相続・不動産コンサルティング
G&A CAMPANY LTD.
お問い合わせ
TEL 03-3325-6471

『争族を減らし』『想いを残す文化を創り』
『幸せを絆ぎ』『笑顔相続を普及』する

  • 遺された遺産をめぐって親族間で争いにならないために
  • 遺す人の遺志を尊重し円満に後世に想いを引き継ぐために
  • 相続が「争族」にならない様に、笑顔で相続を迎えるために
  • 相続財産の約半分が不動産では法定相続分どおりに分けられない
  • 気軽に相談できる相続の専門家が近くにいないあなたのために
当社について

担当者から

お客様とご家族から本当に信頼され必要とされる存在に

私たちはお客様目線のサービスを心掛けております。お客様の身近な相談相手となり、お客様の相続(資産及び想いの継承)を全力でサポートし、お客様とご家族様にとってかけがえのないパートナーとして信頼頂けるよう日々業務に励んでおります。発生前・発生後どちらの事案にも素早く対応でいるよう日々研鑚してをります。適正な対応で皆様がご納得いただけるベターを目指します。

事務所概要

社名 株式会社ジーアンドエー
所在地 〒156-0041 東京都世田谷区大原2-24-22ビューハイツ竹内1F
電話番号 03-3325-6471
設立 1994年7月
資本金 1000万円
代表者 大塚 喜芳
社員数 5名
事業内容 賃貸管理、賃貸仲介、相続・不動産コンサルティング
所在地 〒156-0041 東京都世田谷区大原2-24-22ビューハイツ竹内1F

アクセス

株式会社ジーアンドエー

TEL 03-3325-6471

■電話受付
 10:00~18:00 ※年末年始を除く
■mail:g_a@nifty.com
■アクセス
 京王線「代田橋」駅より徒歩3分 甲州街道側道沿い


業務内容

相続発生後の方

死亡届け等各種役所への届出

健康保険・厚生年金の資格喪失届
医師による死亡診断書
火葬許可証(埋葬許可証)の発行

相続財産の調査・確定

相続財産は預金や株式等の有価証券、生命保険、不動産だけでなく、ローンや未払い金等の債務も対象となります。プラスの財産だけでなくマイナスの財産も把握しなくてはなりません。相続財産を整理し把握するためには、財産目録を作成する必要があります。

相続人の確定

被相続人の生まれたときから亡くなるまでの全ての戸籍を取得する必要があります。
婚姻などにより本籍地が移っている場合には古い戸籍も必要になります。(改製原戸籍)も必要です。

相続放棄等の手続き

プラスの財産よりマイナスの財産が多い場合には相続放棄をすれば、債務も引き受ける必要がなくなります。逆にプラスの財産が多い場合には単純承認すれば差し引きプラスになります。どちらかわからない場合には限定承認というで受け継いだ財産の範囲内で債務を引き受ける方法がある。相続開始から3カ月以内に家庭裁判所に申請書を提出する必要があります。

遺言書の有無の確認

公正証書遺言(公証人役場に保管)、自筆証書遺言、秘密証書遺言が存在するかを確認する。
遺言は被相続人の意思を表しているものなので、遺産分割等に大きな影響があります。

遺産分割協議・相続税の納付

遺言書のない場合は相続人全員による遺産分割協議書の作成し遺産を分割する。
財産等を相続した場合には、相続財産の名義変更が必要になることが多いでしょう。
相続人それぞれが、相続分に相応する相続税の納付が必要です。
相続税の納付は相続発生から10ヶ月以内です。

死亡届け等各種役所への届出

健康保険・厚生年金の資格喪失届
医師による死亡診断書
火葬許可証(埋葬許可証)の発行

相続発生前の方

遺す人の想いを確認

何を大切に生きてきたか?
何を守って生きていってほしいか?
祖先や自分がどのような事を大切に生きてきたか、またはこのような理由で、長男には家や土地を守っていって欲しい、次男には会社を継いで欲しい、など想いを伝えることが大切です。

相続税(納税)対策

納税に必要な資金が無ければ、贈与・不動産の組み替え、生命保険の活用、保有財産の売却等様々の有効と思われる対策を講じて相続税納税に備え、可能であれば「節税対策」も進める。

エンディングノート・遺言書等

被相続人の想いを残すにはエンディングノートや遺言書が必要です。法的には遺言書が認められています。
不動産等の相続財産を法定相続分どおりに相続財産を分けることは至難の業です。
家督相続と法定相続のギャップを埋めるためや、法定相続分どおりにならない相続分のギャップを埋めるためにも、エンディングノートや遺言書が必要です。

相続対策

必要があれば税理士・司法書士・弁護士等に相談し相続対策を講じます。
未公開の株式や高額な不動産等が相続財産にある場合等は、時間をかけて相続対策を講じる必要があります。

相続分に適う相続税納税対策

節税、節税と言われ様々な無駄遣いや、不要な投資をさせられないよう注意しましょう。
最初に大切なのは納税対策です。財産の分け方が納得の上決定したのであれば、相続して納税できる資金があれば、相続は上手く完了します。
納税資金が無ければ用意しなければ、相続も思い通りになりません。納税資金対策をしましょう。

その他・後見人等

ここまで準備しても財産を残す方が認知症等になってしまい、相続発生前の財産の管理が不可能になってしまってはこれまでの努力が報われずに水泡に化してしまっては元も子も有りません。成年後見人制度などを利用することになりますが、出来るだけお元気な間に任意後見人制度をあらかじめ契約しておく事が望ましいことかもしれません。


遺す人の想いを確認

何を大切に生きてきたか?
何を守って生きていってほしいか?
祖先や自分がどのような事を大切に生きてきたか、またはこのような理由で、長男には家や土地を守っていって欲しい、次男には会社を継いで欲しい、など想いを伝えることが大切です。
ご相談等の流れ

STEP

1

お問い合わせ

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。お見積まで無料ですので、どのような事が不明なのか、何が不安なのか、どうしたいのかなどご相談ください。

STEP

2

ご面談

初回面談は30分までは無料です。ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。その後ご希望に合わせた提案をいたします、その内容により料金・費用の見積もりをいたします。

STEP

3

ご提案・お見積り

お客様一人一人に合わせた最適なサービスをご提案します。ご家族が納得できる方法にて解決に導くようにご提案いたします。相続診断士だけで解決できない場合には、税理士・司法書士・弁護士等と連携して解決を図ります。

STEP

4

ご契約

ご提案内容にご満足いただけましたらご契約となります。全力で業務に取り組みます。早急に行わなくてはならない事、時間をかけて行わなくてはならない事を同時並行的に進めていきます。

STEP

1

お問い合わせ

初回のご相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。お見積まで無料ですので、どのような事が不明なのか、何が不安なのか、どうしたいのかなどご相談ください。
お問い合わせ
TEL 03-3325-6471

よくある質問

Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
ご提案する内容により料金は変わります。初回の相談及びお見積は無料なので、どうぞお気軽にご相談ください。
Q
節税の相談のみでも大丈夫ですか?
A
節税対策のご相談にも喜んで対応させていただきます。お客様それぞれに合わせたご提案を致します。
Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
ご提案する内容により料金は変わります。初回の相談及びお見積は無料なので、どうぞお気軽にご相談ください。