カロバイプラスの効果と副作用は?成分の徹底チェックで見えてくる!

カロバイプラスは、韓国生まれのダイエットサプリです。

あくまでもサプリメントであり、医薬品ではありませんが、それでもごく稀に副作用があります。

実際、口コミサイトの投稿を見ると、副作用で飲むのを中止したという書き込みがあります。
割合としては極めて少ないですが、それでもゼロではありません。
ですから、不安に思う人もいるかもしれません。

そこで、今回はカロバイプラスの副作用について調べてみました。

⇒⇒カロバイプラスの公式サイトはこちら!



【カロバイプラスとは】

副作用について解説する前に、そもそも「カロバイプラスって何?」という人もいるかもしれません。
ということで、まずはカロバイプラスについて紹介します。

冒頭でも述べたとおり、カロバイプラスとは韓国からやってきたダイエットサプリです。

韓国は「美容大国」とも言われ、美容への関心度が非常に高い国として知られています。
それだけに、美容用品もたくさん出回っており、競争も激しいです。

カロバイプラスは、そんな韓国で大人気の商品です。
韓国のアイドルやモデルにも、愛用者が大勢います。

ダイエットって辛いです。
運動は疲れます。
食事制限は、食べたいものを我慢しなくてはなりません。
しかも、ずっと続ける必要があります。
それなのに、やり方を間違えると、リバウンドで以前よりも太ってしまう恐れもあります。
とにかく、大変です。

しかし、カロバイプラスを使えば、そんなダイエットも楽にできます。
飲むだけで、身体の体質を改善し、痩せやすくなります。

運動を疲れ果てるまでやる必要がありません(ただし、適度な運動は必要です)。
食べたいものを食べて構いません(ただし、食べすぎは厳禁です)。

ダイエットが上手くいかないのは、努力が足りないからだと思っていませんか。
それはやり方が間違っているだけです。
カロバイプラスで、頑張らないダイエットを始めてみませんか。

【カロバイプラスの成分~飲んで痩せるワケと副作用】

とはいえ、サプリを飲むだけで痩せるなんて言われても、にわかには信じられないですよね。
確かに、運動や食事制限で苦しい思いをするのを考えれば、そんな簡単に行かないでしょ、と疑いたくなります。

そこで、ここではカロバイプラスの成分を紹介します。
成分を見ることで、痩せる理由と副作用がわかってくるはずです。

なお、カロバイプラスには朝に飲む「Perfect Plus」と、夜に飲む「Special 
Plus」の2種類があります。
片方だけを飲んでも構いませんが、両方を併用することで、より効果が高まります。

また、成分は全部で10以上もありますので、面倒な人は飛ばして、本項の最後にあるまとめをお読みください。
ざっくりと内容がわかります。

◇Perfect Plus
まずは朝に飲むPerfect Plusからです。
こちらは全部で14種類あります。

1.緑茶カテキン
緑茶に含まれるカテキンには、体脂肪を減らす効果があります。
また、コレステロールや活性酸素を抑制する効果もあり、生活習慣病の予防にもなる、とされています。
他にも、血糖値の上昇を抑えたり、感染症や虫歯・口臭の予防など、幅広い効果があります。

2.桑の葉
内臓脂肪を減らす効果があります。
食物繊維が豊富で、便通改善に有効です。
ビタミンやミネラルも豊富で、代謝を良くする効果が期待できます。
糖の吸収を穏やかにするDNJ(デキオシノジリマイシン)という成分を含んでおり、血糖値の上昇を抑える効果もあります。
その他にも、記憶力を高めたり、精神安定、視機能と血流の改善、抗アレルギーなど、幅広い効果があります。

3.白インゲン豆抽出物
「ファセオラミン」という、エネルギーの吸収を穏やかにする成分が含まれています。
このため、ダイエットや糖尿病に効果が期待できます。
その他、ミネラルや食物繊維が豊富です。

4.ウーロン茶エキス
ウーロン茶に含まれるポリフェノールには、脂肪の吸収を抑え、体外に排出するはたらきがあります。
また、海外では体重を減らす効果があるという、研究報告があります。
緑茶同様にカテキンが含まれており、生活習慣病や歯の健康に有効です。
その他、アトピー性皮膚炎の改善や美白の効果もあるとされており、その効果はダイエットに留まっていません。

