はウェットクリーニングか、ダウンに適した洗浄方式でのクリーニングがベストです。

ウェットクリーニングは、本来ならドライクリーニングをすべき衣類を水を使って洗う方法で、汗や水溶性の汚れやシミを落とすことに優れています。

カナダグースもドライクリーニングに対応しているのですが、1シーズン着た汚れを落とすためにはウェットクリーニングが必要なのです。

また、ドライクリーニングにした場合、使用する溶剤や洗剤によってはダウンにダメージを与えてしまう可能性があります。

その結果、ダウンの最大の魅力であるふんわり感も失われるかもしれません。そうなってしまってはせっかくの高級ダウンがもったいないですよね。

カナダグースをクリーニングに出す前に、必ずウェットクリーニングが可能かどうかを確認するようにしましょう。
個別洗いか
多くのクリーニングでは、クリーニング工場で大型の洗濯機を使って効率的に洗っていることがほとんどです。

効率的に作業を進められるのでクリーニング料金は安くなりますが、他人の衣類と一緒に洗うために衛生上はあまり良いとは言えません。

カナダグースなどの高級ダウンは、他人の衣類と一緒に洗うようなことは避ける方が良く、臭いなどにも気を付けたいものです。

クリーニング店の中には個別洗いに対応するところもあるので、クリーニングに出す前にチェックしておきましょう。
溶剤管理は問題ないか
クリーニングの種類には、ウェットクリーニングのほかにドライクリーニングもあります。

ドライクリーニングは、水を使わない代わりに油分を原料にした「有機溶剤」という液体を使用し、衣類別に適切な洗剤を混ぜてクリーニングしています。

この溶剤管理がずさんだと、衣類にダメージを与えてしまう原因となるため、そういったクリーニング店は避けるのがベターです。

しっかり溶剤管理をしているクリーニング店なら、カナダグースも理論上はドライクリーニングで洗うことができ、羽毛へのダメージも最小限に留めることができます。

では、どんな溶剤管理をしているのか、どうやって確認したら良いのでしょうか。

さすがにお店の中(作業場)まで入って確認することはできないので、カナダグースを出す前に何か1点オーダーしてみてください。

仕上がった衣類から石油臭以外の異臭がする、衣類がじとっと重たく感じるなどオーダー前よりマイナーな印象になっていないかチェックしましょう。

気持ち良い仕上がりになっていない場合は、汚れた溶剤を使用している可能性があるため、そういったクリーニング店は避けるようにしてくださいね。
高級クリーニングの実績は豊富か
カナダグースのように高級ダウンをメインにしているブランドでは、高気密で保温性を高めるなど高性能を売りにしていることが少なくありません。

カナダグースを出すときは、さまざまな高級ブランド製品のクリーニング経験が豊富、または高級クリーニング専門店など、高級クリーニングの経験が豊富なお店を選ぶようにしましょう。

いくつものブランドに対応しているような、高い技術を持つクリーニング店だとより安心ですね。

カナダグースは街のクリーニング店に出すと失敗する?

カナダグースのクリーニングは、いつも利用しているクリーニング店でも大丈夫でしょうか。

ネット上では失敗したという話もよく目にしますが、実は利用するクリーニング店によっては失敗することもあります。

カナダグースなどの高級ダウンの汚れを落とすには、製品に対する知識や技術が必要です。

そのため、知識や技術、経験がないクリーニング店に出してしまうと、思わぬ状態で仕上がってくることもあります。

失敗した理由として代表的なものでは、ダウン特有のふわふわ感が無くなってしまった!などが挙げられます。

高級ダウンはウェットクリーニングが基本だと、知らないクリーニング店に出したときによくあるケースです。

カナダグースの外側の品質維持のためにドライクリーニングを選択したのでしょう。

その結果、中の羽毛に対して適切な溶剤や洗剤ではなかったために、ボリュームがダウンしてしまったのです。

また、外側の生地がゴワゴワになって仕上がったなどの失敗事例もあるので、カナダグースのクリーニングは専門性や実績のあるところにだすようにしてくださいね。

「失敗が怖い…」からカナダグースをクリーニングに出さない…はだめ!

