♡子どものこころのコーチング講座
東京・山梨(初級)

*子どもとなかよく *自分となかよく

子どもとなかよくしたい!とおもったら
自分とも仲良くすることが大切!!

3日間をかけて ママが 自分と向き合う場を支援します!

お申し込みはこちらから

この講座を受けようと思ったきっかけは?

・イライラしてつい
 子どもを怒ってしまうのが嫌

・せっかくの子どもとの時間を
 もっと楽しみたい

・子育てに悩んでいて
 自分がどうしたらいいか
 相談できる場所が欲しかった。

・子育てが上手くできずどう接するのが
 いいのか行き詰まっていた

・ 自分が変わるためのきっかけにしたい

・子どもが高学年になって
 コミュニケーションが難しくて
・子どもに私の思っていることが
 伝わっていない気がしてもっと
 うまくコミュニケーションを
 とりたいと思った

・子どもとの関わりを見直したいと思った

・子どもに怒る回数を減らして
良好なコミュニケーションをとりたいと思ったから。

怒っても 
何も変わらないとわかっていても

いつも 子育てこれでいいの?と悩んじゃう。。

イライラして子どもや周りの家族に八つ当たり。。。
だめだなぁと反省するけど また同じことを繰り返している。
◯ちゃんのママはエライな〜
いつもニコニコして笑顔で子育てしてる。。。。
私なりに 子育て本も読んでみたけどなんか〜続かなくて
気がつくと また いつもの ガミガミママに。。。。

なんてダメなんだ・・・。

子育てに自信がない。自分自身にも  自信がない。

そしていつも気がつけばイライラ。。。。

そんな風に感じるなら 自分との関係に根っこがあるのかもしれません。


子どもが何かをすることで 怒りや 不安の ざわざわを感じる時は
「こころの声」を聞くことが大切なんです。


あなたの「こころの声」って怒りや不安の 「根っこにある感情」を

ながめてみる~ってこと。

押さえ込んでいる感情が噴き出したり 
自分を縛っている価値観というものを 

子どもがママに見せてくれている。

実はイライラした時こそ 生き方が変わるチャンスなんです!

子どもに 何回言っても 変わらない って諦めてませんか?

「子どもとなかよく」の 始まりは 「自分となかよく」が先!
だから自分の「 こころの声を聴くこと」体験してみませんか?

講座ではこんなことを学びます

ポイントは 3つの 「きく」



コーチング講座では 
「自分となかよく~子どもとなかよく」のテーマがあります。

そして初級講座では 3つの「聞く」を通して 学んでいきます。


❤️「 ねえ~ママ 話を聞いて~」    子どもの話を聞く 

❤️ 「◯◯ちゃん そこ教えてくれる?」 子どもに話を訊く

❤️ 「私 ◯◯って思うんだなぁ~」   自分のこころの声を聴く


この 3つの聞き方 を学ぶことで 子育ても変わるけど
同時にママの生き方も人間関係も変わります。


もっとラクに 自分らしく生きるためには
「聞く」だけでいいのです。

コミュニケーションの本質は とってもシンプル。
むずかしくしているのは 自分自身かも。


子どもの話を聞くことで こんな変化があります。

・子どもの心に安心感が育ち 仲良くなれる。
・子どもが自分から話をするようになった。 会話が増える。


自分の心の声を聴く ことでは こんな変化も・・

・自分の気持ちを振り返ることで 自己嫌悪が少なくなる。
・すぐにいらっとしなくなくなる。


他にも『こんないいことありましたの声」

・旦那さんとの関係も良くなった。
・周りの人とうまくコミュニケーションができるようになった。
・◯◯しなくていいと思えたらラクになった。   など。。



コーチングでは 講座と講座の間が大事。

そのために意図的に講座と講座の間は 通常2週間〜空けているのです。
学んだことを実践したり体感したり 自分の気持ちを振り返ったりするためです。
 
実際にお家に帰って行動として
動いてみることを大切にしています。

3日間をかけ 知識だけで終わらない講座は 他にはない講座なんです。

3日間の流れ
体験する 感じる 知る 

1日目 子どもの話を聞く

*信頼関係の土台を作る聞き方*

日頃よくあるケースで 
ロールプレイをしてみましょう。

子どもの気持ちになったり 
ママの気持ちになったり。

また 安心感を作る
聞き方のコツや

コミュニケーションタイプ別の
伝わる声の掛け方なども
体験しましょう。

お子さんになってみたら
「よくわかったわ〜」
「怒られてるの イヤだな」
「私ってこんな怖いんだ・・・」

なんて 感想も飛び出します。笑

なるほど~と思えることや
新たな発見がたくさんです。

2日目 自分の声を聴く 
 
*私の心の声の聴き方* 


どんな時に 
イライラや モヤモヤ する?

