新宿でシミ治療をするときに
押さえておきたいことって?

知らない間にできてしまった肌のシミ。化粧だけでカバーしようと思っても、どうしても限界がありますし、厚化粧になってしまっては顔全体の印象が悪くなってしまいます。シミのことで悩みを抱えているなら、シミ治療を専門とするクリニックへ足を運んでみるのはいかがでしょうか。シミ治療の種類やクリニックの選び方をこの記事ではご紹介します。

シミ治療の種類には何がある?

シミに対する治療にはさまざまな種類がありますが、まずはシミの種類を特定するところからスタートします。シミには「老人性色素斑」、「肝斑」、「そばかす」などがあり、それぞれ治療方法が異なります。治療方法にはレーザーの他に、内服薬、塗り薬などが用いられ、シミの状態によって使い分けられるのです。
レーザー治療を受ける場合は注意しなければいけない点がいくつかあるので、クリニックの先生とよく相談することをおすすめします。特に外出することが多いという方は、しっかりと紫外線ケアを行わなければ新たなシミが発生してしまう可能性があります。

シミ治療にかかる費用はどのくらい?

シミ治療の費用はシミのサイズ・回数によってまちまちですが、おおむね2万円~10万円程度の範囲内に収まります。クリニックによっては初回キャンペーンが適用され、お得に施術を受けることができます。
もしあまりお金に余裕が無いのであれば、カウンセリングの際に予算をあらかじめ伝えておくのがおすすめです。その場合は予算内で治療を行ってくれるので、安心して通院することができます。

シミ治療の注意点って?

シミ治療にはさまざまな方法がありますが、特に一般的なのがレーザーを使った治療です。しかし、レーザーを使った治療にはさまざまな注意点があります。この項では、レーザー治療における注意点を簡単にまとめました。

 ・基本的に紫外線はNG

そもそも紫外線は肌に悪いので、術前・術後に限らず紫外線を浴びることはダメなのですが、特にレーザー治療を施した後は注意が必要です。レーザーを浴びせた部位に紫外線によるダメージを与えてしまうと、別のタイプのシミが新たに生じてしまう可能性があります。特に術後の1ヶ月は紫外線に注意して日常生活を送るようにしてください。

 ・治療部位をこするのもやめて

レーザーを照射した部位はちょっとしたやけどの状態になっているので、非常に敏感です。そんな部分を手で触ってしまい、もし表皮が剥がれてしまったら大変なことに。真皮は特にデリケートなので、ちょっとのダメージでシミが発生してしまいます。普段から顔を触るくせがあるという方は注意してください。

 ・新しいシミができてしまったらどうする?

レーザー治療後に新しいシミが発生してしまったら、まずは通っていたクリニックに相談することを強くおすすめします。間違っても自分で解決しようと思わないことです。ローションや塗り薬を使うことにより、一般的には数ヶ月で状態が回復します。

シミ治療のクリニックはどう選ぶ?

新宿エリアでシミ治療を得意とするクリニックを探そうとしたら、その候補の数に驚いてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。では、本当に信頼できるシミ治療のクリニックはどう探せばいいのでしょうか?

 ・カウンセリングに注目

治療内容に関わらず、美容クリニックではまずカウンセリングからスタートします。ここで自分の悩みをしっかりと相談することになるのですが、このときに施術を担当する先生と話せるかどうかが重要なポイントとなります。カウンセリングの段階で直接先生と話すことができれば施術における不安を解消することができますし、スタッフに相談する場合、伝達ミスが発生してしまうおそれがありますが、そのリスクを回避することができます。

 ・治療費用は明確か

シミに関する治療においては、やっぱり費用がどれだけかかるかが気になるという方も多いでしょう。カウンセリングの際に質問すれば概算で出してくれることが大半ですが、このときにどういった理由でその治療費用が発生するのか、内訳を確認してみましょう。面倒臭がることなくしっかりと説明をしてくれれば、そのクリニックは信頼してOKです。

以下のサイトでは、新宿でおすすめできるシミ治療を得意としたクリニックが紹介されています。
お近くの方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事ではシミ治療に悩んでいる方のために、
シミ治療の種類やクリニックの選び方を簡単にご紹介しました。
シミ治療にはさまざまな種類があり、費用もまちまちだということが分かりましたが、
大切なのは自分のお肌に適した治療法を見つけるということです。
シミ治療に興味が出てきたら、まずはカウンセリングを受けるところからスタートしませんか?