5.ウコンエキス末
ウコンと言うと、肝臓のはたらきを良くする効果があることから、飲みすぎ時に服用するドリンク剤が良く知られています。
しかし、その他にも食物繊維が豊富で、腸内環境を整える効果があり、便通改善に役立ちます。
さらに、胃液の分泌を良くする効果もあり、胃のはたらきを活発化する効果もあります。
抗酸化作用や免疫力アップ、脳機能活性化など、幅広い効果があります。

6.セレン含有酵母
抗酸化作用があり、老化や動脈硬化の予防に効果があるとされています。
ただし、魚や米を良く食べる日本人の場合、1日あたり100μgのセレンを摂取していると推定されており、ほとんどの人は不足していません。
なお、1日の摂取上限は成人で約300μgです。
過剰に摂取すると、胃腸障害、嘔吐、腹痛、下痢、疲労感などの症状が起こる可能性があります。

7.キトサン(カニ由来)
主にカニやエビなどの甲殻類に含まれる、動物性の食物繊維。
キトサンには、腸内にある食物の脂肪を吸収し、身体の外に排出するはたらきがあります。
脂肪が過剰に体内に溜まることを防げるので、肥満防止に役立ちます。
ただし、キトサンは消化されにくいので、胃腸が弱い人は下痢や腹痛を起こすおそれがあります。
さらに、キトサンは水分を吸収しやすいので、あまり水分を摂らずにいると、便秘する可能性があります。
また、カロバイプラスの場合、カニを原料としているので、カニアレルギーを持つ人は摂取を避けた方が良いでしょう。

8.BCAA粉末
BCAAとは、「Branched Chain Amino Acids」の略です。
具体的には、バリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸のことを指します。
体内でエネルギーを効率よく生成するために必要なもので、不足すると運動中にバテやすくなります。
また、激しい運動後に傷ついた筋肉を修復するのにも使われるため、疲労回復に有効です。

9.デキストリン(食物繊維)
でんぷんから作る食物繊維の一種。
ダイエットに有効な効果としては、脂肪を吸収しにくくしたり、内臓脂肪を減らす効果があげられます。
その他、糖の吸収を穏やかにしたり、腸の動きを整えたり、ミネラルを吸収しやすくする効果もあります。
安全性が非常に高く、米国のFDA(食品医薬品局)は1日の摂取量の上限を定める必要がない、としています。

10.ビタミンB1
ご飯やパンなどの炭水化物(糖質)は、身体を動かすエネルギー源です。
しかし、糖質のままでは身体の中でエネルギーとして使えませんので、酵素によって分解されます。
この分解の過程で必要なのが、ビタミンB1です。
ビタミンB1が不足すると、糖質が上手く分解されずに疲労物質となり、疲れてしまいます。
糖質は脳の動力源でもあるため、不足すると心身ともに能力が低下します。

11.ビタミンB2
ビタミンB2は食べた物を分解し、エネルギーに変換するのに必要な栄養素です。
効率的にエネルギーに変換できれば、肥満の元となる脂質が体内に溜まらないので、肥満予防につながります。
また、皮膚や粘膜を保護するはたらきがあり、目や舌の健康維持に必要です。

12.ビタミンB6
たんぱく質の分解・合成に必要な栄養素です。
皮膚や粘膜、髪、歯、爪の健康を保つのに、役立ちます。
脂質の代謝を助けるはたらきもあり、肝臓に脂肪が溜まることで起きる肝脂肪の治療にも使われます。
この他、精神の安定やホルモンバランスにも効果があります。

13.ビタミンC
美容用品では肌の美白に有効な成分として、広く知られています。
ダイエットに関する効果は、直接的なものはあまりありません。
しかし、サポート的な効果がいくつかあります。
まず、抗酸化作用があり、老化予防や動脈硬化などの病気に有効とされています。
また、ストレスを緩和したり、免疫力アップ、貧血予防などの効果もあります。

14.ビタミンD
主に骨や歯を丈夫にするのに、役立つ栄養素です。
不足すると、肥満になりやすいとも言われています。
糖尿病予防、免疫力アップ、インフルエンザ予防にも効き目があり、健康維持に有効です。

15.Zn(亜鉛)
ミネラルの一種。
代謝を助けたり、味覚の維持、生活習慣病の予防などに役立ちます。
身体にあまり吸収されないので、不足しやすい栄養素です。
特にダイエットで偏った食事をしていると、その傾向が強くなりがちです。


◇Special Plus
ここからは、夜に飲むSpecial Plusの成分を紹介します。
こちらは全部で13種類です。
なお、Perfect Plusにも含まれている成分については、省略しています。

