大阪でタクシードライバーになるための情報

大阪でタクシードライバーになりたいと考えているなら、なるための情報をチェックしておきましょう。同じタクシードライバーになるのでも、好待遇で就職したいと思うはずです。高収入や希望の働き方を求めている方のために、タクシードライバーの有利な働き方を紹介します。

■タクシードライバーになるには

・普通自動車第一種運転免許

タクシードライバーになる第一条件として、普通自動車第一種運転免許の取得があります。車を運転する仕事のため、免許を持っていることが最低限の条件です。ただ免許を取得しているだけでなく、免許取得から3年以上経っている必要があります。

・普通自動車第二種運転免許

普通免許を持っている方がタクシードライバーになるなら、普通自動車第二種運転免許を考慮しましょう。

普通自動車第二種運転免許の取得費用は、タクシー会社で支援が得られる可能性があります。普通免許を取得して3年以上経過しているなら、そのままタクシー会社に就職することを考えてみましょう。

・地理試験の合格

東京や神奈川など、一部の地域では地理試験の合格を義務付けています。大阪でも地理試験の合格が必須となるので、勉強が必要です。大阪府限定でタクシードライバーになるなら、受験内容や出題傾向もチェックしておく必要があります。

 

■タクシードライバーの平均給与とは

・平均年収は300万円

タクシードライバーの平均年収は、300万円程度だといわれています。月に換算すると24万円程度で、全体の年収に比べると低いのです。また、女性ドライバーだと深夜の営業時間が少なくなるので、200万円台ともいわれています。他業種と比べてもタクシーで高収入は見込めないのが現状です。

・完全歩合制

タクシードライバーの年収が低い理由に、完全歩合制が挙げられます。お客さんを乗せてはじめて給与に結び付いてくるので、努力をしない人は必然的に収入が減ります。一方で平均年収よりも給与を得ている人はいるでしょう。つまり、本人のやる気次第で年収が下がる場合もあれば、上がる場合もあるのです。

・深夜勤務だと給与が上がりやすい

タクシードライバーで少しでも給与を増やしたいなら、深夜勤務がおすすめです。勤務体制には日勤と夜勤の2種類があるので、夜の勤務があると深夜割増料金が加算されます。たくさん稼ぎたい方は夜勤を選ぶ必要があるでしょう。

■タクシードライバーのメリット

・年齢を問わない

タクシードライバーは年齢制限を設けていないところが多いようです。そのため、何歳になっても、やる気さえあればタクシードライバーを続けることができます。タクシー会社によっては60代の方でも雇っているケースがあるので、何歳になっても目指すことが可能です。

・前職のキャリアに関係されない

タクシードライバーは、免許さえ持っていれば誰でもなることができます。特別なキャリアは必要なく、前職の経歴に左右されません。タクシードライバーになる方の中には、今まで車の運転を仕事にしてこなかった方も多いです。会社ではきちんとした研修制度もあるので、一からスタートできます。

・地域によっては稼げる

タクシードライバーの全体的な年収は低いのですが、地域によっては高収入になれる可能性があります。とくに都心など人が多い地域だと、それだけお客さんも確保しやすいので、高収入が見込めるでしょう。大阪も人口が多い地域のため、やる気さえあれば収入アップも見込めます。

■大阪で優良のタクシー会社を探すコツ

・カーナビなどの設備が整っている

地元に詳しいなら必要ないかもしれませんが、大阪を超えて遠方まで行く可能性もあります。そのため、タクシー会社には、最低限カーナビが設置されていることが条件となるでしょう。長時間車の中にいるので、空気清浄機など社内の環境に配慮しているタクシー会社もあります。

・働きやすい勤務体制で選ぶ

タクシードライバーの働き方では、日勤、隔日勤務、夜勤から選びます。日勤はサラリーマンのように日中だけ働くスタイルで、隔日勤務は1日おき休みになる代わりに1日20時間以上の勤務です。夜勤は夜に働くスタイルとなります。自由に働く時間を選べるタクシー会社なら、ライフスタイルに合わせることができます。

・研修制度が整っている

未経験の人がタクシードライバーになるなら、研修制度があるタクシー会社を選びましょう。二種免許費用の補助から、業務に必要な知識の指導まであります。地理試験の合格もサポートしてくれるので、初めての方でも安心です。

■こんなタクシー会社は避けたい

・事故保証制度がない

タクシードライバーは毎日車に乗る仕事のため、事故保証制度があることが必須です。制度がない会社では、事故を起こしたら全額自己負担ということもあります。タクシードライバーは長距離の運転もあれば、深夜の時間の運転もあるので、事故のリスクが高まるでしょう。保証制度があると安心して働けます。

・福利厚生がきちんと提示されない

面接のときにタクシー会社から福利厚生がきちんと提示されなければ、避けたほうがいいでしょう。福利厚生は生活していくうえで重要な項目のため、就職する前に確認すべきです。聞いてもきちんと答えられない会社は、待遇が悪いから答えられないのでしょう。

・平均売り上げが低い

タクシードライバーで高収入を考えている方は、就職の前に平均売上額を確認してください。金額が低ければ、勤めても稼げない可能性が高いです。

大阪でタクシードライバーになる人が知っておきたい情報は、下記からも見ることができます。

■まとめ

大阪でタクシードライバーを目指すなら、タクシー業界のことを知っておきましょう。ドライバーになる敷居はそれほど高くはありませんが、なってから苦労する方も少なくありません。高収入を目指すなら、優良なタクシー会社を比較するようにしてください。