地域で頑張る女性を
応援!
「キャリンク」

こんなお悩みありませんか?

  • 新たな働き方を知りたい
  • いろんな人と繋がりを持ちたい
  • セカンドキャリアを身につけたい
  • 自分の可能性を拡げたい
  • 自分らしい働き方を知りたい
  • 何か始めてみたい
  • 何か始めてみたい

そのお悩みを解決します!

キャリンクでは毎回地域で活躍する女性をゲストに迎え
自分らしくイキイキ働き続けるためのヒントをお届けいたします!

私たちの思い

『キャリンク』は地域で頑張る女性を応援したい!そんな想いで発足した活動団体です。女性がいつまでも生き生きと輝きながら毎日を送るためには多様な選択ができる環境が必要だと私たちは考えます。キャリンクではそのための手段として「知る」「学ぶ」「つながる」そんな機会を提供していきたいと思っています。

トークカフェで素敵な女性たちの輝きの秘密に迫ったり、専門家の方を招きスキルアップのセミナーを開催したり。楽しみながら成長できる学びの場を提供します。

『キャリンク』はキャリア(人生)とリンク(つながり)を掛け合わせた造語です。

キャリンクの活動を通して男女問わず多くのつながりが生まれ、主体的な人生を歩む女性たちが更に増えたら嬉しいです。私たち実行委員も共に成長を目指します!



学生ボランティア募集!

【イベント運営とキャリアデザインに興味のある学生さん】

キャリンクトークカフェの運営のお手伝いをしてくれる学生ボランティアさんを募集します!

[内容]
・イベント当日の会場作りと片付け
・チラシのデザイン、作成
・学生目線の意見など

[メリット]
・地域の面白い大人と知り合える
・キャリアデザインの勉強になる
・就活に役立つ
・キャリアカウンセラーのカウンセリングなど

興味のある方はDMください
詳細は追ってお知らせします。

【お問合せ】
link.happycareer@gmail.com

開催概要


~Coming Soon~


インタビュアー
佐藤 由美子

キャリンク代表
フリーアナウンサー

元NHK前橋キャスター/ラジオ高崎パーソナリティー/新島短大非常勤キャリアカウンセラー/群馬県商工会連合会エキスパートバンク登録講師/国家資格キャリアコンサルタント/CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)/1男1女のママ。

運営
中澤 真弥

看護師ライター


看護大学非常勤教員/介護専門学校講師/看護師ライター養成講座主宰/看護師通販カタログ『アンファミエ』コラムeditor/マイナビ看護師コラムニスト/TOWN介護Tokyoライター/著書5冊/家族構成は同級生の夫、20歳、13歳、10歳の5人家族

参加者の声
(※アンケートより抜粋)

・今後の人生について悩んでいるところでしたので、とても勉強になりました。(20代)

・とても気持ちが良い空間でした。(20代)

・キャリア形成や挫折した時の心構えについて話が聞けて、良かったです。(30代)

・継続して開催してほしいです!(30代)

・子育てを両立しながら、好きな仕事をするための方法について、話が聞きたいです!(40代)

・あっという間の時間でした!参加者同士の交流会があれば良いと思います。(50代)


キャリンクトークカフェのお客様

第1回ゲスト
フリーアナウンサー
野菜ソムリエ上級

竹下裕理さん(右)
第2回ゲスト
こんにゃく工房 迦しょう
ハイパーこんにゃくクリエイター

遠藤春奈さん

神奈川県藤沢市出身 。高校卒業後、NYへ美術留学。 途中帰国し、日本語教師の資格を取得。 イギリスの私立高校にて日本語教師として勤務。 旅行先のバルセロナで夫に出会い、帰国後交際開始。 そこで、初めて衝撃のこんにゃくに出会う。 5年が過ぎ結婚、出産を機に夫の出身地沼田市へ移住。 縁もゆかりもないこんにゃく農家に新規就農。 試行錯誤で10年が過ぎた頃、夫の叔父よりこんにゃく工房を引き継ぎ、 6次産業化農家となる。 かつて衝撃を受けたこんにゃくを広めるため、認知度が低い若い世代や海外へ発信。衰退しつつあるこんにゃく産業を再盛させられるよう、日々奮闘しております!背景色」など細かく編集することができます。
第2回ゲスト
こんにゃく工房 迦しょう
ハイパーこんにゃくクリエイター

遠藤春奈さん

神奈川県藤沢市出身 。高校卒業後、NYへ美術留学。 途中帰国し、日本語教師の資格を取得。 イギリスの私立高校にて日本語教師として勤務。 旅行先のバルセロナで夫に出会い、帰国後交際開始。 そこで、初めて衝撃のこんにゃくに出会う。 5年が過ぎ結婚、出産を機に夫の出身地沼田市へ移住。 縁もゆかりもないこんにゃく農家に新規就農。 試行錯誤で10年が過ぎた頃、夫の叔父よりこんにゃく工房を引き継ぎ、 6次産業化農家となる。 かつて衝撃を受けたこんにゃくを広めるため、認知度が低い若い世代や海外へ発信。衰退しつつあるこんにゃく産業を再盛させられるよう、日々奮闘しております!背景色」など細かく編集することができます。