300万円を調達する方法

事業の運転資金として300万円を即座に調達したいという場合、銀行融資はあまりあてになりません。

銀行融資を受けるには厳しい審査がありますし、たくさんの書類を提出しなければいけないからです。

また、融資を受けられるとしても、お金を実際に得られるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

数日のうちに即座に現金が必要だという場合は、他の資金調達方法を考えるべきでしょう。

家族や親戚・友人に借りる

調達コストが安く一番手っ取り早いのは、親などの親類縁者や友達などから借りることです。

親類縁者や友達などなら、利息なしで貸してくれる場合も多いですから、調達コストゼロで済むかもしれません。

返済期限なども融通がきくので、ある意味最強の資金調達方法といえるでしょう。

ただ、万が一お金の返済ができないということになると、大事な人間関係に亀裂が入ってしまうリスクがあります。

親しい人間ほど敵に回ると怖かったりしますし、大事な友人を失ってしまうことにもなりかねません。

そういうリスクを負いたくないのであれば、他の方法考えた方が賢明でしょう。

ファクタリング

即座に300万円の運転資金を用意する方法としておすすめなものに、ファクタリングがあります。

これは自社で保有している売掛債権を売却して、現金を得るという方法です。

ファクタリングの良いところは、まず現金化のスピードが圧倒的に速いことです。

申し込みをしてから最短なら1日で現金をゲットできますし、遅くても数日以内に現金が振り込まれるのが普通です。

審査も緩いので、創業して日の浅い信用のあまりない会社などでも審査に通りやすいです。

そして、返済の必要がないのも大きなメリットでしょう。

ファクタリングというのは、売掛金の「売却」なのであって、ビジネスローンや銀行などの「融資」とは違います。

融資の場合は借りたお金ですから、後から返済をしなければいけません。

もちろん利息もかかってきますから、返済が長期にわたると利息の合計金額は相当なものになってしまいます。

ファクタリングは売掛金の売却なので、得た資金を返済する必要はまったくありません

お金の使い途も完全に自由です。それから負債が膨らまないというメリットもあります。

ビジネスローンなどで借り入れをすると、財務上負債が増えて財務状況が悪化してしまうので、後から銀行などに融資を申し込む時に不利になってしまうかもしれません。

ファクタリングは売掛金を売却するだけの話ですから、負債項目には何の関係もない取引なのです。