1着10万円以上もするカナダグースは、1度購入したらできる限り長く着たいですよね。

でも、カナダグースをお持ちの方の中には、クリーニングで失敗するのが怖いし、クリーニング料金も安くはないため、クリーニングに出さなくても良いと思う方もいるのではないでしょうか。

1シーズン着たカナダグースは、汗や皮脂汚れ、何らかのシミなどが付着しているので、信頼できるクリーニング店にクリーニングしてもらうことが必要です。

そのまま放っておいた場合、菌が発生して臭いが付いたり、汗や皮脂汚れが黄ばみや黒ずみになったりして劣化の原因になります。

せっかくのカナダグースが1シーズンで臭う!着れない!なんてことになったら最悪ですよね。泣きたくなります。

そうならないためにもしっかりとメンテナンスするようにしましょう。

カナダグースをクリーニングに出す頻度は?

カナダグースをクリーニングに出す頻度は、年に1回ほどでOKです。シーズンの終わりごろに出すと良いでしょう。

年に何度も着ていない場合でも、もう今シーズンは着ることがないかも?と思ったときに出すようにしてください。

1度でも着用すれば、襟や袖口に汗や皮脂汚れが付きます。それを放置してしまうと劣化のきっかけになるため、必ずクリーニングに出しましょう。

自分でできるカナダグースのお手入れ方法はある?

カナダグースを毎日のように着る方にとって、ちょっとした汚れが気になることもありますね。

年に1回はクリーニングに出すとしても、軽い汚れなら自分で落とすこともできますよ。

襟もとや首元、袖口の汚れは、頻繁に着るなら定期的に落としたい部分です。主に皮脂汚れやファンデーションなどが付きやすいので、気になったら自分で落としてみましょう。

家庭用の中性洗剤や台所用洗剤と、軽く湿らせたスポンジを用意します。スポンジに洗剤を少し付けて、軽くたたくように汚れを落としてみてください。

汚れが取れたら、ぬるま湯に湿らせたタオルで洗剤を拭き取ります。ダウン表面の軽いシミや汚れならこの方法で落とすことができますよ。

また、白カビは軽く水ぶきすれば取れますが、黒カビは個人では落とすことができません。汚れの状態によってクリーニングの方が良い場合は、早めに出すようにしましょう。

カナダグースの正しい保管方法

カナダグース全般に言えることですが、保存する際は清潔な状態で収納することが基本です。ほこりや汗・皮脂などの汚れは劣化を早める原因になります。

ファーが付いている場合は取り外し(外せる場合)、毛や革が型崩れしないよう前後に余裕のある場所に縦方向に吊るして保管します。

ジャケット類は幅広いハンガーにゆったりかけて、湿気の少ない暗所で保管します。このとき、ほこりや汚れから守るために通気性の良い衣類カバーをかけるようにしましょう。

また、程よく余裕のある場所が好ましく、狭いスペースで押しつぶさないように気を付けてください。

一般的にはクローゼットの中で保管するようになりますが、場合によってはクリーニング店の保管サービスを利用するのもおすすめです。

まとめ

カナダグースは高級ダウンの中でも根強い人気があるブランドです。近年では日本の環境に合わせてダウン量を調節したモデルも登場するなど、国内でも注目を集めています。

カナダグースを購入した場合、長く愛用するためには適切なメンテナンスを行うことが必要です。

クリーニングに出す場合でも、専門的な知識と経験があるクリーニング店を選ぶようにしましょう。

定期的にしっかりメンテナンスをしていけば、高級ダウンは長持ちします。また、近年では次のシーズンまでダウンに適した環境で保管してもらえるサービスも利用できます。

メンテナンスや保管に自信がない方は、カナダグース公式が推奨するクリーニング店を利用することもおすすめです。

カナダグースのクリーニングで失敗しないためにも、事前にしっかりクリーニング店の情報収集をしてくださいね。

大切なカナダグースを長く愛用できますように。