1.ラクトフェリン
主に、哺乳動物の乳に含まれているたんぱく質の一種です。
生まれたばかりの赤ちゃんを細菌から守る役割があり、抗菌力と殺菌力に優れています。
ラクトフェリンは成人でも唾液、涙、白血球に存在しており、病原菌などから身体を守る役割を果たしています。
ダイエットに直接有効な効果としては、内臓脂肪を減らす効果が挙げられます。
しかし、その他にも免疫力アップや胃腸の健康維持、ドライアイの改善、貧血予防など、身体の健康を保つ効果がたくさんあります。

2.キダチアロエエキス粉末
アロエは、ユリ科アロエ属の植物です。
その中でもキダチアロエは、食用と観賞用の両方に良く使われています。
胃腸の調子を良くしたり、肌をきれいにしたり、身体を内外からケアする効果があります。
このため、美容用品や健康食品に良く使われています。

3.乳酸菌末
乳酸菌とは、糖類を分解する細菌の総称です。
ヨーグルトやチーズなどの発酵食品に含まれており、腸内環境を整えるはたらきがあることで知られています。
ヨーグルトを良く食べるブルガリア人には、長寿が多く、その効果の重要性を物語っています。
腸内では善玉菌として存在しており、腸のはたらきを活発化し、便通改善に役立ちます。
また、生活習慣病などの原因となる悪玉菌を減らし、腸を健康に保ってくれます。
このほか、アレルギーやコレステロールの抑制、美肌、貧血予防などの効果があります。

4.ブラックジンジャーエキス
ブラックジンジャーは、タイ原産のショウガ科の植物です。
黒ショウガや黒ウコンとも呼ばれます。
ショウガの仲間なので、身体を温める効果があります。
また、近年の研究では、肥満にも効果があるという報告もされています。
そのほか、滋養強壮、疲労回復、精力増強など、幅広い効果があり、健康維持に有効です。

5.デキストリン
Perfect Plusにも含まれているので、省略。

6.シクロデキストリン
でんぷんから作る食物繊維の一種。
ブドウ糖が輪になっている構造の様子から、環状を意味する「シクロ(cyclo)」という名前が付いています。
バケツのような形状で、腸内にある余分な脂質を包み込んで、体外に排出します。
さらに糖質の吸収も抑え、ダイエットに非常に有効です。
食物繊維ですので、整腸作用もあり、便通改善にも効果があります。
摂取から2~3日は、お腹が鳴ったり、お腹に膨満感があったり、腹痛を起こしたりしますが、一時的なもので徐々に慣れてきます。

7.フラクトオリゴ糖
オリゴ糖の一種。
カロリーは砂糖の約半分です。
腸内環境を整える効果があり、便通改善に役立ちます。

8.ビフィズス菌末
腸内細菌の善玉菌。
ヨーグルトなどに入っているので、広く知られています。
同じ善玉菌に乳酸菌がありますが、こちらは糖から乳酸しか作り出せません。
これに対し、ビフィズス菌は酢酸も作れます。
酢酸の強い殺菌力で、腸内の悪玉菌が減らせるので、腸内環境が整います。
このため、便通改善に有効です。
このほか、免疫力アップやアレルギー症状の緩和、貧血予防など、幅広い効果があります。

9.L-カルニチン酒石酸塩
アミノ酸の一種。
脂肪を燃焼させるのに、ミトコンドリアまで運搬する役割を担っており、肥満や生活習慣病の予防に有効です。
L-カルニチンは体内で作られていますが、太っていると作る量が減ってしまいます。
このため、肥満の人は積極的に摂取すべきと、言われています。

10.ステア酸
ステアリン酸のことで、飽和脂肪酸の一種です。
肉類やチョコレート、バターなどにも含まれています。
肌を保湿したり、清潔な状態を維持する効果があります。

11.マグネシウム
ミネラルの一種。
カルシウムを骨に届ける役割を持ち、骨を丈夫にする効果があります。
筋肉の収縮を助ける効果もあり、心筋梗塞などの心臓周りの病気を予防するのにも有効です。
精神を安定させる効果もあり、イライラした気持ちを静めます。

12.二酸化ケイ素
ミネラルの一種。
肌の保湿や、髪にハリツヤが出る効果があります。
体内で作り出すことができず、20歳以降は減ってしまうため、補う必要があります。
他にはむくみと便秘の解消、爪と骨を丈夫にする効果もあります。

13.BCAA粉末
Perfect Plusにも含まれているので、省略。

⇒⇒カロバイプラスの公式サイトはこちら!


