総合説明

Club Sparkle

DCM

TLC

Club Sparkle

DCM

DCMとは想像を遥かに超える世界初の事業

【ビジネス概要】

 「Club Sparkle(クラブスパークル)」というアメリカ発祥の世界初なDCM(Direct Connect Marketing)をビジネスモデルとしたアフェリエイトビジネスです。

DCMは現在(2016年2月時点)特許申請中であり、

特許庁の方がビジネスモデルの仕組みを見て大変驚かれた程の画期的なビジネスモデルとなっています。

※クラブスパークルは、MLM(Multi Level Marketing)=ネットワークビジネスではなく、
DCM(Direct Connect Marketing)になります

DCMの仕組み

「どんなビジネスで稼いだ収入をも、DCMでは遥かに越すことができる」
      アンソニー・ディアズ


TLC

TLC(暗号通貨)は、現在 Club Sparkle が独占販売権を握っています。

現在市場に出回っている仮想通貨は、世界を回って日本に入ってきています。

日本スタートでこれから世界に向けて発信するTLC(暗号通貨)は、
あなたの財産を経済破綻などから守る切り札になることでしょう。

TLC(True Life Coin)

暗号通貨の現状

既に銀行、投資信託、投資グループなどが、暗号通貨ビットコインに投資しています。


ビットコイン

(イメージ)形がある通貨は輸送費が掛かるので手数料が高くなります。

暗号通貨の信頼性

暗号通貨ビットコインは世界的規模で10万以上の貿易商に受け入れられています。
これからは世界共通通貨となっていく事でしょう。

暗号通貨は将来、GOLD(金)の代替資産に

紙幣よりも価値の保存で優れている金は、一般的に信頼性の高い資金と考えられている。

一方で、トレーダーやビットコイン取引所の代表者らによると、昨年夏のギリシャ危機の時、投資家らは金とビットコインに投資したという。

投資会社Wedbush Securitiesのアナリスト、ギル・ルリラ氏は、「金は以前、世界経済の状況と通貨制度を強く懸念する人々にとって唯一の拠り所だったが、ビットコインは他の資産クラス(資産の種類)を信頼しない人々にとって、資金を維持するための手段となった」と語った。ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。

今のところ金市場はビットコイン市場よりもはるかに大きい。
毎日数千億ドルの金が取引されているのに対し、ビットコインはわずか約68万ドル分が発行されたにすぎない。

しかしHorizon Kinetics社の投資責任者ミュレイ・スタル氏は、仮想通貨について、人気が高まるにつれて金に代わる投資手段となるだろうと述べている。

TLC(True Life Coin)

第二のビットコイン(暗号通貨)

仮想通貨を「貨幣」認定 金融庁、法改正で決済手段に
2016/2/24 2:00日本経済新聞 電子版

 金融庁が国内で初めて導入する仮想通貨の法規制案が23日わかった。
今までは仮想通貨を単なる「モノ」と見なしたが、法改正で「貨幣の機能」を持つと認定することで、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づける。
仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせる。

TLCの可能性

【暗号通貨の可能性】

2010年5月に100円で買ったビットコインが、2011年2月には1,250円に、

2011年8月には38,750円に、2013年3月に25万円に、2013年11月には1億2000万円に!

2016年現在、ビットコインは2013年11月のピーク時からすると

価格が落ちました。

そして、2016年現在は62,500円くらい(1ビットコイン5万円前後)で定着して安定的に推移しています。

だからダメだという意見もありますが、冷静に考えてください。

2010年5月に100円で買ったビットコインが62,500円くらいで「安定的に」推移しているのです。

2010年に投資をした人全員が安定的に625倍というのは、とんでもないことだと思いませんか?