子どもの話を聞こうとしても 
聞けない時はね。

自分の声を聞く時。
そして 自分の声の ありかは
自分の期待やルールが
決めてるかも。

イライラする自分や
不安や悲しい 悔しい 怖い 
など 根っこの本音。

そんな 自分を眺めてみる方法。

怒りや自分の感情に
振り回されにくくなります。

3日目 子どもに話を訊く

*子どもを伸ばすほめ方叱り方*

実はね「ほめて育てよう」 
と聞くけど  
ほめる言葉って少ないんです。

ほめると 認めるって
どう違う?


例えば
子どもがほめられないことを
していた時はどうするの?

ほめることはできなくても
認めることはいつでもできるんです!

無駄叱りをしないために
どんなことができるかを
考えてみたり

また 子どもが
嬉しいと思える褒め方  
伝わる叱り方をお伝えします。

参加されてどうでしたか?
〜ご感想〜

「自分は自分のままで良い」というMessageを
くださったことに感謝しています

子どもがケンカするとそこに自分も巻き込まれて 
イライラ 爆発 で自分の感情を客観的に見てみるというのは
すごく新鮮な発見でした。

褒めるだけでいいの?と思っていたけれど 
承認するということを学んで

すごくすっきりしました。

まだまだ試行錯誤だけれど講座で学んだことは
私の宝物の1つになりました。

これからも子育てをもっと楽しみたいです。

すごく有意義で 楽しい3日間でした。
(終わってしまって寂しいです)

               (30代3児のママ)

私 頑張ってたんだな〜と思いました。

最後のワークがこんなにも泣けるなんて・・・

しばらく誰にも 褒めてもらったり頭をなでられてなかったな・・
自分は頑張っていたんだな〜って思いました。

座学だけでなく 仲間とのロールプレイングで
子どもの気持ちを感じられてよかった。

子どもの年齢も違う方もいて 
それぞれに悩みを抱えていらしゃって
自分だけじゃないと 心強くなりました。

先生が講座初日に語られたこの講座を始めた理由が心に残った。

そのあり方が素敵だなと思った。

(30代  2・4歳 2児のママ)

「できてもできなくてもいい」って
ほっとしました。

以前からコーチングは学んでいましたので 
ある程度知識としてはありました。
それを子育ての中に実践できずに 苦しんでいました。

でも できてもできなくてもいい 
と言われたことで安心ができました。

できたか できないかに とらわれることなく 
自分のできる時にやってみることが大切だなと思ったら 
自分を責めることが少なくなりました。

ワークを通して子どもの気持ちになってみて
気がつくことがたくさんありました。

(30代   2児のママ)

あなたも勇気を出して参加してみませんか?

座学じゃない ワーク中心の
感じてみる講座

どう感じる?

できた?できない?に
こだわらないで
どう感じるか?を大切に
ワークしてみよう。

正解 ◯か✖️ではなくてね。

自分の気持ちを大切にすることに
焦点を当てることで
気持ちが緩みます。

3日間じっくり

3回も顔を合わせるので
最終日はいつもみんな 
ニコニコで笑顔に!

少人数で アットホームな雰囲気
どんなことを言っても大丈夫
安心安全な場所になります。

お互いにシェア

私はこうなんだ〜
へ〜私も!
そういう考え方もいいね!

いろんな選択肢があることに
気がつくと楽になります。

みんな悩みがある
私だけじゃないと思えると
ラクになれます。


山梨講座と 東京講座があります。


日程 場所 受講料が 違いますので
お気をつけてお申し込みください。



⭐️ 日にち (全3回の講座になります)
   <山梨講座>  8/5   9/9  10/14 (いづれも日曜日)
   
   <東京講座>  予定 9/11 10/2  10/16 (いづれも火曜日)
    
⭐️ 時間
   両講座とも 同じ
   10時~13時 (開始10時10分〜)

⭐️ 場所
   <山梨講座>   韮崎市民交流センター ニコリ1F 会議室2
   
   <東京講座>   新宿駅周辺 レンタルスペース

   

⭐️ 定員 8名
     

⭐️  持ち物
   筆記用具  飲み物(必要な方) 
         