◇まとめ

カロバイプラスの効果と副作用をまとめると、以下のようになります。

Perfect Plus
●ダイエットに直接効果がある
体脂肪を減らす
糖の吸収を穏やかにする
便通や代謝の改善

●ダイエットに間接的に効果がある
老化予防
生活習慣病予防
疲労回復

●副作用
セレン:胃腸障害、嘔吐、腹痛、下痢、疲労感
キトサン:消化されにくいので、胃腸が弱い人は下痢や腹痛になる恐れがある。

Special Plus
●ダイエットに直接効果がある
内臓脂肪を減らす
余分な脂肪を体外に排出する
糖質の吸収を抑える
脂肪燃焼

●ダイエットに間接的に効果がある
便通改善
胃腸を整える
身体を温める
貧血予防
骨を丈夫にする
精神安定

●副作用
シクロデキストリン:摂取から2~3日は、お腹が鳴ったり、膨満感があったり、腹痛になったりすることがあるが、徐々に慣れてくる。


痩せるための効果とそれをサポートする効果の割合は、それぞれ半々ぐらいです。
副作用もありますが、配合量がわかりませんので、どの程度で影響が出るのかはわかりません。
公式サイトを見ると、飲む量は自分の体調や生活に合わせて調整するようにと、記載してあります。
ですので、自分で様子を見ながら飲んでいけば良いのだと思います。

⇒⇒カロバイプラスの公式サイトはこちら!


【カロバイプラスを試すには】

カロバイプラスの成分を見ると、副作用が少ないながらもあることがわかりました。
となると、買う前に少し試したいと思う人もいるでしょう。

お試しの方法としては、公式サイトから定期購入するのがおすすめです。

定期購入では初回分に限り、カロバイプラス Perfect 
Plusを税抜980円(税込1,058円)で購入できます。
定価は税抜8,640円(税込9,331円)ですので、88%引きになり、とてもお得です。
送料もかかりません。

しかも、全額返金保証制度が付いており、注文日から30日以内なら、初回分の980円を返金してもらえます。
もちろん、解約も同時にできますので、手軽に試せます。

ただし、返送料は自己負担なので、本当の意味で全額は戻ってきません。
また、当然ですが、注文日から30日以上経過すると、返金保証は申し込めません。

また、返金保証を適用せずに、そのまま定期購入を続けると、最低4回は受け取る必要がありますので、ご注意ください。

夜に飲むSpecial Plusも欲しい場合は、Perfect 
Plus専用の定期購入である「パーフェクトコース」の申し込みフォームに必要事項を入力します。
そして、確認画面に進むと、次のページでPerfect PlusとSpecial 
Plusのセット購入の案内が出ます。

こちらのセット購入では、購入回数の縛りが3回だけになっています。
全額返金保証は30日間で、同じです。

⇒⇒カロバイプラスの公式サイトはこちら!


【カロバイプラスは公式サイト以外では買えないの?】

公式サイトで定期購入すると、確かに初回分が安いです。

しかし、定期購入は解約や返金など手続きが面倒なので、単品で購入したい人もいるでしょう。
ただ、公式サイトで単品購入すると、定価の税抜8,640円(税込9,331円)になってしまいます。

カロバイプラスは公式サイト以外では、Amazonで販売しています。
値段はPerfect Plusが税込7,800円程度で、Special Plusが税込9,300円程度です。
定価とほとんど変わりありません。

それに、本物ではないかもしれません。
全額返金保証もなく、合わなかった場合でも返品はすべて自己負担になってしまいます。
万一何かトラブルがあっても、何もサポートしてもらえない可能性が高いです。

そう考えると、あまりお得とは言い難いです。
公式サイトで購入した方が、良いと思います。


どうにかして単品でも安く買いたいのであれば、複数人でシェアする方法があります。

例えば、6人でカロバイプラスを1つ買うと、1人あたり税抜1,440円(税込1,555円)で済みます。
1つ180カプセル入りですので、6人だと30カプセルずつで、5日間分になります。
少し試すにはちょうど良い量です。

ダイエットしたい周囲の知り合いを集めることができるのなら、おすすめです。

その他には、ヤフオクやメルカリでも出品されていますので、そこで安く買えるかもしれません。
しかし、ニセモノも出回っている可能性があります。

ニセモノとわかっても、ほとんどの場合、返品も返金もできずに泣き寝入りするしかありません。
ということで、あまりおすすめはしません。

⇒⇒カロバイプラスの公式サイトはこちら!