編集画面では動画は再生されません。
「地域活動支援センターegao」では精神障害などを持つ仲間がアート制作や販売を通して
自己を表現し取り戻していく場所です
「絵を描くことが好き」「モノを作ることが好き」な方、それを楽しめる方大歓迎。
「アート」が自分から遠い位置にあると思っている方も大歓迎。
アートの他にもサンドウィッチとスープのお店「MOKUcafe」で
接客や調理にトライすることもできます。

活動内容

メンバーアート作品

一日の流れ

  •   9:30 ミーティング 一日の予定の確認、昼食の申し込みの確認を行います。
  •   9:35 清掃 施設内の掃除、洗濯をみんなで分担して行います。
  • 10:00 午前の活動 主に自由活動です。絵を描く人、塗り絵をする人、
          編み物をする人、手芸をする人…etc
  • 12:00 昼食 毎日職員が給食を手作りしています。
          お弁当を持って来ている人もいます。
  • 13:00 午後の自由活動 ちょっと横になりたいな~と思ったら、
          小上がりで休んでもいいですよ(^-^)
  • 14:00 ラジオ体操 運動不足な現代人にとって貴重な時間です。
          体を動かすって気持ちいい♪
  • 15:00 活動終了 お疲れ様でした♪
  •   9:35 清掃 施設内の掃除、洗濯をみんなで分担して行います。

レクリエーション

egaoランチ
月に1度のお楽しみ♪ いつもよりちょっと豪華なランチです。食べたいものをリクエストしちゃおう!ステーキやお寿司も出るかもしれません。デザートも忘れずに(*^^*)
映画鑑賞
月に一回、プロジェクターを使用し大画面で映画鑑賞しています。「アートな映画を見よう」と題し、さまざまなアートに関わる映画を見ています。
外出レク
気分転換に外の空気を吸うのもいいですよね。美術館や他のアート事業所を訪ねて、創作のアイディアを見つけに行きます♪桜の季節はかつら工房・サンライズと合同で花見もありま~す(^^♪
バスレク
貸し切りバスでちょっと遠くへ。箱根彫刻の森美術館に行きました(*^^*)青空の下で食べるお弁当って最高(*’▽’)
バスレク
貸し切りバスでちょっと遠くへ。箱根彫刻の森美術館に行きました(*^^*)青空の下で食べるお弁当って最高(*’▽’)

ワークショップ

外部から講師をお招きしワークショップをしています。※職員が講師になる場合もあります

染色
ストールや手ぬぐい、エコバックやTシャツなどを天然の素材で染める草木染めです。藍・茜などの定番に加え、イチョウや栗など季節の植物を拾いに行くことから始めて染めることもあります。
デザイン
イラストレーターさんの指導のもと、ソファ生地の端切れなどを使って、楽しいオブジェやバッグ・小物など色々な物を作ります。
パステル
パステルの基本的な使い方を教わりながら、季節に合った絵を描きます。絵本やオブジェにする事も出来ます。
陶芸
オブジェや食器や壁飾り等、自由な発想で制作します。素焼き後に絵付けをするのも楽しいです。年に3回ぐらい窯入れをします。「とうげいてん」で展示販売もします。
陶芸
オブジェや食器や壁飾り等、自由な発想で制作します。素焼き後に絵付けをするのも楽しいです。年に3回ぐらい窯入れをします。「とうげいてん」で展示販売もします。

MOKU印製品

活動中に出来上がった作品は「MOKU印製品」としてMOKU cafe店内で販売しています。毎週水曜日(11時~13時頃)に栄区役所1階でも出張販売を行っています。大手デパートや都内の大型書店などでも出店実績があります。売れた金額の一部が作ったメンバーの工賃として支払われます。

MOKU cafe 店内販売
イベント 出張販売
大型書店 出張販売
個性豊かなMOKU印製品
個性豊かなMOKU印製品

MOKU cafe

メンバーが調理や接客で活躍しているお店です。笑顔で「いらっしゃいませ~」

施設の1FがMOKU cafe。MOKU印製品やメンバーの作品が展示されています。
オープン前には店内の清掃を行います。季節に合わせた飾りつけなども行います。
パンやプライスカードの陳列。「いらっしゃいませ〜」の声がけも忘れずに♪
レジ打ち。職員が一緒になって、間違えがないか確認して行なっています。
レジ打ち。職員が一緒になって、間違えがないか確認して行なっています。

MOKU gallery

カフェ内の壁面を使用し、メンバーさんの力作を展示しています。ワークショップで作った物だったり、自由作業で描いた絵だったり、1〜2か月単位で展示替えをします。

日々の活動はSNSでチェック

インスタグラム(moku_jirushi)

作られたアート作品や製品、カフェなどの情報を発信しています。日々の活動が知りたい方はチェックしてみてください。

フェイスブック(地域活動支援センターegao)
egaoの歴史を振り返りたい方はfacebookのアーカイブからご覧になってくださいね。
フェイスブック(地域活動支援センターegao)
egaoの歴史を振り返りたい方はfacebookのアーカイブからご覧になってくださいね。

施設概要

地域活動支援センターegao

  • 〈住所〉
    〒244-0841 神奈川県横浜市栄区長沼町767-1
  • 〈電話/ファックス〉
    045-392-7601 / 045-392-7602
  • 〈メール〉
    chikatuegao@wind.ocn.ne.jp
  • 〈アクセス〉
    JR戸塚駅東口から3番バス乗り場から江ノ電バス   長沼バス停下車徒歩1分
    JR大船駅笠間口から2番バス乗り場から江ノ電バス  長沼バス停下車徒歩1分
  • 〈電話/ファックス〉
    045-392-7601 / 045-392-7602

よくあるご質問(egaoってどんなところ?)

Q アートが得意でないけれど通うことはできますか?

A 生活のリズムをつけるためや、居場所作りなどアート活動目的ではない人も多く通っています。

Q どのような障害の方が利用していますか?

A 精神障害の方が主ですが、手帳や受給者証がなくても利用することができます。

Q 今までどこにも通ったことがないのですが大丈夫ですか?

A 地域活動支援センターは社会へのファーストステップとしての役割もあります。無理のないペースで少しづつ通うことに慣らしていけば大丈夫です。

Q 今までどこにも通ったことがないのですが大丈夫ですか?

A 活動時間はそれぞれのペースで構いません。午前中だけ活動する人、午後から通所する人など人それぞれです。

Q 工賃はもらえますか?

A 基本的に自由作業ですので、工賃は至急されません。ただし、カフェの仕事や販売などに参加した時は工賃の対象になります。時給は変動制です。

Q 昼食代はいくらですか?好き嫌いには対応してもらえますか?

A 300円です。申し込みは当日朝9:30までです。好き嫌いに関しては素材の内容によっては対応できないこともあります。アレルギーには対応いたします。

Q 利用料金はかかりますか?

A 横浜市にお住まいの方なら無料で利用することができます。

Q 利用するまでの流れを教えてください。

A お住まいの区の障害者支援担当または生活支援センターを通して見学の申し込みをしてください。正式利用の前に体験利用を最大5回まですることができます。

新型コロナウイルス対策

  • 入室時の検温、手指のアルコール消毒
  • マスク着用、食事中は会話を控える
  • 定期的な換気(1時間に2回)または窓の開放
  • 向き合いにならない座席の配置
  • 配膳は自分の分だけを運ぶ
  • 清掃時、ドアノブや手すり、テーブルなどをアルコール消毒
  • 清掃時、ドアノブや手すり、テーブルなどをアルコール消毒