⭐️   受講料
    <山梨講座>
    17,500円 (3回分の受講料   テキスト代 4,500円を含みます)   
    *  再受講 10,000円 

    <東京講座>
    18,000円 (3回分の受講料   テキスト代 4,500円を含みます)
    * 再受講  11,000円

    事前に ゆうちょ銀行への振り込みでお願いします。 


⭐️ 振替ができます。 
   おやすみの場合も次回への振替が出来ます。


⭐️ お申し込みはこちらからです。   

⭐️ Q&A
       Q1: 子どもが中学生です。 
      この講座で学ぶには大きいように
       感じますが。

   A1: お子さんがいくつでも大丈夫です。 
     ワークの中のケーススタディはお子さんとの関係で
     ロールプレイをしますが 
               まだお子さんがいない方も
     幼児教育関係者の方も受けていらしゃいます。

     子どもを通して自分のとの向き合いです。
     お子さんがいくつでも
     実はあまり関係ないのかもしれません。
     子育てが変わると同時にあなたの生き方や
               人間関係も変わります。
     
  Q2: 子どもを連れて来れますか?
  
  A2: 抱っこやおんぶで対応できる年齢の
      ねんねちゃんなら大丈夫です。
     それ以上のお子さんは申しわけ有りませんが
      ご遠慮ください。

  Q3:受講中は講座が終わってから
              質問や疑問があったら
     どうしたらいいですか?
  
  A3: 参加者メンバーでFacebook等で
                グループページを作ります。
     そこでお答えしていきます。

     ママたちが不安や悩みを共有して
             「私だけじゃない」と思える
     ママたちの心の居場所をつくることも
              私はとても大切だと考えています。
     是非ここでお友達になって
             その輪を広げていきたいと思います。
     
                   

あってる? 間違ってる?

子育てには正解がない

だからあなた流で
苦しくない子育てを!


苦しくない子育てをすること

子育てに あってる 間違ってる って
ないんだと思います。

それにね。

一つだけの正解を求めてしまうと
苦しくなります。

あ〜こんな方法もある〜!
そういう考え方もあるな・・
こんなやり方でもいいかもぉ〜


選択肢がたくさんあると
ラクになります。

たくさんの学びのなかから
自分ができることや
学びたいことを選択しましょうね。

お申し込みはこちらから

子どもの幸せは ママの幸せ

ママの幸せは 子どもの幸せ

インストラクタープロフィール

子どものこころのコーチング協会インストラクター
イライラくよくよママのための子育てカウンセラー

輿石 典子
こしいし のりこ

心理カウンセラー こしいし のりこ
家族は夫と長女・長男。トイプードル犬1匹
東京都新宿区出身。

短期大学を卒業後 
都内の私立英才教育一貫校幼児教育部
幼稚園教諭として就職。
結婚を機に退職し専業主婦となるが 
幼児教室講師として社会復帰をする。

その頃から義父母との同居などのわずらわしさと
育児のイライラが 子どもに向き苦しむ。
偶然目に止まったアートセラピーから
心理学を学び始め考え方が180度変化。
離婚寸前だった夫婦関係も含め
家族間の関係が激変。
2013年10月〜本格的に
WP(ワークショップ)や
カウンセリングを始める。

現在インストラクターを務めている
子育てママ向けのコーチング講座は
全体で年間1300人以上が受講する人気講座に
なっている。
他にも独自のコミュニケーション講座を開催。
また「カウンセリング」では
・今までの怒りが嘘のように楽になった。
・ぐるぐるして悩むのが疲れていたけど
 自分を好きになれる思考になれた。
・自分で自分に向き合えるようになった。
などの感想を頂いている。

好きな言葉は「笑う角には福来たる」

子どものこころのコーチング協会 インストラクター
株)オーロラ認定 メンタル・アートセラピスト(絵画療法士)
メンタルケアーアドバイザー・パステルアートインストラクター他性別

子どものこころの
コーチング講座


お申し込みはこちらをクリック


※メールでの問い合わせは 輿石(こしいし)
こちらをクリック

子どもをムダに怒らない余裕でラクになる。育児の不安がなくなるカウンセリング
ブログ ←こちらをクリック

無料メルマガ ←こちらをクリック
イライラくよくよママのための子育てが軽くなるメール

輿石 典子"のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けします!
下記のリンクから友だち追加してみてください。

 「子育てを通して幸せなわたし」になりましょう!

  あなたに お会いできるのを 楽しみにしています。