1,000円が62万5000円、1万円が625万円、10万円が6250万円、100万円が6億2500万円ですよ。

投資した人全員が安定的にこれだけの利益を出せる案件が他にあるなら教えてください。

アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国を中心にもはやスタンダードになりつつある暗号通貨。

2015年10月22日にはEUの最高裁判所に当たるEU司法裁判所が

「ビットコインは商品ではなく、通貨として扱われるべきである」との判決を下し、

その影響もあって、現在は凄まじい勢いで高騰を続けています。

世界最高レベルセキュリティー
TLC(暗号通貨)ブロック
・チェーン・システム

分散型のシステムは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、(一つの場所にデータを置かないようにして)壊すことができないネットワークを作る技術です。

その分散型のネットワークの認証システムを利用すれば、中央集権が不在でも信憑性のある合意を達成させることができます。

分散型システムを止めるには地球全体を壊滅させるほどの隕石が宇宙から降ってくるか、全世界の機械類が同時に破壊されてしまうほどの大規模な太陽風に襲われるかぐらいの災害が起きる必要があります。

なぜなら、データを保持する全てのパソコンを壊さなければ、ブロックチェーンは複製しながら復活することができるからです。

TLCはビットコインと同じ製作者により、Bitcoinより2段階上のセキュリティーシステムを構築することに成功いたしました。

TLCの詳細

TLC Package Option

ELITE、ROYAL、CROWN、MASTERのTLCパックは、資格を満たした方には「1年」の単利の支払いに保証がつきます。MASTER PLAN を購入しますと。1年間で150,000円の利息が付きます。

元本割れのリスクが極めて少ない投資情報
を入手しました。商品パッケージの購入という
形になりますので、面倒ではありません。

東京銀座一等地に事務所を構えてTVなど
にも出演している有名弁護士(M&A専門、
そして元大手MLM顧問弁護士13年)が、
『この暗号通貨は、文句のつけようがなく
私が知ってる限り、ビットコインを超える
可能性がある唯一の暗号通貨!』と大絶賛
され、その方も購入されました!

この暗号通貨プロジェクトは、2005年
から緻密な計画の元に進められてきました。
ビットコインを開発したチームが担当して
最新のセキュリティプログラムを搭載して
いるという点が高く評価されています。

また、価値が上がるために避けて通れない
部分がありますが、この部分が偽物と本物
の投資案件の差になると思いますが・・・
それは、この暗号通貨がお金としての価値
を発揮する為の使用できる環境(インフラ)
が整備されているかどうかの点になります。

アメリカ電子通貨市場に上場されるまでの
限定期間、しかも、購入できる枚数が限定
されていますので、購入は急いでください。
銀行にお金を預けていても、ほとんど利子
が付きませんし、円もウォンも元も変動が
激しいため、数年後に同じ100万円でも
価値が下がってしまう可能性もあります。
マイナス金利なども考慮すると、どちらに
せよ目減りする可能性があります。

ですから、今、暗号通貨という投資商材が
とてもホットな案件なのですが、一つだけ
注意したい点があります
それは、仮想通貨という投資商材には多く
の詐欺商材がある点です。
価値上昇の裏づけがない、ただ作っただけ
の電子通貨はビットコインのような価値の
上昇はほとんど期待できません。インフラ
整備されていない案件には注意が必要です

あなたは、本物の暗号通貨TLCを是非手にしてください。

ついに出た❗️あのBitcoinと同じ製作者で、Bitcoinよりセキュリティーを2段階レベルアップさせて登場❗️Bitcoin2世と言われるTLC。
待望のTLC STAR パックが発売されました。
1枚14万円まで高値が付いたBitcoinを超えると言われているTLCが、
1,500トークン(2016.9.1現在レートで300枚のTLC)
このSTARパック購入と+3,000の登録手数料を払えばあなたもVIP会員になれます。
(STARパックは24KGP記念コイン1枚とイオン5が1本付いて来ます)

クラブ・スパークル
GPS(Global Payment System)

【GPSシステム】
2016年秋、いよいよクラブ・スパークルが
会員数45億人を誇る巨大ユニオンペイと提携して、デビットカードを発行します。
もうクラブ・スパークルは世界銀行の様ですね。
 
TLC(暗号通貨)の決算、売買等は今後、換金所や両替商を通さずに取引ができる様になります。

香港銀行経由なのであなたの資産に有利に働きかけます。

暗号通貨が主流になるに連れ、入出金手数料で運営している銀行は、今後次々と倒産して行く可能性を否定できません。

現金はなるべくカードのウォレットで持つか、TLC(暗号通貨)やゴールドで持つようにしなければ、もしも国が経済破綻した場合紙幣は紙くず同然となるからです。