Live in the present!

自分のもらっている賜物に気づき、今ここに感謝して生きる!

稲岡 加那子(いなおか かなこ)
canaan(カナン) アーティスト名

兵庫県神戸市生まれ、
三木市育ち
現在33歳。

16歳から摂食障害(過食嘔吐)を患い、約15年間、高校、大学、社会人と闘病しながら過ごす。
追い打ちをかけるように、20代後半に双極性障害Ⅱ型と診断され、約2年間服薬治療。

食べ物の食べ吐きに使ってきたお金は、
700万円以上。

身も心もボロボロになる、
摂食障害。

自尊心も何もない中で、さらに双極性障害Ⅱ型の診断がくだり、20代後半は、本当に生きるのが辛くて、死んでしまいたいくらい、自分が嫌いでしょうがなかったです。


そんな私に転機が訪れたのは、
5年前に障害者施設に支援員として入社してからでした。

職場では、耳が不自由でありながら、プロダンサーを目指して東京進出を考えている方や、ペースメーカーを付けていながら、休みの日は旅行に行きながら、毎日をめちゃくちゃ楽しんで過ごしている方に出会いました。

私は自分の障害を治すことばかりに集中しすぎて、自分が本当にやりたいこととか、夢とかに向かって一歩も踏み出していなかったことに気づきました。

そして、その時から、本当に自分が心からやりたいと思っていたシンガーソングライターの活動に挑戦するようにしていきました。

そうすると、過食嘔吐も双極性障害も一気に症状が治まりました。

"自分のもらっている賜物に気づき、今ここに感謝して生きること!"

今は、自分のことを障害者ではなく、アーティストだと思っています。繊細な感性は持って生まれた才能(賜物)であり、溢れ出す創作意欲をうまく表現できなかっただけ。表現する先を塞いでしまったために、過食症で発散してたのだと。

本当の望みを押し殺して、
無理して生きていることを教えてくれたのは、摂食障害と双極性障害だったので、いまではむしろ障害になったことに感謝しています。