タバコを吸っていた記憶
最近では、駅などでもタバコを吸っている人は少なくなってきたと感じます。 10年ほど前はタバコを吸う人をどこでも見かけましたが、禁煙ルームや禁煙車両など、 「煙は嫌われている」ということが認知されてきたので、人前でタバコを吸う人が減ってきたのではないかと思うのです。私も以前はタバコを吸っていました。何か考え事をするときに不意に火をつけるのです。すると、頭の中がリフレッシュするというか、わずか数秒で気分が変わるので、止められないことが分かってきました。結局は禁煙ブームの時に止めましたが、止めてからわかった事は、タバコほど気分を操作できる飲食物は無いということ。有害物質が大幅に除去されたたばこが発売されればまた買うかもしれません。
葛西 歯科